父の日にプレゼントする花は黄色いバラ?おすすめと贈ってはいけない花言葉

母の日の定番は、カーネーションであることは誰もが知っていますが、父の日にプレゼントする定番の花をご存知でしょうか?

その花とは 黄色いバラ です。
父の日特集をやっているデパートやお花屋さんのホームページを見ると、黄色いバラがとてもよく目につくと思います。

私が子供のころは父の日に黄色いバラをプレゼントしている人なんて、誰もいなかったように記憶しているのですが・・・。
バラに限らず、日本では父の日に花をプレゼントする場合は、黄色い花が人気なようです。
おおらかで元気なイメージがあるからでしょうか。

ただ、父の日のプレゼントに花を贈るときに気を付けたいのが、花言葉。
花言葉を全く気にしない人もいると思いますが、プレゼントには向かない怖い花言葉を持つ花もあるので、人に花を贈るときには少し気を付けほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

父の日にプレゼントする花は黄色いバラ?


日本では、父の日に黄色いバラをプレゼントするのが定番となっていますが、「黄色いバラ」というのは日本特有のものみたいです。

父の日の発祥はアメリカ
ある女性によって、男手一つで育ててくれた父親への感謝の気持ちが父の日制定のきっかけになりました。
「母の日があるのに、父の日がないのはおかしい!」ということだそうです。

父の日が制定されてから最初の式典で、その女性が父親の好きだった白いバラを供えたことから、アメリカでは父の日にバラを贈るのが定番となったようです。
贈るバラの色ですが、白いバラなら亡くなった父親へ、赤いバラなら健在の父親へ贈るそうです。

では、なぜ日本では黄色いバラなのか?
その理由は、 「父の日イ父エローリボンキャンペーン」 というものがきっかけとなっているそうです。
「日本ファザーズ・デイ委員会」というところがあるらしいいです。
私は今日初めて知りました(笑)
“黄色いリボンを付けた贈り物を父の日にプレゼントして、感謝の気持ちを伝えましょう!”
というコンセプトらしいですが、なぜ黄色なんでしょう?

黄色は、イギリスでは昔から身を守るための色とされた来たようです。
アメリカに渡るとそれが黄色いリボンという形になり、愛する人の無事を願うものということを表すものになったそうです。
それで、黄色になったのでしょうか。
イギリス?アメリカ?・・・ここ日本だよね?
という疑問が沸かないでもないのですが。

そういえば、日本の映画でも、「幸福の黄色いハンカチ」という映画がありましたよね。
現在でも、北海道の夕張に「幸福の黄色いハンカチ想い出広場」として一般公開されています。
ただし冬期は休業で、入場料520円とちょっと高めですね。

スポンサードリンク

「幸福の黄色いハンカチ」の詳しい情報はこちらからどうぞ→http://www.yubari-resort.com/contents/facility/yellow/

 

父の日にプレゼントしたい花のおすすめ

父の日にプレゼントする花で人気があるのは、元気なイメージのあるひまわり
素朴な感じの花ですから、贈られる側も受け取りやすい花かもしれませんね。

それから、落ち着いた印象のあるカラーも人気です。
ちょうど6月に見ごろを迎える花で、花束のほかに鉢で売られているものもありますね。

そのほかに、手入れが簡単で長く楽しめる観葉植物も、父の日に好んでプレゼントされます。
インテリアにもなりますし、空気清浄の効果も期待できますね。

盆栽の趣味があるお父さんに盆栽をプレゼントする方もいるそうです。
なかなか選ぶのが難しそうですが・・・盆栽は育てるのも楽しみの一つですから、深く考えすぎなくていいのかもしれませんね。

父の日にプレゼントしてはいけない怖い花言葉の花とは?

人に花をプレゼントするときに、花言葉を気にしたことがありますか?
私はあまりなく、見た目で選んでいました。
花言葉の中には、贈られるとあまり嬉しくないものもあるんです。

実は、父の日にプレゼントする定番の花、黄色いバラにもあまり気分がいいとは言えない花言葉があるんですね。
黄色いバラの花言葉は、「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」
友情はいいですけど、恋人にプレゼントするには不向きな花かもしれません。

ちなみに、赤いバラの花言葉は「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」、白いバラの花言葉は「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」。
これだけ見ると、父の日にプレゼントする花なのか・・・?という気がしないでもないですが。

そのほかに、あまりプレゼントされたくない花言葉を持つ花は、黄色いカーネーションの「軽蔑」、これは母の日に贈る時も要注意ですね。
マリーゴールド「絶望」「悲しみ」や、紫陽花「あなたは美しいが冷淡だ」などたくさんあります。

一番怖いと思ったのは、スノードロップの「あなたの死を望みます」。
人にプレゼントするのでなければ、「希望」「慰め」という意味なのですが、人に贈ると、急に怖い花言葉になるらしいです。
自分で楽しむにはいいですが、プレゼントにはしないほうがいいでしょう。

父の日にプレゼントする花はでおすすめと贈ってはいけない花まとめ

父の日には黄色いバラが定番と言われますが、肝心なのはお父さんに喜んでもらえるかどうかですので、お父さんの好みに合わせた花を贈るのが一番かもしれないですね。
個人的な話になりますが、父にミニサイズの観葉植物をプレゼントしたところ、とても喜んでくれて、会社の机の上に飾ってるらしいです(笑)

花を選ぶときに、花言葉を調べてみて、花言葉にメッセージを託してプレゼントするのも素敵だと思います。
花言葉を書いたメッセージカードを添えれば、感謝の気持ちを自然に伝えることができますよね。
父の日のプレゼントにお悩みの方は、今年はお花を贈ってみるのはどうでしょうか?

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る