結婚祝いの相場は?披露宴に出席する場合としない場合で金額が違う?

結婚のお祝いを贈るパターンとしては、次の3つに分けられるでしょう。

①お祝いの現金だけを贈る場合
②お祝いの品物だけを贈る場合
③現金と品物と両方を贈る場合

③の現金と品物を贈る場合は、ごく親しい間柄の場合が多いですね。

ということは①か②のどちらかに当てはまる場合が多いでしょう。

贈る金額は、新郎新婦との関係、披露宴に出席するかしないか、贈り主が一人なのか夫婦連名なのか、贈る側の年齢はいくつなのかなどによって違ってきます。

品物を贈る場合は、現金と同程度のものを贈ります。

現金と品物を贈る場合は、例えば3万円だとしたら、2万円の現金と5000円~1万円程度の品物を選ぶと良いでしょう。

贈り先が親族の場合

贈り先が親族の場合は、友人や職場の同僚などへ贈るお祝いよりも相場は高めになります。

披露宴に出席する場合

兄弟・姉妹  3万円~10万円
甥・姪    3万円~5万円
いとこ    3万円
その他の親戚 3万円

披露宴に出席しない場合

甥・姪    1万円~2万円
いとこ    1万円~2万円
その他の親戚 1万円~2万円

贈り先が友人・会社関係の人の場合

贈り先が親族の場合よりは金額が低めですが、会社関係の場合、職場での立場によっても金額が変わってきます。同僚に贈る場合よりも、上司が部下に贈る場合の方が、若干高めの金額になるのが一般的な相場です。

披露宴に出席する場合

友人・知人     2万円~3万円
友人・知人の家族  2万円~3万円
職場の同僚     2万円~3万円
職場の部下     3万円
取引先関係     3万円
近所の人      2万円~3万円

披露宴に出席しない場合

友人・知人     1万円
職場の同僚     5000円~1万円
職場の部下     1万円
取引先関係     1万円

お祝いの金額は偶数でもいい?

日本の昔からの風習で、お祝い事には吉とされる奇数、反対に弔事には偶数の金額を贈るのが一般的ですが、いくつか例外があります。

2万円は偶数ですが、2を二つで一つ、つまり『一対』と考えれば奇数になりますから、お祝い事にも使えるんですね。

8万円も偶数ですが、『八』は末広がりでおめでたいとされています。

10万円も偶数ですが1が奇数なので、お祝い事に使っても問題ありません。

ただし、9万円は奇数ですが、『苦』を連想させるせる数字ですので、お祝い事には使いません。

スポンサードリンク

また、結婚は新しい門出のお祝いですから、現金を贈るときは新札を用意して祝儀袋に入れるのがふさわしいです。

銀行にいけば新札は手に入りますから、あらかじめ準備しておきましょう。

祝儀袋は金額に見合ったものを

結婚祝い用の祝儀袋は、さまざまな種類が売っていますが、贈る金額に見合った祝儀袋を選びましょう。

ものすごく豪華な祝儀袋に5000円しか入っていなかった・・・というのではちょっと不恰好ですね。

金額別祝儀袋の水引の選び方

贈る金額が1~3万円のときは水引は金銀の『あわび結び』か『輪結び』、5万円からは金銀の『飾り結び』、10万円以上は松竹梅つきの『飾り結び』のものがふさわしいでしょう。

結婚に関するものはすべてのしつきで、『一度結んだらほどけない』という意味の結びきり(あわび結び、輪結び)の水引を選びます。

祝儀袋の表書きの書き方

祝儀袋の表書きは、『寿』『壽』『御結婚祝』『寿御結婚』が一般的です。

下段の中央に贈る側の名前を書きます。文字は崩さずに楷書体で、フルネームを記します。

連名の場合ですが、名前を書くのは3名までとし、4名以上のときは、中央に代表者の名前を書き、その左側に『友人一同』『外一同』などと書きます。

祝儀袋の裏の折り返しに注意!

祝儀袋の裏側を見ると、上と下からの折り返しの先が少し重なるようになっているのがわかります。

この重ね方ですが、適当に重ねていいものではなく、目的によってルールがあるので注意が必要です。

祝儀袋は、下の折り返しが上にくるようにします。

これは、『喜びを受け止める』という意味があります。

一方、香典袋の場合はその反対で、上からの折り返しを上に重ねます。

この場合は、『悲しみを流す』という意味があります。

祝儀袋は裸のままバッグに入れずに、ふくさに包んで持参するのがマナーです。

祝儀袋の詳しい説明・ふくさの包み方を知りたい方はコチラへ→ご祝儀袋の包み方と持参するときのマナーについて

結婚祝いの相場は?披露宴に出席する場合としない場合の違いのまとめ

現金ではなく品物を贈る場合で何を送っていいか迷う場合は、本人にほしい物を直接聞くのが一番間違いがありません。

結婚式のお祝いの金額について悩む方は多いと思いますが、一般的な相場を知ることで安心して贈ることができるでしょう。

一番大切なのは、結婚を祝福する気持ちですが、一般的なマナーを守ることも必要ですね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る