バレンタインデーの起源は?日本はチョコレート、海外は違う?

バレンタインデーは女性が男性にチョコレートを贈る日。

でも海外のバレンタインデーは日本とは様子が違うようです。

このバレンタインデーの起源をご存知ですか?

起源を知ると、バレンタインデーがまた違った風に見えるかもしれません。

バレンタインデーの起源はローマ時代


ローマがまだ「ローマ帝国」と呼ばれていた時代のこと。

ローマ帝国の皇帝であるクラウディウス2世は、自分の兵士が結婚することを禁じていました。

その理由は、結婚すると故郷に残してきた家族が気になって戦いに集中できないから。

なんだかよくわからない理由ですが。

じゃあ、現代の単身赴任も、結婚してたらできないことになっちゃいますよね。

しかも、強い兵士の子供に子供ができてその子がお父さんを目標にして、また強い兵士になるかもしれないですよね。

まぁ、色々な考え方がありますからね。

とにかくそんな理由で、若い兵士たちは結婚することを許されていなかったんですね。

それを見ていてかわいそうに思ったキリスト教の司祭さんがいたそうです。

名前は『ウァレンティヌス』。今はバレンタイン司祭と呼ばれているようですね。

皇帝にバレないように内緒で若い兵士たちを結婚させていたそうです。

でも一応皇帝さんは国のトップですから、密告してお金をいただこうなんて輩もいたんでしょう。

やがて、司祭さんの『闇結婚式』の噂が皇帝の耳に入ります。

怒った皇帝。

昔ですからやることは決まってますね。

バレンタイン司祭は処刑されてしまいます。

それが2月14日だったんです。

2月14日だったのには意味があって、当時のローマの女神・ユノの祝日でした。

ユノ?

日本では全く馴染みがないですが、この女神は家庭と結婚を司る神様だそうですよ。

そしてその次の日は、その年の豊作願うお祭り、ルペルカリア祭が始まる日だったそうです。

このお祭りの生贄として、バレンタイン司祭が選ばれたと言われています。

それにしても、結婚の女神の祝日に、結婚式をこっそり行っていた司祭を処刑するなんて、相当意地悪で悪趣味ですよね。

そしてこのルカぺリア祭。

このお祭りの最大イベントが、くじ引き合コンとでもいいましょうか。

祭りの前日に、若い娘たちはみんな、自分の名前を書いた紙を桶の中に入れました。

そして祭りの当日、男たちは桶から名前が書かれている紙を一枚引きます。

そこに書かれている名前の女性と、祭りの間は恋人として一緒にいる、と決められていたそうです。

当時は若い女性と男性が出会う機会はほぼなかったので、ほとんどの人がそのくじ引きで引いた女性とそのまま結婚したそうですよ。

現代ではうそでしょ?って思うことが、昔は普通だったんですね~

くじ引きで決めていいのは、学校の委員決めの時くらいかと思ってましたけど。

民衆を力で押さえつけるために、自由意思を奪ったんでしょうね。

『バレンタインデーにチョコレート』は日本だけ?

さて、バレンタインデー、あなたは誰に何を贈りますか?

・・・って読んでいるあなたが日本人なら決まってますよね。

チョコレート。

しかも女性から男性にチョコレート。

知っている人も多いかもしれませんが、このチョコレートをあげるのって日本だけの風習なんですよ。

仕掛け人はやはりお菓子会社、ですよね。

売り上げ上がりますからね。

それにしても、なんで女性から男性に『チョコレート』なんでしょうね?

男性でチョコレート好きな人、いるかもしれませんがそこまで多くないと思うんですけど、どうでしょう?

甘いものが苦手な人にバレンタインのプレゼント選ぶのって、はっきり言って面倒じゃありません?

私は面倒です。

なんかチョコレートじゃなくて、ビーフジャーキーとかの方が喜ばれると思うんですけど。

スポンサードリンク

バレンタインデーには、好きな人に贈るっていうのが本当の流れなんでしょうけど、最近は義理チョコとか友チョコとかの方が目立ってきてますよね。

バレンタインデーの催事場で、山のようにチョコレート買ってる女性よく見ますよね。

私には、子供におやつを買うお母さんにしか見えないんですが・・・。

バレンタインデーって、もっと色気のあるイベントじゃなかったのかな~

気になる海外のバレンタインデー事情

日本のバレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを贈ることになってます。

では、海外ではどんな感じになっているんでしょう?

アモーレの国イタリアはバレンタインもロマンチック

バレンタイン発祥の地、イタリア。

イタリアのバレンタインデーは、恋人同士の男女がお互いの気持ちを確認しあう日です。

プレゼントは、男性から女性へ贈るのが一般的ですが、逆もあります。

お花やアクセサリー、下着などが人気のプレゼントだそうですが、特に人気があるのは赤いバラの花束だそうです。

赤いバラの花束を買う男性なんて、私は映画でしか見たことありません。

またイタリアでは、プレゼントにメッセージカードを添える習慣があるそうで、カードには歯が浮くようなロマンチックなセリフが書いてあるとか。

イタリアのバレンタインデーの習慣は、素敵なレストランでロマンチックなディナーを楽しむことだそう。

さすがイタリアですね~うらやましい・・・。

日本もこうすればいいのにと思うのは私だけでしょうか?

バレンタインデーはイタリアでもっとも予約が取れない日と言われてます。

イスラム諸国ではバレンタインも命がけ

バレンタインデーはキリスト教の司祭に関係するイベントなので、イスラム諸国では当然NG。

それにイスラム教の人たちは、小学生以上になると男女が一緒の場所にいることが禁止されています。

イスラム諸国の女性はみんな、目以外は布で隠していますよね。

なんと、男性と女性がお互いの顔を正面から見ることができるのは結婚したからなんだそうですよ。

顔が見えたところで、好きなように結婚相手を選べる国ではないので特に問題にならないのかもしれませんが。

イスラム諸国の中でバレンタインデーに一番厳しいのは、イスラム教最大の聖地メッカがあるサウジアラビアだそう。

バレンタインデーの時期になると宗教警察の人たちが見張ってます。

宗教警察とは、イスラム教で禁止されている行動なんかが発見されたときに注意して指導する人たちです。

もし店でバレンタインデーに関係しそうなものを売ろうものなら、この人たちに怒られます。

宗教警察のひとで、『バレンタインデーを祝ったら死刑だ!』といった人もいるとか。

バレンタインデーのほかに、ナンパした男性が逮捕された、なんて例もあるそうですよ。

それでも、抜け道はあるものです。

バレンタインでーに関係する商品は、店の奥やカウンターの下にこっそり隠されていて、ひっそりと売られているんです。

ただ、結婚していない男女が接触する機会はないので、すでに夫婦のカップルがバレンタインデーをお祝いするために買うんでしょうね。

タイのバレンタインは『赤いバラの日』

タイのバレンタインデーは、男性が女性にバラの花を贈る日なんだそうです。

赤いバラが主流で、バレンタインデーが近くなるとあちこちで赤いバラが売られているそうです。

また、赤いバラと一緒に、クマのぬいぐるみを贈る風習があるそうです。

なんでクマ?と思ったんですが、タイではお祝いや卒業祝いなどの節目にクマのぬいぐるみを贈る風習があるんだそうです。

また、バレンタインデーに入籍するカップルが多いそうですよ。

バレンタインデーの起源は?日本と海外の違いのまとめ

バレンタインデーの起源から、他の国のバレンタイン事情までみてきましたが、基本的に恋人同士が愛を確かめ合う日ということなんですね。

そして、ほとんどの国が男性から女性へプレゼントを渡す場合が多い。

なんで日本だけ女性から男性へ、なんでしょうね?

それに、1ヶ月も後に、ホワイトデーなんてものがあるのもおかしな話だな~と思います。

好き同士なら、お互いに感謝してプレゼントを贈りあいたいと思うんですけど。

日本も海外式のバレンタインデーになるといいな~なんて思います。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る