雛人形の処分は無料でできる?供養の方法は?神社はどこがいい?

飾る機会のなくなった雛人形、あなたの家にも眠っていませんか?

娘さんが大人になった、結婚したなどの理由で雛人形が飾られなくなってしまったとき、雛人形をどうするか悩みますよね。

「しまっておくスペースがないから処分したい」という人は多いでしょう。

しかし、「雛人形ってそもそも処分していいものなの?」「処分費用はいくらかかるのだろう・・・」

と、色々な悩みがあると思います。

なるべくお金をかけないで、雛人形を供養・処分出来る方法をまとめました。

スポンサードリンク

雛人形は処分していいもの?無料でできる?


出典:http://www.jikemachi.or.jp
そもそも「雛人形は処分してよいものなのか?」と悩むかもしれません。

答えは「雛人形は処分してもよい」ものです。

雛人形が、何年も飾ることなく押入れの奥に仕舞ったままになっているのであれば、きちんと供養して処分するほうがいいです。

ただ、「供養もせずにごみの日に捨てる」というのはお雛様に失礼です。

雛人形は持ち主の女性の厄を、身代わりとなって引き受けてくれると言われています。

今まで守ってくれたお雛様に、きちんと感謝してから処分しましょう。

 
とはいえ、「雛人形をきちんと供養してあげたい気持ちもあるけど、できればお金をかけたくない」というのが本音。

雛人形を無料で処分できる方法はいくつかあります。

ネットオークションなどは手間がかかりますが、高価な雛人形の場合、高値が付くこともありますよ。

寄付をする

人形、お飾りなどが一式揃っていて、状態がそれほど悪くないのであれば、老人施設や児童養護施設、保育園などに寄付するという方法があります。

こういった施設では四季のイベントを大事にしますから、タイミングよく入れ替えの時期にぶつかれば寄付することができるかもしれませんので、近くにそのような施設がある場合は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

もしご自分が住んでいる場所から近いところに寄付できれば、ひな祭りの時期に足を運んで、雛人形が飾られているのを見に行くこともできますよね。

 
また、雛人形を発展途上国の子供たちに寄付することもできます。

異国の地で自分の雛人形が飾られてるって、なんだか素敵ですよね。

ただ、海外への輸送量や人件費がかかりますから、手数料は発生してしまいます。→国際社会支援推進会 ワールドギフト

ネットオークションに出す

『ネットオークションで雛人形が売れるの?』

と思うかもしれません。

しかし、ネットオークションは、本当にいろいろなものが売れます。

ヤフオクなどを検索してみるとわかると思いますが、ちょっと変わったものが信じられないほど高値で出品されていたりします。

 
ネットオークションでものを売るコツは、写真をきれいに撮ることです。

雛人形の場合でしたら、全体が写った写真のほかに、人形一つ一つのアップの写真などを載せるといいですね。

また、人形に汚れがあったり、付属品の欠品がある場合は必ず記載しましょう。

「欠点を記載して売れなくなるのではいか」と思われるかもしれませんが、正直に記載したほうが信頼できる出品者だと判断されて、逆に買い手が付きやすくなります。

欠品していることを記載しないと、後々トラブルになりかねませんので注意しましょう。

査定処分する

雛人形などの日本人形は、専門の業者に査定して引き取ってもらうことができます。

高額な雛人形であれば、骨とう品としての価値があることもあります

 
査定の際に気を付けることは、査定する業者をきちんと選ぶこと。

いい加減な査定をする業者に、「本来の価値より安く雛人形を買い取られた」というケースもあるので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

『ビッグひな祭り』に雛人形を寄付する


出典:http://sanpo01.lolipop.jp
徳島県勝浦町や千葉県勝浦市で行われるイベント『ビッグひな祭り』は全国的にも有名ですよね。

飾られなくなった雛人形を全国から募って、高さ8メートルを超えるに雛壇に一挙に雛人形が飾られる光景は圧巻です。

 
雛人形を送るのに送料はかかりますが、無料で供養してもらえます。

たくさんの雛人形と一緒に飾ってもらえれば、お雛様も寂しくないでしょう。

ただ、人形の受付は事前に予約が必要となります。→
かつうらビッグひな祭り(千葉県)
阿波勝浦ビッグひな祭り(徳島県)

雛人形を娘に引き継ぐのは可能?

女の子が生まれたら、自分の雛人形を引き継がせたいという方は多いでしょう。

しかし、雛人形は本来、一人の女性に一つと決まっています。

雛人形は持ち主の女性の災厄を引き受けてくれる身代わりですから、他の人の手に渡っても本来の役目を果たせないというのが昔の人の考えでした。

女の子が生まれたら、その子専用の雛人形を用意してあげるのが良いと言われます。

 
ただ、地域や親族のルールなどで代々雛人形を引き継ぐという風習がある場合もありますから、一概にこれが正解、というのはありません。

分からない場合は、近い親族の方に一度確認してみると良いでしょう。

処分してしまってからでは取り返しがつきませんものね。

スポンサードリンク

雛人形を供養する方法は?無料でできる?


出典:http://先読みトリビア.com
雛人形を供養する方法ですが、完全に無料で供養してもらえる方法は今のところ無いようです。

神社やお寺で供養してもらう場合は、3000円~5000円が相場です。

しかしこれは人形のみの場合で、雛壇などの付属品などを含む場合は、その10倍の金額30000円~50000円ほどが必要とある場合が多いです。

郵送する場合は、送料を考えるともっとかかるかもしれませんね。

 
うーん、ちょっと高いですよね・・・

もう少し抑えられないものか・・・

雛人形の供養を、少しでも安くできる方法をまとめました。

供養料が無料の神社がある

神社の中には、人形の供養料は無料で、事務手数料、郵送費、振込手数料のみで雛人形の供養をしてくれるところがあるそうです。

供養費が有料の神社やお寺などに比べると、必要な料金は少額で、だいたい2000円くらいで供養してくれるそうです。

ただし、料金が安い分、供養の仕方も簡易的になるため、雛人形に思い入れが深く、きちんと供養をしてもらいたい方にはこの方法は向かないかもしれません。

各都道府県にある人形を供養してくれるお寺は、こちらのサイトが参考になります。→遺品整理.com

人形供養ドットネットなら格安料金で供養できる

この、人形供養ドットネットは、どんな大きさの箱に人形を何体詰めても、1箱2000円です

神社などで郵送サービスを行っているところは、だいたい最小サイズの段ボール1箱で3000円ですので、ここで供養してもらえばかなりお得ですね。

人形供養ドットネットの詳細はコチラ→http://ningyou-kuyou.net/price.html

人形供養で有名な神社

雛人形の供養で有名な神社を紹介します。

せっかくなら有名な神社で供養してもらいたいという方は足を運んでみてください。

また、淡島神社意外は、郵送で人形供養を受け付けてくれますので、近くに人形供養を行っている神社がない場合は郵送を利用すると良いでしょう。

淡路島神社


出典:http://rokaru.jp

淡島神社は和歌山市加太にある神社です。

最も有名な人形供養の神社といえるでしょう。

神社に入ってすぐ、数え切れないほどの人形が並んでいるのが目に飛び込んできます。

もともと淡路島神社は、医薬の神様が祭られていて、女性の病気、安産や子授けにご利益があるとされています。

諏訪神社


出典:http://site5.tori-info.co.jp
勝負事の神様として有名な神社です。

さまざまな武将に勝利をもたらし、昔から勝負事や諸難突破の神様としてご利益があるそうです。

また、夫婦和合や縁結びの神様としても有名なようです。

本光寺


出典:https://www.hida-kankou.jp
千葉県市川市にあるお寺です。

ここでは、水子供養や、終活のための生前戒名をつけてもらえます。

また、樹木葬をはじめとする自然葬も行っているそうです。

西野神社


出典:http://powerspot-tour.net
北海道札幌市にある人形供養で有名な神社。

毎年に名祭りの後に、人形供養祭を行っています。

また、西野神社は縁結びのご利益があることで有名で、テレビなどでも紹介されたことがあります。

写真は安産祈願の子宝犬。

12匹いて、それぞれ干支になっています。

私も見に行ったことがありますが、とても癒されますよ。

雛人形の処分は無料でできる?供養の方法は?のまとめ

しまいこんである雛人形は、早めに供養して処分する方がいいようです。

完全に無料で人形供養をしてくれるところは、今のところないようですが、人形供養.comが一番費用を抑えられそうですね。

供養してしまったら雛人形を見ることは二度と出来ないですし、私だったらどこかに寄付して、誰かに喜んでもらえる方がいいかなと思います。

みなさんはどうでしょうか?

ひな祭りに役立つ情報をもっと知りたいアナタヘ

2017年ひな祭りにひな人形を飾るのに良いお日柄は?片付け方も!
ひな祭りパーティーにおすすめ!子供が好きな料理【メイン・サイド・簡単ケーキ】
孫の桃の節句のお祝いには何を送る?ベストな時期とお返しの対応について

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る