初詣の縁起物まとめ!おみくじ・破魔矢・絵馬はどうあつかうべき?

初詣に行くとおみくじを引いたり、お守りや破魔矢を頂く方が多いと思います。

私も毎年おみくじを楽しみにしている一人です。

これらの縁起ものですが、『いただいたはいいけどどう扱っていいかわからない・・・』と思うものはありませんか?

それぞれの意味を知って、正しく扱うことで最大限のご利益をいただきましょう!

スポンサードリンク

初詣の縁起物は『買う』ものではない?!

初詣に出かけた際によく耳にするのが、『お守りを買っていこう!』『今年は破魔矢買う?』などの周りの方の声です。

お守りや破魔矢などの縁起物は、『買う』のではなく、授けて『いただく』ものです。

『初穂料』を納めることで、お守りを授けていただくのです。

お守りなどが置いてある場所は『授与所』と書いてありますね。

あまり気にしない方もいるようですが、初詣は一年の無事を神さまにお祈りしに行くものです。

『買う』よりは『いただく』と言う方が敬虔な気持ちになりますよね。

初詣の縁起物のおみくじは結ぶ?持ち帰る?

初詣のおみくじを楽しみにしている方は多いと思います。

年の初めの運試し、良い結果が出れば一年頑張ろう!と思えますよね。

その逆もありますが(笑)

どちらにしても、おみくじは神さまからのメッセージです。

内容が良くても悪くても、その年の行動の指針とすればご加護があるものです。

神社にはおみくじを結ぶ場所がありますが、本来引いたおみくじは内容の良しあしにかかわらず結ばずに持ち帰りましょう。

お財布などに入れて持ち歩き、この一年で何かつまずきそうなときに見直せば何かヒントを得られるかもしれません。

引いたおみくじの結果が不満だからと言って、引き直してはいけませんよ。

お守りの効果を得るためには?

お守りは、身に着けることで神さまにご守護をいただくものです。

いつも身体の近くにあるように、持ち歩きましょう。

持ち歩く場合は、いつも使うかばんや財布に入れておくといいでしょう。

家で保管する場合は、たんすや引き出しにしまいっぱなしにするのではなく、なるべく高い場所で目につきやすいところに置きます。

御神札ってなに?


出典:http://oinarisan.ftw.jp
一般的には『おふだ』と呼ばれるものです。

祈祷が込められていて、神社で授与するものの中で最も重要な神さまの璽(しるし)です。

木でできたものや紙でできた御神札があります。

御神札をいただいた場合は、神棚に納めましょう。

神棚がない場合はどうする?

一人暮らしの人だと、神棚があるお家をあまり見たことがないので、神棚があるお家は稀なんでしょうね。

私の家にももちろん無いですし。

神棚がない場合、初詣でいただいた御神札などの縁起物はどう扱ったらいいかというと、南向きか東向きになる明るくて清浄な場所にお祀りするといいです。

また、神さまを見下ろすことは失礼ですから、自分から見て、見上げるような高い場所にしましょう。

この御神札は、一年間家にお祀りした後、できれば授けていただいた神社にお返します。

年末、または翌年の初詣の際に、一年の無事を感謝し、神社に奉納しましょう。

その時、新たな年の御神札を授けていただきます。

一年が過ぎたお守りも、同じ扱いで、授けていただいた神社にお返しします。

初詣にいただく破魔矢はどこに飾る?

スポンサードリンク

私はあまり破魔矢をいただいた経験がないのですが、実家に帰ると毎年飾っていますね。

初詣に行くと、手にしている方も多くいらっしゃいます。

着物を着た女性が手にしていると、なんだかすごく絵になるなぁと思って、ぼーっと見とれてしまいます(笑)

私も女性なんですけどね(笑)

話がそれてすみません。

破魔矢は、神棚や床の間などの清浄な場所に飾りましょう。

神棚などがない場合は、先ほどの御神札と同様に、南向きか東向きになる明るくて清浄な場所で、見上げるくらいの高い場所にお祀りします。

縁起物の破魔矢の由来は?

昔、日本各地でその年の作物が、豊作であるか凶作であるかを占っていたそうです。

その占いでは、弓を用いて矢を的に当て、どこにあたるかで結果の良しあしが決まったということです。

その風習は、江戸時代頃には、子供が無事に成長することを祈る縁起物として男児の初正月(現在の初節句にあたる)に弓と矢が贈られるという形に変化しました。

その後、現代になって、魔除けとして矢だけがお正月に神社で縁起物として授与されるようになりました。

破魔矢は初詣の縁起物だけじゃない


出典:https://takanabe-kyudo.jimdo.com

破魔矢は、初詣の縁起物として授けられるだけではなく、違う場面でも贈られることがあります。

家を新築した時に、鬼門に向けて弓矢を立てます。

破魔矢には凶を射抜くという意味がありますから、鬼が出入りする方角とされ、万事に忌むべき方角だといわれる鬼門に向けるのです。

また、先ほども少し触れましたが、男の子の初節句に破魔矢と破魔弓を贈るという風習もあります。

しかし現在では、男の子の初節句と言えば兜飾りを思い浮かべる方が多く、あまり破魔矢と破魔弓を贈る方は少ないようで、地方に残る風習となってしまったようです。

デパートなどに行っても、格好いい兜飾りがたくさん売られていますから、どうしてもそちらに目が行ってしまいますしね。

初詣の縁起物の絵馬を書く

初詣に行くと、たくさんの絵馬がかけられている場所を見たことがあると思います。

個人的に、絵馬は『受験生の合格祈願』というイメージがあるので、初詣で書いたことはないのですが、一年のお願いを絵馬に書くのもいいかもしれませんね。

絵馬の書き方

絵馬は、馬の絵がかいてある方が表、何も書いていな方が裏です。

お願い事は、裏側に書きます。

書くときは、油性のマジックで書きましょう。

水性マジックだと雨の日に水で流されて消えてしまいます。

お願い事が消えるなんて不吉ですよね。

いろいろなお願い事があると思うのですが、書くのは本当に叶えたいお願いを一つだけ書くようにしてくださいね。

ここで注意点なんですが、お願い事を書くときに、『○○になりますように』とか『○○を手に入れたい』とか書くのではなく、『○○になる!』『絶対○○を手に入れる!』と書くようにしましょう。

違い、わかりますよね?

『○○になりますように』だと、まだ叶えていない状態を表していますね。

反対に、『○○になる!』と言い切っているということは、自分が望みの状態になったことが想像できているということです。

自分で想像もできないことが叶うと思いますか?

ここは強気で言い切ってしましましょう。

最後に、名前と簡単な住所も書きこんでおきましょう。

神さまが、どこの誰のお願いかわかるようにします。

もちろん、名前はイニシャルだけでもいいですし、住所は都道府県だけでOKです。

というか、その方がいいです。

今の時代、個人情報とか洩れるの怖いですしね。

書き終えたら、絵馬をいただいた神社に、祈願しつつ奉納しましょう。

絵馬の由来

なぜ、絵馬には馬の絵が描かれているのでしょうか?

奈良時代には、神さまにお願い事をするときに馬を奉納する習わしがありました。

このときに奉納する馬のことを『神馬(しんめ)』といったそうです。

しかし、一般市民が馬を用意するのは難しい、というか現実的ではないですよね。

そのため、生きた馬の代わりに紙に書いた馬の絵を奉納するようになったのが絵馬の始まりです。

昔の人は、お願い事を一つするのにものすごい苦労したんですね。

馬一頭って・・・相当切羽詰まったお願いだったんでしょうか。

初詣の縁起物はどうあつかうべき?のまとめ

これから始まる一年が良い年であるようにお参りする初詣では、さまざまな縁起物をいただくことができます。

それぞれの意味が分かると、ありがたみが増しますよね。

それに、どこに飾るか、一年たってしまったらどうするかがわかっていれば、いただくのを躊躇することもないと思います。

神さまのお力をいただいて、新しい一年の英気を養いましょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る