初詣はいつまでに行く?由来・意味と神社別のご利益について

みなさん、もう初詣は行かれましたか?

これから始まる一年が良い年であるように神さまにお参りする風習って、いいですよね。

でも、大晦日やお正月は、家族で団らんしていたり、前の日飲みすぎて朝起きられなかったり(笑)と、なかなか腰が重いですよね。

「元旦に行けなかったから、まあいいか~」と、行かずじまいになったりします。

でも、初詣は元旦当日でなくてもいいんです。

今回は、初詣はいつまで行けばいいのか、知っているようであまり知らない初詣の意味と由来、また神社別にどのようなご利益が得られるのかというお話をしたいと思います。

初詣はいつまでに行く?


初詣に行く日は人によってさまざまです。

特に「○日に行かなければいけない」という決まりはありません。

昔は、初詣と言えば元旦に参拝する習わしでしたが、現在は大晦日から、元旦当日、正月三が日のどこかで行く人が多いかと思います。

三が日を過ぎても、だいたい松の内の間までには初詣に行く人がほとんどでしょう。

しかし、「初詣は節分までに行けば良い」という意見もあります。

その理由は、現在の節分が旧暦の元旦であったから。

節分は季節の変わり目であり、立春の前日です。

旧暦では、元旦は立春の前日とされていました。

立春を過ぎてしまうと季節が変わってしまうので、それ以降のお参りを『初詣』とは言いにくいですよね。

そのような理由から、「初詣は遅くとも節分までに行く」と言われているそうです。

私だったら、一月を過ぎたら完全に初詣のテンションじゃなくなってしまうので、一月中には行くかな~という感じです。

みなさんはどうでしょうか?

初詣の由来と意味


初詣はいつから始まった風習なのかご存知ですか?

日本にはものすごく古くから、『年籠り』という風習があります。

どういう風習かというと、家長が大晦日の夜から元旦の朝にかけて氏神の社にこもり、新年を平安に暮らせるよう祈願するというもの。

やがて日本で農耕が発達するにつれて、年の始めにその年の豊作が祈念されるようになりました。

それが年神さまを祀る正月の中心行事となったのです。

初詣の詣でかたには以下の二種類があります。

大晦日の夜に詣でる『除夜詣』

元旦の朝に詣でる『元旦詣』

現在の初詣の原型とされるのが、元旦詣です。

元旦に行く初詣

元旦詣では、その年の年神様がいる方角の恵方にある神社に参拝し、幸福を祈願するもので、『恵方詣り』ともいわれます。

明治以降は恵方詣りの風習は廃れ、自分行きたい神社に参拝するのが一般的になります。

恵方詣りが廃れた理由は、鉄道などの交通機関が発達したことが要因の一つといわれます。

交通機関のおかげで、有名神社にも足を運びやすくなりました。

大晦日の夜からお参りする二年参り


除夜の鐘を聞きながら、旧年から新年にかけて神社に詣でることを、『二年参り』といいます。

年をまたいでお参りするので、二年参りと言われます。

一度の参拝で、二年分のお参りができるので、縁起が良いとされました。

また、除夜に一度参拝しからいったん家に帰り、元旦になって改めて参詣するというかたちのお参りもあるそうです。

除夜の鐘の意味は?

大晦日を除日ともいったことから、除日の夜につく鐘を、除夜の鐘というようになりました。

除夜の鐘は108回鳴る、というのは皆さんご存知かと思いますが、その由来にはいくつか説があります。

スポンサードリンク

一番よく知られているのは、人間の煩悩の数が108個あるから、という由来ですね。

その煩悩を取り除くために鐘が108回鳴らされるというもの。

また、四苦八苦を取り除くという意味で、4×9+8×9=108回。

鐘をついて苦しみを取り除くという意味があります。

もうひとつの説はちょっと複雑です。

一年に使われる暦の数字を足した数、つまり1~12月までの月の数の12、二十四節気の24、七十二候の72をすべて足すと108になります。

108回鳴らされる鐘には、一年のそれぞれの月や節気や候の無事を願うという意味がこめられているのですね。

私の場合は、やっぱり『108の煩悩説』がしっくりきます。

毎年除夜の鐘を聞くとなんだか神妙な気持ちになります。

神社によってご利益が違う?

全国各地にはいろいろな神社がありますよね。

神社に祭られている神さまによって神宮、八幡、天満など、名前も違い、得られるご利益が少しずつ違ってきます。

ご自分が得たいと思うご利益で、お参りする神社を探してみるのもいいかもしれませんね。

神社でいただく縁起物(おみくじ、お守り、破魔矢など)についてはこちらをご覧ください→http://happiness-days.com/793.html

神宮のご利益

平和

国家安泰

家内安全

『神宮』は、本来は伊勢神宮のみの社号として使われていました。

現在は、天皇の祖先の霊が神として祀られている神社が神宮と呼ばれます。

伊勢神宮をはじめ、熱田神宮、明治神宮など多数あります。

神宮へのお参りは、基本的に個人的な私利私欲のお願いというよりは、神さまに感謝の意を伝えるためにお参りするところです。

八幡のご利益

必勝祈願

厄除け

安産祈願

八幡さまとは、八幡大神のことで、誉田引命(応神天皇)、息長帯姫命(神宮皇后)、比売大神の三柱の神様を表します。

源氏が氏神さまとして崇敬していたことから武神としての信仰を集めていて、多くの武将たち崇敬を集めていました。

天満のご利益

合格祈願

学業成就

天満宮は、『学問の神様』とされる菅原道真が祀られており、多くの受験生が合格祈願に訪れることで有名です。

参拝に訪れた人が必ずと言っていいほどいただくのが筆。

私も高校受験前に、親戚から送られてきたのを覚えています。

そのおかげかどうかわかりませんが(笑)、無事合格しました。

天満宮のなかでも特に、大宰府、北野の天満宮が道真と関係が深いと言われています。

また、あまり知られていませんが、昔から縁結びのご利益もあるそうですよ。

稲荷のご利益

商売繁盛

豊作祈願

稲荷の語源は、稲で荷車がいっぱいになるということからきており、そこから商売繁盛の神とされました。

お稲荷さんは白い狐の姿をしていますね。

狐は、田畑を荒らす害獣を食べてくれるので、田畑の守護神として祀られたのだということです。

有名な京都の伏見稲荷大社の神紋は、5円玉にも彫られているあの稲の束と同じものです。

初詣はいつまで?由来・意味とご利益についてのまとめ

お正月は暖かい家でゆっくりしていたいものですが、神さまへの新年のご挨拶もかねて、初詣にいくのはどうでしょうか?

外は寒いですが、神さまにお参りした後は、心はすっきりと暖かい気持ちになれそうですよね。

節分までは初詣と言えるみたいですし、少し寒さが緩むまで待つのも手かもしれません。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る