お祝いのお返しは「いる」ものと「いらない」ものがある?贈る時期と相場は?

結婚や出産、入学など、お祝いや贈り物をいただくことがありますが、うれしい反面「お返しどうしよう?」と悩みますよね。

お祝いをいただいたら、お返しをするのが常識だと思うかもしれませんが、お返しがいらないお祝いもあります。

ただし、そういうときでも「ありがとう」の気持ちは伝えたいですよね。

そんなときどうしたらいいか、またお返しがいる場合は相場はいくらくらいが常識なのかについてまとめました。

スポンサードリンク

お祝いのお返しの常識


出展:http://siritakatta-info.com
お返しは、お祝いや贈り物をもらってすぐに贈ると事務的な印象を与える可能性があります。

少し時間を置いてからお返しを贈りましょう。

どのくらい時間を置いたらいいかは、いただいたものの種類によりますので、それぞれ説明します。

また、お返しで「現金」を贈ることが失礼にあたることを覚えておきましょう。

どんな場合も、お返しは「品物」が基本です。

お餞別や開店・開業祝い以外で、目上の人に商品券や現金を贈るのも失礼にあたりますので注意しましょう。

結婚祝いのお返しは披露宴後に

結婚のお祝いをいただいた場合、披露宴に出席してくれた方へは引き出物がお祝いのお返しとなります。

それ以外で、個別にお祝いをいただいた方へのお返しは、挙式後2週間~1ヶ月、または新婚旅行後2週間~1ヶ月以内に贈ります。

表書きは「内祝い」としてお祝いのお返しを贈ります。

職場の人から連名でお祝いをいただいた場合は、新婚旅行のお土産をお祝いのお返しにする場合もあります。

お返しの額の目安は、いただいた金額の三分の一から半返しが基本。

出産祝いのお返しは産後1ヶ月頃贈ります


出産のお祝いのお返しは産後1ヶ月、1ヶ月検診が終わった頃に贈るのが一般的です。

表書きは「内祝い」、下に赤ちゃんの名前を書きます。

出産祝いのお返しの目安は、いただいた金額の三分の一から半返しが基本です。

また、出産祝いで赤ちゃんの衣類をいただく場合もあると思います。

このような時は、いただいた衣類を赤ちゃんに着せた写真を一緒に贈ると喜ばれます。

お見舞金のお返しは退院後に


入院中いただいたお見舞金へのお返しは、退院後に贈ります。

表書きは「快気内祝い」で、いただいた金額の三分の一程度の品物を贈ります。

そのほかのいただきもののお返しは、1週間~1ヶ月くらい後に贈ることが多いようです。

しかし、親しい相手やお世話になった方には、時期にこだわる必要はありません。

旅先やショッピングの際に良いものを見つけたときに贈ると喜ばれるでしょう。

お返しにタブーなものがある?


出展:http://www.ringbell.co.jp
一般的に、お返しとして贈るのがタブーとされるものは「日本茶」です。

スポンサードリンク

日本茶は香典返しなどの仏事で使われるイメージが強いため、お祝いのお返しには不向きとされています。

また、いただいたものと同じ品物を贈るのもマナー違反。

贈り物をいただいた相手よりもグレードの高いものを贈るのは、悪意がなくとも相手に不快感を与えます。

意図せずに同じ種類の品物を贈ってしまったことに気づいたらすぐにお詫びの電話を。

お返しがいらないお祝いとは?

お祝いをいただいた場合でも、基本的に品物などのお返しが不要な場合もあります。

そのような場合にお返しを贈ってしまうと、相手にかえって気を使わせることにもなりかねません。

そういうときにお礼と感謝の気持ちを伝えたいときにはどうしたらいいのかみていきましょう。

入学・卒業祝いにお返しはいらない

入学祝や卒業祝いにはお返しは必要ありません。

いただいたらすぐにお礼の電話をするか手紙を送りましょう。

このとき、必ずお祝いをいただいた本人にもお礼をさせます。

まだ字がかけない年齢なら電話で、書けるようであれば手紙を書かせましょう。

手紙と一緒に、入学式や卒業式のときの写真を贈ると喜ばれます。

最近はデジタルフォトフレームを贈る方も多いようです。

 

「招待」を「お返し」する


出展:http://gift-wako.co.jp
結婚祝いや新築祝い、開店・開業祝いなどの場合は、新居のお披露目会や開店パーティーに招待することが「お返し」となります。

開店・開業パーティーなどでは記念品を配るなどしてお返しとする場合もあります。

例外的にお返しが不要になる場合

災害見舞い、生後まもなく子殿か亡くなってしまった場合の出産祝いのお返しは不要となります。

また、お見舞いについても、本人が回復しないまま亡くなってしまった場合はお返しは不要です。

どうしてもお返しをしたい場合には、表書きを「お見舞御礼」として贈ります。

まとめ

お返しにもいろいろなルールがありますね。

しかし、「相手を思う気持ち」が一番大切です。

感謝の気持ちが伝わるようなお返しができれば素敵ですね。

※補足
お祝いのお返しについての常識は、地域や家庭によってかなり差があります。こちらの記事は、実際に出版されている書籍を参考に書いたものですが、「常識外れめ」と思われた方はすみません。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る