七草粥の由来は?七草の意味と効能・簡単アレンジレシピを紹介!

七草粥を一月七日に食べる風習は皆さんご存知だと思います。

正直、「すごく美味しい!」というものではないですよね。

なぜこの七草粥が昔から食べられているのでしょうか?

また、なぜ一月七日に食べるのでしょう?

意外と知られていない七草粥の意味と由来を一緒に見ていきましょう。

七草粥の由来

七草粥は一月七日の朝に食べるのが昔からの習わしです。

では、なぜ一月七日に七草粥を食べるのでしょうか?

出典:http://www.tenki.jp

五節句ってなに?

 旧暦の一月七日は人日(じんじつ)の節句といって五節句のひとつ 

五節句・・・聞きなれない言葉ですよね。

この五節句は中国から伝わった祭事なのです。

出典:http://co-smart.net

一月七日の「人日」、三月三日の「上巳(じょうし)」、五月五日の「端午(たんご)」、七月七日の「七夕(しちせき)」、九月九日の「重陽(ちょうよう)」の五つを五節句といいます。

五節句は不吉な日?


出典:http://www.smilemarket-fukui.com

中国では、“奇数の同じ数位が重なる月日は悪いことが起こる”という思想があり、この日に厄除けの儀式が行われていました。

奇数の重なる月日・・・じゃあ元旦も不吉な日なの?という疑問がわきますよね。

ところが一月一日は年の初めということで別格扱いなんです。

替わりに一月七日が節句とされ、これが「人日」です。

「節句」ってどういう日なの?


出典:http://blog.goo.ne.jp
 もともと節句は「節供」という字を書き、季節の変わり目に神様に食べ物を供えて健康を祈願する日を意味します。 

中国では、人日に七種類の菜が入った吸い物をいただく風習があったそうです。

一方で日本では昔から、年の初めに雪の下から芽を出した若菜を摘みとる「若菜摘み」という風習があり、これが中国から伝来した人日の節句と結びついて七草粥を食べる風習に発展していったようです。

七草粥で邪気払い!


七草粥を食べることは邪気を祓う意味があります。

厳しい寒さにも負けず力強く芽を出す若菜のパワーを取り入れることで、一年病気せずに過ごせると考えたのかもしれませんね。

七草粥は実際体にいいの?

七草にはビタミンが豊富で、健胃作用、風邪予防に効果がある成分が含まれています。

お正月に食べ過ぎて疲れた胃を休める意味もありますね。

体内に溜まった一年の疲れを、新春の若菜でデトックスしましょう。

七草の意味と効能

七草とは具体的に何の植物を指すかご存知ですか?

七草にはそれぞれ縁起のいい意味が込められており、またその効能もすぐれたものなのです。

七草は縁起がいい


出典:http://minkara.carview.co.jp

セリ・・・競り勝つ
なずな(ぺんぺんぐさ)・・・撫でて汚れを払う
ごぎょう(ははこぐさ)・・・仏体
はこべら・・・繁栄がはびこる
ほとけのざ・・・仏の安座
すずな(かぶ)・・・神を呼ぶ鈴
すずしろ(大根)・・・汚れのない清白
スポンサードリンク

七草の効能

せり・・・貧血、便秘の解消によい。その他、健胃、食欲増進、解熱、利尿、痰の除去などにも効果がある。

なずな・・・止血、消炎、鎮痛、利尿、解熱、下痢止めなどによい。

ごぎょう・・・せきやのどの炎症を鎮める効果があり、風邪予防によい。

はこべら・・・タンパク質、ミネラルなどの栄養が豊富で、古くから薬草として使われた。

ほとけのざ・・・胃の疲労回復や食欲増進、風邪の解熱効果もある。

すずな・・・現在は「かぶ」と呼んでいる。鉄分、カルシウム、ビタミン類が豊富、健胃、そばかす予防、精神安定など。

すずしろ・・・大根のことをさす。消化促進、咳止め、痰の除去、利尿など。

秋にも七草がある?


出典:http://blogs.yahoo.co.jp
食べて無病息災を祈る春の七草に対して、秋の七草は眺めて季節を味わう草花のことです。

七つの草花とは、萩(はぎ)、尾花(おばな=ススキのこと)、葛(くず)、撫子(なでしこ)、女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)、桔梗(ききょう)の七つです。

『秋の野に 咲きたる花を指折(およびお)り かき数ふれば 七草の花』
『萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花』
出典:万葉集

この二つの和歌をご存知でしょうか?

これは山上憶良(やまのうえのおくら)という人が「万葉集」で読んだ和歌です。

この和歌が秋の七草の由来と言われています。

七草粥の簡単レシピ

まずは基本の七草粥の作り方をご紹介します。


出典:https://4yuuu.com/articles/view/664293
【材料】2人分
米・・・0.5合
水・・・6カップ
塩・・・少々
七草セット・・・1パック
【作り方】
①米と水を鍋に入れて30分ほど置きます。
②強火にかけて沸騰したら弱火にしてそのまま30分火にかけます。
③火を止める直前に刻んだ七草を入れ、塩で味をととのえます。

七草粥アレンジ・中華風七草粥


出典:http://www.yutari.jp
【材料】2人分
米・・・0.5合
水・・・6カップ
鶏がらスープの素・・・小さじ2
干し貝柱・・・1個
塩・・・少々
七草セット・・・1パック
トッピング・・・お好みで白ごま、ごま油、ネギ、ゆでた鶏ささみ肉
【作り方】
①米と水を鍋に入れて30分ほど置きます。
②①に鶏がらスープの素と干し貝柱を入れて、強火にかけて沸騰したら弱火にしてそのまま30分火にかけます。
③火を止める直前に刻んだ七草を入れ、塩で味をととのえます。
④お好みのトッピングでいただきます。

七草粥アレンジ・豆乳七草粥


出典:http://erecipe.woman.excite.co.jp
【材料】2人分
米・・・0.5合
水・・・5カップ
絹ごし豆腐・・・1/2丁
豆乳・・・100ml
だし汁・・・100ml
みそ・・・大さじ1
醤油・・・少々
塩・・・少々
七草セット・・・1パック
【作り方】
①米と水を鍋に入れて30分ほど置きます。
②強火にかけて沸騰したら弱火にしてそのまま30分火にかけます。
③②のお粥に、豆乳、だし汁、溶いたみそを加えて沸騰させないように弱火で5分煮る。
④一口大に切った豆腐を加えて2~3分煮たら、火を止める直前に刻んだ七草を入れて、塩と醤油で味をととのえる。

まとめ

健康な一年を願っていただく七草粥ですが、デトックス効果抜群なのでダイエットにもよさそうですね!

少しアレンジを加えるだけでとても食べやすくなりますのでぜひお試しください。

年の初めの節句で、体の大掃除をしましょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る