ワインと料理のマリアージュ!相性のいい組み合わせは?

「マリアージュ」とは、フランス語で“結婚”という意味で、 料理とワインの相性 のことを表す。

ワインは料理によって味が変わり、料理もまたワインによって味が変わります。

この二つの相性が最高にいい状態になると互いに香りや味を高めあう相乗効果が生まれ、ワインと料理がまさに“結婚した状態”となります。

さまざまな組み合わせが可能で、ワインの常識にとらわれずに自分で色々トライしてみて発見するのも面白いですね。

これからご紹介する組み合わせも、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサードリンク

「料理の味付け」とワインのマリアージュ

あっさりした味付けの料理にはさっぱりしたワイン、こってりした味付けの料理にはしっかりした味わいのワインを合わせます。

理由は、どちらかの味が勝ってしまうと、もう一方の味が弱くなってしまうから。

焼き鳥を例に考えてみましょう。

一般に、塩味の焼き鳥には白ワイン、タレのかかった焼き鳥には赤ワインを合せます。
この時、タレの焼き鳥に白ワインを合わせてしまうと、白ワインの風味が消えてしまいます
料理とワインのマリアージュを楽しむには不向きな組み合わせと言えます。

「料理の色」とワインのマリアージュ

料理のソースの色や食材の色、料理全体の色合いを見て、白色に近い料理には白ワインピンク色の料理にはロゼワイン赤色に近い料理には赤ワインを合わせます。

具体的な例をいくつかあげますね。

クリームソース・ホワイトソース→白ワイン

デミグラスソース→赤ワイン

鶏肉→白ワイン

豚肉→ロゼワイン

牛肉→赤ワイン

白身魚→白ワイン

サーモン・海老→ロゼワイン

赤身魚→赤ワイン

以上を見てわかるように、必ずしも「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」というわけではないことが分かりますね。

特に、マグロのトロのお刺身や握り寿司には赤ワインが驚くほどマッチします。何とも言えないまろやかさが広がり、本当に美味しいので、この組み合わせはぜひ試してみてください。

「料理の風味と似た香りのワイン」を合わせるマリアージュ

ハーブを使った料理
ハーブの香りのワインを合わせます。
ハーブのチキンソテーや白身魚の香草焼きには、青草っぽい香りのするソーヴィニヨン・ブラン(白ワイン)を合わせます。

スパイスを使った料理
には、スパイシーな香りのするワインを。
スパイスたっぷりのエスニック料理には、ピリッとスパイシーな風味のある、シラー(赤ワイン)テンプラニーリョ(赤ワイン)ゲヴェルツトラミネール(白ワイン)が合います。

レモンなどの柑橘系をかけた料理
柑橘系の香りのワインを合わせます。
レモンやすだちをかけたカルパッチョには、レモンや柑橘系の香りのする白ワイン全般、またシャンパンも相性がいいです。

「料理と逆の要素を持つワイン」を掛け合わせて味を中和させるマリアージュ

ステーキなどの脂の乗ったこってりした料理
渋みのある赤ワインを合わせます。
肉の脂に渋みを掛け合わせると、渋みが肉のうまみを引き立ててワインの渋みを感じにくくなります

生牡蠣やホタテなどの生の魚介類
酸味のある白ワインを合わせます。
生の牡蠣にはレモンをかけて食べるのが習わしですが、それは生牡蠣の臭みを消すため。ワインにも同じことが言えるんですね。
ワインの酸味で、生牡蠣の臭みを抑えることができます。

韓国料理、四川料理、タイ料理などの辛い料理
ほんのり甘い白ワインをチョイスします。
唐辛子の辛さをワインの甘さで和らげます
エビチリなどの甘辛い料理と同じような感覚ですね。

ワインと組み合わせるのを避けた方がいい食材とは?

ワインと組み合せると、その食材の生臭さを引き立ててしまうものがいくつかあります。

数の子、イクラ、タラコ、キャビアなどの魚卵

塩辛

アンチョビ

チャンジャ

などが挙げられます。

これらの食材をそのままワインと合わせてしまうと、生臭さがワインの風味を消してしまう上に、その後のお食事にも影響が出ますね。

ちょっとひと手間かけると生臭さが消え、ワインと合わせても美味しくいただくことができますよ。

スポンサードリンク

アンチョビ・・・レモンやライムをかける。
魚卵系・・・生の玉ねぎやパセリ青じそなどで臭みを消す。
チャンジャ・・・クリームチーズで和える。
塩辛、タラコ、キャビア、イクラ・・・クラッカーやフランスパンにサワークリームを塗り、その上に乗せる。

おうちごはんに合わせたいおすすめワインは?

ワインには高価なものから、普段使いできる低価格のものまでさまざまです。

安くて美味しいワインを見つけたら、おうちごはんと合わせてワインとのマリアージュを楽しみましょう。

【赤ワイン編】

肉じゃが
甘い味付けとホクホクしたじゃがいもは、渋みの少ないワインが合います。味付けに使う醤油はピノ・ノワールと非常に相性がいいです。また、煮込んだじゃがもやにんじんの甘みがピノ・ノワールの酸味を穏やかにしてくれます。

おすすめワイン:ローソンズ・ドライ・ヒルズ(ピノ・ノワール100%)

トマト系パスタ
トマトの酸味には、同じく少し酸味のあるサンジョベーゼが合います。トマトソースのフレッシュ感は軽めのワインと相性が良いのです。

おすすめワイン:サンゲルヴァジオ・キャンティ(サンジョベーゼ100%)

豚のしょうが焼き
醤油とピリッとスパイシーさを感じるしょうがの入った甘辛いタレが、ほのかに甘くスパイスを感じるピノ・ノワールとよく合い、お互いの良さを引き立てます。味わいが似たもの同士の組み合わせ。醤油はピノ・ノワールと非常に相性がいいのです。

おすすめワイン:ヴィントナーズ・リザーヴ・ピノ・ノワール(ピノ・ノワール100%)

ハンバーグ
ハンバーグの肉汁の脂は濃厚な赤ワインでさっぱりといただけます。果実とスパイスたっぷりのソースには、濃厚で果実味あふれるまろやかなワインをチョイス。

おすすめワイン:バッサ・ヴァレー・ワイナリー“エニーラ”(メルロー55%、シラー21%、プティヴェルド15%、カベルネ・ソーヴィニヨン9%)

酢豚
酸っぱい酢豚にはパインなどの甘い果実が合うように、甘味と酸味を併せ持った、ジューシーで果実味のあるワインが合います。また、酢豚はとろみのある料理なので、ちょっとスパイシーなガルナッチャやテンプラニーリョがいいアクセントになります。

おすすめワイン:ビエンベビード“セルド”(テンプラニーリョ35%、ガルナッチャ60%、ビウラ5%)

【白ワイン編】

焼き魚
焼き魚にすだちやレモンをかけると味が引き立ちますね。同じ感覚でワインも選びましょう。シンプルな味わいの焼き魚には、爽やかでキリッとした酸味のある柑橘系のワインが合います。

おすすめワイン:プイィ・フュメ・レ・グリオット・ドミニク・グイヨ(ソーヴィニヨンブラン100%)

カレー
カレーなどのスパイスの刺激を感じる食べ物には、少し甘めのワインが合います。少し甘めのコクのあるワインが香辛料の辛さを和らげるとともに、スパイスの風味を引き立てます。

おすすめワイン:マラート・リースリング・グートヴァイガー・ベルグ(リースリング100%)

クリーム系パスタ
まろやかでコクのあるクリームソースは、香りが高くコクのある白ワインとと相性がいいので、酸味の少ないクリーミーなシャルドネが合います。

おすすめワイン:エナーテ・シャルドネ・フェルメンタード・エン・バリッカ(シャルドネ)

【スパークリングワイン編】

餃子
火を通して甘味のでたにんにく、ニラなどの香味野菜のアクセントを、ロゼワインの果実味が引き立てます。ほんのりとしたロゼのコクは餃子と相性抜群。シュワシュワとした泡が、餃子の脂やにんにくのクセを中和してくれます。

おすすめワイン:プロジェクト・クワトロ・カヴァ・ロゼ(ロゼスパークリングワイン)

鶏のから揚げ
揚げ物にはシュワっとした泡ものが相性抜群。唐揚げの脂を辛口のスパークリングワインがすっきりとさせてくれます。

おすすめワイン:ヴォガ・イタリア・スパークリング(シャルドネ80%、ピノ・グリージョ20%)

まとめ

今回ご紹介したワインと料理の組み合わせは、ひとつの目安ですので、ご自分で色々試して好きな組み合わせを見つけてみてくださいね。

奥が深~いワインと料理のマリアージュを楽しみましょう!

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る