知っていますか?お彼岸の常識/伝えたい日本の和行事

お彼岸といえば、春分と秋分の日にお墓参りをするのが習わしです。

お寺では、彼岸会という仏事が行われ、先祖供養が行われます。

「お彼岸とお盆、何が違うの?」

と思われる方も多いのではないでしょうか?

お彼岸に先祖供養が行われるのはなぜなのでしょう?

今回はお彼岸にスポットを当てて解説していきます。

スポンサードリンク

2017年のお彼岸はいつ?二十四節気との関係

2017年のお彼岸は以下の通りです。

春 3月17日~3月23日(春分の日を中日として前後3日間を含む7日間)
秋 9月20日~9月26日(秋分の日を中日として前後3日間を含む7日間)

ところで『お彼岸』とはどういう意味かご存知でしょうか?

仏教では、さまざまな悩みや不安などの煩悩に苦しむ現世を「此岸(しがん)」、苦しみから脱して悟りの境地に至ることを「彼岸」といいます。
彼岸は阿弥陀仏の住む世界であり、先祖の霊の暮らす極楽浄土であると考えられました。

さて、お彼岸の中日である春分と秋分ですが、「二十四節気」と呼ばれる節目のなかの二つの節季です。

日本の昔の暦は、月の巡りを基準にした太陰暦でした。
新月から次の新月までを一か月とする暦です。

しかし太陰暦を用いると、どんどん季節がずれていってしまいます。

それを正すために代わりに用いられるようになったのが、太陽の周りを一周するのを一年とする歴である太陽暦
これは一年を二十四等分にした二十四節気を用います。

二十四節気は中国で考案されました。
日本では江戸時代から使われているそうです。

この二十四節気は、中国の気候をもとにしていますから、当然日本の気候と合わない名称や時季も出てきます。

それを補うために生まれたのが、「土用」「八十八夜」「入梅」「半夏生(はんげしょう)」「二百十日(にひゃくとおか)」などの雑節とよばれる日本独特の季節の区分けです。

これらを全部合わせて出来上がったのが、日本の旧暦、太陰太陽暦なのです。

お彼岸はいつから始まった?

実は、彼岸会は日本独特のものなのです。

仏教の元祖であるインドや中国にはない風習です。

お彼岸の由来については、有力な説が二つあります。

まず一つ目。
むかしの人は、西に極楽浄土があると信じていました。
昼と夜の長さが同じになる春分と秋分の日には、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。
太陽が極楽浄土に一番近い真西に沈む日、むかしの人は先祖を思って供養したのだそうです。
これがお彼岸の始まり、といわれています。

二つ目の説。
昼と夜が同じ長さになるこの日から、冬の寒さは薄らいで春になり、夏の暑さはひいて秋の気配が濃くなります。
『暑さ寒さも彼岸まで』といいますよね。
この時期はちょうど農作業の事始めと収穫の時期にあたり、春は作物の無事を祈り、秋は収穫を祝う神事が行われていたそうです。
農作物の収穫を左右する自然を人々は畏れ敬い、祈りをささげました。
自然や先祖の霊をあがめる心を形にした行事の一つがお彼岸なのです。

お彼岸には「ぼたもち」と「おはぎ」をお供えして食べますね。
この二つはそれぞれ季節の植物にあてた名前です。
漢字にしてみるとそれがよくわかります。

ぼたもち→牡丹餅
おはぎ→御萩

漢字にするとなんだか素敵ですね。

秋は、収穫したばかりの小豆を粒あんにして、春は、冬を越して固くなった小豆をこしあんにしていただきます。
季節を感じる知恵と工夫ですね。

スポンサードリンク

お彼岸のお墓参りの常識とお布施の相場

お彼岸のお墓参りは、7日間のうちならどの日に行ってもOKです。
必ずしも中日に行く必要はありません。

お墓参りには、事前に持ち物を確認してから行きましょう。

○お線香
○ろうそく
○マッチ(ライター)
○お花
○お供え物(お菓子、果物、故人が好きだったもの)
○半紙か無地の紙(お供え物の下に敷く)
○タオル、歯ブラシなどの掃除道具

お墓に到着したら、まずはお墓の掃除から始めます。
雑草が生えていたりゴミが散らばっていては仏さまに申し訳ありませんね。

墓石は水をかけて洗い、彫刻部分などの細かいところは歯ブラシなどでこすります。水で洗い流したら最後にタオルで拭きます。

お供え物は直に置かず、二つ折りにした半紙か無地の紙の上に置きましょう。

水鉢にきれいな水を入れ、花立に長さを揃えたお花をお供えすれば完璧です。

お供え物ですが、食べ物であればお供えして、冥福をお祈りし、近況報告をしたら持ち帰って故人をしのびつついただきましょう。
お花は飾ったままでOKです。

お彼岸の日に、お寺で彼岸会法要をされる方もいるでしょう。
彼岸会は、お寺で行われる合同の法要と、個別で行う法要があります。

法要を執り行う際には、お寺にお礼の気持ちとしてお布施を渡すのが常識です。
方法によって包むお布施の金額が変わってきますので、確認しておきましょう。

お寺で行われる合同の彼岸会の場合は、3000円~10000円

個別で法要を行うときは、30000円~50000円が大体の相場とされています。
この時、自宅にきていただく場合は、別途お車代として3000円~5000円を渡します。

お布施の表書きは「御布施」「お布施」
捧書紙で慶事の際の上包の折り方(たとう折り)で包む方法が最も丁寧です。

たとう折り・たとう包みの折り方

                                           出典:吉田印刷所

もし用意できなければ、市販の白い封筒でも代用できます。ただし、郵便番号記入欄が印刷されていない、まっさらな封筒を選びます。

お布施の渡し方ですが、直接手渡しするのはあまりよくありません
できれば、小さなおぼんなどに乗せて渡すのが良いのですが、準備できない場合は袱紗(ふくさ)で包んで渡します。
渡すときに袱紗を開いて差し出しましょう。袱紗から手で取りだして手渡ししては意味がありません。
ふくさ 金封 袱紗 【七色選】 紫色 ちりめん 慶弔両用 ◆メール便 送料無料 京都 葬儀 法要 数珠 結婚式 弔事 慶事 金封 袱紗 ふくさ 数珠入れ 数珠袋 10P03Dec16

まとめ

昔の人には、「人智のおよばない世界がある」ことを感覚的に知っていて、自然や先祖の霊を崇める心がありました。

謙虚さは人の心豊かにします

もしかしたら、物質的に豊かな現代より、昔の人の方が豊かな人生を送っていたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る