引っ越ししたら挨拶はお早めに!円満なご近所付き合いのために

春は異動の季節。

転勤や転職を機に引越しされるかたも多いと思います。

隣近所との付き合いが薄くなったといわれる昨今ですが、大人のマナーとして引越しの挨拶くらいは最低限しておきたいですね。

お互い顔を知っている方が、何かあったときに助け合えますよね。

今回は引越しの挨拶のマナーについてお話します。

スポンサードリンク

引越しの挨拶は退去の前日までに

引越しの日時が決まったら、いつ頃ご近所の方に挨拶するのがいいのでしょう?

正解は、遅くとも引越しの前日までに挨拶を済ませる、です。

引越し当日は何かとバタバタします。

それに、引越し作業の際に荷物の移動などで騒音がでますので、前日にお詫びしておくといいです

もし、親しくお付き合いしていたご近所の方がいれば、1000円程度の品物を持参して挨拶に伺うとより丁寧です。
この場合は、1週間前くらいには挨拶を済ませておきます。

引越し先の挨拶はどこまですればいい?

引越しの挨拶はどこまでの範囲ですればいいんでしょうか?

マンションに引っ越す場合と、戸建ての場合で対応が違います。

まずはマンションに引っ越した場合

『上下左右と管理人さん』

戸建ての場合

『向こう三軒両隣』

どういうことかというと、お向かいの三軒と左右隣、つまり計五軒ということになりますね。

スポンサードリンク

裏に家がある場合は真裏のお宅にも挨拶をしておいた方がいいでしょう。

以上が基本となりますが、町内会や自治会があれば町内会長や自治会長の家に挨拶をしておくことをおすすめします。

町内会のことなどは、不動産やか隣近所の人に聞いてみましょう。

引越しの挨拶はどんな品物を持っていく?

では、引っ越した先の隣近所への挨拶はいつが言いかというと、引越し当日、遅くとも次の日までに済ませます

もしできることなら荷物の搬入が始まる前に挨拶に伺い、事前に引越しの際の騒音のお詫びを伝えておくと印象がいいですね。

ご近所に挨拶に伺う際は、500円~1000円程度のご挨拶の品を持っていきます。

表書きは「ご挨拶」「引越し御挨拶」などが一般的です。

挨拶には、できるだけ家族全員で伺います。

子供がいる場合は子供も連れて行きます。

お互いにどんな家族構成か分かっていれば安心ですね。

子供がまだ小さい場合や、犬などのペットがいる場合はそのこともあらかじめ説明して、『ご迷惑をお掛けするかもしれませんが』と断っておくと相手の心証がまったく違うので、ご近所トラブルに発展することも少なくなるでしょう

まとめ

人は知らない物事に対して、本能的に恐怖を感じたり、排除しようとするものです。

一言挨拶しておくだけでご近所さんは安心し、必要なときには助けてくれるでしょう。

新居で新生活を気持ちよくスタートさせるためにも、近所の方への挨拶を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る