さっぽろ雪祭り直前!会場周辺でグルメを楽しもう!おすすめランチとディナー

毎年多くの人が訪れる『さっぽろ雪祭り』。

海外の観光客の方も多く、北海道の一大イベントですね!

地元民の私は雪は見慣れていますが、やっぱり雪祭りの雪像を見るとテンションあがります。

さっぽろは美味しいものがたくさんあることでも有名。

せっかくなので、雪祭りだけでなく札幌グルメも堪能して帰ってくださいね!

スポンサードリンク

さっぽろ雪祭り会場周辺でグルメを楽しみたいなら

2017年のさっぽろ雪祭り開催時期は、

大通会場・すすきの会場:2月6日(日)~2月12日(日)
つどーむ会場:2月1日(水)~2月12日(日)

場所は、つどーむ会場だけがかなり離れた場所にあります。

つどーむ会場は他の会場と違って『雪とふれあう』をコンセプトに、巨体滑り台や、雪で遊ぶアトラクションがたくさん用意されています。

地元民も親子で出かける方が多くいます。

大通会場とすすきの会場は距離が近く、歩いても10分もかかりません。

また、札で一番の繁華街のため、飲食店が多く、『札幌名物』はこの近辺で食べることができます。

今回は、行きやすい大通・すすきの会場周辺のグルメをご紹介します。

さっぽろ雪祭り会場周辺おすすめランチ

札幌といえば、スープカレーでしょう。

大通・すすきのは特にスープカレー屋さんが集まっています。

私もスープカレーが大好きで、いろんなお店に行ってます。

週に1回は食べてますね~

スープカレーの味ですが、お店によってかなり、というかぜんぜん違います。

こってり系、あっさり系、薬膳系などさまざまです。

好みが分かれるところなので、どれがいいとははっきり言えないのですが、私が今まで行って美味しかったお店をいくつか紹介しますね。

【カリー・ディ・サヴォイ】
こちらは大通に近いスープカレー屋さんです。
私の中でイチオシのスープカレー屋さん!
スープはあっさり系で、スパイスの配合がちょっぴり薬膳っぽいです。
女性は大好きな味だと思います。
あっさり系とは言っても、スープのコクと深みは他の店にはないくらいのうまみが凝縮されています。

私のおすすめは野菜のスープカレー!
野菜がこれでもかというくらいたっぷり入っています。しかも野菜の切り方がかなり大きめ。
ここの野菜の量は、どの店よりも多いと思います。
ご飯が、白米と玄米を選べるのもポイント高いですね。
ぜひおなかを空かせて行ってみて下さい。

%e3%82%b5%e3%83%9c%e3%82%a4
 お店の詳細はコチラ

【スープカリー スアゲプラス本店】
こちらはすすきのにある“ノルベサ”というビルの向かいにあります。
屋上に観覧車のあるビルなのですぐに見つけられると思います。

スポンサードリンク

スアゲのスープカレーは、こってり系のスープです。
中に入っている野菜などの具材が素揚げされているのが特徴。
油で揚げているので脂っこいかといえば、そうでもないです。
結構前に通っていたので、今もあるかどうかは分かりませんが、“イカスミスープ”なるものがあり、私のお気に入りでした。
ノーマルスープももちろん美味しいです。
店内が結構広々しているので、家族連れでも窮屈じゃないと思います。

%e3%82%b9%e3%82%a2%e3%82%b2
 お店の詳細はコチラ

さっぽろ雪祭り会場周辺おすすめディナー

やっぱり札幌にきたら海鮮は食べておきたいですよね!

【はちきょう】
はちきょうの名物料理は、「つっこ飯」と呼ばれる特盛りいくら丼!
「ストップ!」というまで、お店の人がいくらをよそってくれます。
ただ、欲張りすぎて残してしまった場合はペナルティがあるのでご注意を。

いくら以外にも、“これぞ北海道!”というメニューがそろっています。
観光客に非常に人気があるお店なので、予約をしていくといいでしょう。

12940696_1605854463073310_75438545_n
 お店の詳細はコチラ

【炙屋(あぶりや)】
すすきのの“ラフィラ”というビルの近くにあります。
地下鉄すすきの駅のすぐ近くです。
炙屋は、お店の雰囲気がとても落ち着いていて、デートにも使えるお店。
炙屋と聞くと、焼き鳥屋さんみたいなイメージですが、メニューは豊富で、一品料理が美味しいです。
お寿司もあります。
私も、落ち着いて食事したいときによく使います。

3211195
お店の詳細はコチラ

まとめ

札幌のランチとディナー、特にお勧めのお店をご紹介しました。

ここに行けばハズレはないはず!

ぜひ行ってみて下さいね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る