彼の誕生日をお家でお祝いしましょう!作ってあげたい料理とサプライズ

今年の彼の誕生日、どうしよう・・・

毎年悩みますよね。

素敵なレストランで美味しいディナーもいいですが、たまにはお家でまったりお祝いするのはどうでしょう?

手料理でもてなしてあげれば、彼が感動すること間違いなしですよ!

スポンサードリンク

彼の誕生日をお家でお祝いしましょう

私を含めてですが、女性って、誕生日とか特別な日は『素敵なレストランでディナーして綺麗な夜景を見に行って・・・』というのが理想ですよね。

でも、男性は基本的に面倒くさがりな人が多いですから、『家で彼女とゆっくりお祝いしたいな』と思ってることが多いと思います。

人目を気にしない場所の方が、男性も素直になってくれますしね。

いつもデートは外でするという方は、逆に家でお祝いすることが新鮮で特別感が増すかもしれません。

お部屋の掃除とか、いろいろ気にすることは多いですけど、1年に一回の彼の特別な日ですから、精一杯おもてなしして彼を喜ばせてあげましょう!

お家でお祝いする場合、まずは日程を調整しましょう。

彼の誕生日に向けて準備していたのに、実は『彼は仕事で当日ムリ』となったら、がっかりを通り越して怒りに変わりますね。

誕生日に喧嘩なんて最悪です。(経験ありますが、本当に最悪です・・・)

日程が決まったら、できることなら、当日はお休みをもらって準備をする方が時間の余裕もあるのでいいかもしれません。

料理をしていて時間が迫ってくると、焦って間違えたり、イライラしたりしちゃいますよね。

お休みがとれないのであれば、前日からできることだけでも準備を始めるといいと思います。

お家でお祝いするなら、ぜひ手料理を作ってあげましょう。

料理が得意な方は、レストランのコース料理のように、前菜から始まってメイン、デザートまで用意してあげたら、彼はあなたを見直すでしょう。

料理が得意でないなら、なにか一つでもいいので、手作りのものを用意します。

彼の大好物とか、ケーキとか。

あと他のものはテイクアウトやデリバリーでいいと思いますよ。

大事なのは、『あなたが彼のためになにかしてあげた』ということです。

それから、余裕があれば、なにかサプライズを用意してみましょう。

大げさなものではなく、ちょっとしたことで大丈夫です。

彼の誕生日お家で作る料理は何がいい?

彼に作ってあげる料理ですが、彼の大好物を作れば間違いないですよね。

例えば、カレーが好きな彼氏だったらカレーにしましょう。

シンプルに、『彼が好きそうな料理』を作ってあげましょう。

実際に私が作ってみて、簡単で美味しかったものをご紹介しますね。

【サーモンのとろとろポテト焼き】
手が込んでいるように見えますが、実は簡単。
サーモンの切り身の上にマッシュしたポテトを乗せてオーブンで焼くだけです。
マッシュポテトを作るときに牛乳を多めにすると、焼きあがったときポテトがとろとろで美味しいです。
img_0396
参考にしたレシピはこちら

【ふわふわ煮込みハンバーグ】
普通のハンバーグだと焼き加減が難しかったりしますよね。
煮込みハンバーグなら生焼けの心配がありません。
レシピどおり作れば失敗なし!
img_0395-1
参考にしたレシピはこちら

スポンサードリンク

【まぐろのユッケ】
私は一度軽くあぶったマグロをユッケにしました。
ごはんに乗せてユッケ丼にしても◎
img_0402-1
参考にしたレシピはこちら

【トマトときゅうりのサラダ】
お酢が効いていてさっぱりと食べられるサラダ。
しかも超簡単!
img_0397-1
参考にしたレシピはこちら

特別感を出すなら、ケーキなどのデザートでいつもと違ったものを作るるといいのではないでしょうか。

【寿司ケーキ】
難しそうに見えますが、ケーキの型に順番に具材を重ねていくだけ。
飾りつけは自由にアレンジできるので色んなシーンで使えるお食事系ケーキです。
img_0398
参考にしたレシピはこちら

彼の誕生日にお家でできるサプライズ

せっかく家でお祝いするのですから、家でしかできないことをしてみましょう。

【クラッカー】
ベタなサプライズですが(笑)

レストランだと迷惑になりますが、家なら気兼ねなくならせますね。
こちらのショップに面白いクラッカーがたくさん売っています。

【デジタルフォトフレーム】
携帯で撮った二人の写真をデジタルフォトフレームに保存して、2人で鑑賞します。

ただ写真を眺めるより見ていて楽しめます。

思い出話で盛り上がるし、編集するときも楽しいですよ。

デジタルフォトフレームでなくても、小さなアルバムに写真をコラージュしてもいいと思います。

まとめ

彼の誕生日は彼が主役。

多少気に入らないことが起きても、今日だけはグッと我慢して、後日文句を言うようにしましょうね(笑)

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る