孫の桃の節句のお祝いには何を送る?ベストな時期とお返しの対応について

もうすぐ桃の節句。

初節句を迎えられるお孫さんをお持ちの方は、嬉しい反面、悩みも多いのではないでしょうか?

一昔前までは、雛人形を送るのが普通でしたが、現在の住宅事情などもあり、何を送っていいのか悩みどころかもしれませんね。

桃の節句は、大事な娘に災いが降りかからないように、人生の幸福が得られるようにという気持ちをこめてお祝いする特別な日です。

悩みは早く解決して、お孫さんの大切なお祝いの日に備えましょう。

スポンサードリンク

孫の桃の節句お祝いには何を送る?

孫の初節句の場合、母親側の実家から女の子でしたら雛人形を送るのが一般的でした。

しかし、最近では部屋が狭いなどの住宅事情や、組み立てるのが面倒という理由から、7段飾りのような、広い場所と手間を必要とする雛人形はあまり喜ばれない傾向があります。

私が子供のころは、特に広くもないアパート住まいでしたが、桃の節句の時期になると7段の立派な雛人形がデカデカと飾られていました。

実際、結構邪魔で、雛人形を飾っている一部屋は使用不能になります。

しかも、夜がめちゃくちゃコワい!(笑)

みんなこっち見てるし・・・
正直大人でもちょっと不気味ですよね。

それから、組み立てに時間がかかるのも、現代の生活スタイルにはマッチしないかもしれません。

いざ組み立てようとすると、“女雛の持っている扇みたいのがない!”とか、“三人官女って誰が何持ってるんだったっけ?”なんていう感じで作業が進まない・・・そしてお母さんがイライラするという。

飾り付けを楽しめる家庭ならいいですが、私の家は毎年こんな感じでした。

私が大人になってからは、雛人形売り場を見ても大きなひな壇に飾る雛人形よりは、雄雛と女雛だけのものや、三段くらいのサイズのもの、それから昔のようなリアルすぎる顔ではなく、かわいらしいお顔の雛人形も人気があるみたいですね。

こちらのお雛様はとてもかわいらしい顔をしていて、素敵だなと思いました。
かわいらしいお雛さまのショップ

最近では、雛人形を送るよりは、現金をお祝いとして贈る家庭が増えていますね。

まだ子供が小さいですから何かと物入りです。

実用性が重視される時代ですから、現金は喜ばれる贈り物でしょう。

桃の節句のお祝いとして贈る金額ですが、祖父母からのお祝いの場合、5~10万円くらいが相場のようです。

雛人形を贈るのでないのならちょっとあげすぎな気もしますが・・・

スポンサードリンク

あとは、娘さんと相談して、必要なものを買ってあげるとか、お孫さんに好きなおもちゃを買ってあげるのもいいですね。

私も子供の頃は、おじいちゃん・おばあちゃんからおもちゃを買ってもらったりケーキを買ってもらったのを覚えています。

子供目線でいうと、やっぱりおもちゃとかの方が嬉しいんですよね(笑)

桃の節句のお祝いを送るベストな時期は?

お祝いに何を送るかにもよりますが、雛人形を贈る場合は時期に注意が必要です。

雛人形は、子供の災厄を身代わりになって引き受けてくれる意味があるので、少なくとも3月3日の一週間以上前から飾るのがよいとされています。

遅くても2月中旬には飾れるように贈るのがベストです。

雛人形以外の、現金やおもちゃなどを贈る場合には、当日までに届くように贈るか、当日家に届ければいいと思います。

お雛様を飾る時期についてはコチラ→2017年ひな祭りにひな人形を飾るのに良いお日柄は?片付け方も!

桃の節句お祝い返しについて

基本的に、初節句のお祝いにお返しは必要ないとされています。

お祝いの席に出席した場合は、そのおもてなしをお返しとします。

当日来られない方からお祝いをいただいた場合は、お礼状と共に日用品やお菓子などの品物を贈るのが普通です。
相場は頂いたお祝いの1/3~半額程度です。

お返しが目的でお祝いを贈る方はいないと思いますが、“お返しは必要ない”と娘さんに伝えても、申し訳ないと思わせてしまうこともあるでしょう。

金額が大きければなおさらですね。

そんなときは、“お祝いの当日に撮った写真をフォトフレームに入れてプレゼントして”と言ってみてはいかがでしょう?

今はデジタルフォトフレームなど、何枚もの写真を保存できるものもありますから、いい記念になりますね。

まとめ

初めてのお孫さんの桃の節句ですから、家族、祖父母、親戚みんなが集まってお祝いすることが、お孫さんにとって一番のプレゼントかもしれません。

写真を残しておけば、大きくなったときに“わたしみんなに愛されて幸せだな~”としみじみ感じると思いますよ。

ひな祭りに役立つ情報をもっと知りたいアナタヘ

雛人形の処分は無料でできる?供養の方法は?神社はどこがいい?
ひな祭りパーティーにおすすめ!子供が好きな料理のレシピを紹介!

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る