節分の豆まきの由来とは?いわしを食べる理由と簡単レシピを紹介

毎年の恒例行事、節分の豆まき。

みなさんはどういう風にやっていますか?

『お父さんが鬼になる』家が多いかもしれませんが、実はそれは正しいやり方ではないことをご存知ですか?

豆まきのマナーを今一度確認して、正しい厄除けをしましょう!

スポンサードリンク

節分の豆まきの由来とマナー

現在では。節分といえば2月の立春をさすのが普通ですが、昔は季節の変わり目を節分としていました。

立春、立夏、立秋、立冬の前日のことです。

これが確立されたのは室町時代あたりと言われ、もともと立春はは旧暦の大晦日であったことから、この日が節分の日として残ったのです。

節分に豆まきをする意味ですが、季節の変わり目には邪気が入りやすいとされていて、新年を迎える前に邪気を払って福を呼び込みたいという願いからきています

豆をぶつけて邪気を払うということでしょう。

この豆まき、「鬼」にぶつけるのが一般的ですね。

なぜ鬼なんでしょう?

「おに」という日本語は「陰(おん)」という字に由来します。

「陰」とは、目に見えない邪気のことをさします。

また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化して「おに」になったという説もあります。

それらの邪気を払うのが豆まきなのですが、「邪気」はもちろん目にみえません。

ですから、払うものが分かりやすいように、鬼のお面をかぶった悪者役の人に豆をぶつける風習が出来たのではないでしょうか。

目にみえるものにぶつけた方が、一生懸命ぶつけようとしますしね。

では、投げるものはなぜ豆なのでしょう?他のものではダメなのでしょうか。

豆は五穀のひとつで、ほかに米も五穀の一つです。

これらの五穀には穀霊が宿るとされ、特に米は神事などでよく用いられてきました。

ではなぜ米ではなく豆なのか。

その理由の一つは、米よりも粒が大きいこと。粒が大きい方がぶつけられたとき痛いですね。

もう一つの理由が、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)という意味からです。

駄洒落みたいですけどね。

また、京都鞍山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げのとおり大豆を鬼の目に投げつけて見事退治したという昔話があり、そこからきているとも言われます。

さて、この豆ですが、「大豆」という指定のほかに、大事なことは「炒り豆」であるということ。

「炒る」が「射る」に通じると考えたんですね。

あえて生の豆を使う人はいないでしょうが、一応ダメな理由を説明します。

生の豆を使った場合、拾い忘れた豆から芽が出ると縁起が悪いとされたんですね。

また、[炒って」いないので、その豆では鬼の目を「射る」ことができないのです。

市販の豆まきの豆を買うと、ほぼもれなく鬼のお面が付いてきます。

『これはつまり誰かが鬼になるということだろう』と、だいたいの家庭で、お父さんが鬼にされてしまうんじゃないでしょうか?

しかし、正しい豆まきのやりかたでは、お父さんは鬼にはなりません

家族で豆まきをする場合は、豆をまいて鬼を払うのは、家長であるお父さんの仕事なのです。

本来の豆まきとはどういう風にやるのでしょう?

まず、豆まきに使う豆を、前の日から神棚にお供えします。

節分当日のになったら豆まき開始。

家の戸を開け、「鬼は外」[福は内」と唱えながら、家の内と外に豆をまきます。

まき終わったら、福が逃げないようにすぐに戸を閉めます

・・・地味ですね。

そして、豆まきの後に、自分の年齢と同じ数の豆を食べます。豆にお茶を注いで福茶にして飲んでもいいそうです。

スポンサードリンク

330061

節分にいわしを食べる理由

節分に豆まきと同じくらいメジャーな風習がもう一つあります。

「やいかがし(焼嗅)」をご存知ですか?

焼いたいわしの頭をひいらぎの枝に刺して、家の前に飾るものです。

かなり変わった見た目をしていますが、それぞれに意味があります。

焼いたいわしのにおいは強いですよね。

鬼はそのにおいが嫌いなんでそうです。

また、ひいらぎを使う理由は、ひいらぎのトゲトゲが鬼の目を刺すとされているから。

鬼の嫌いなものを家の前においておくことで、家に鬼が侵入するのを防ぐ意味があるんですね。

節分に食べたい簡単いわしレシピ

節分にいわしを食べる場合、「焼いて」においを出すことに意味がありますから、調理法は焼く方法にしましょう

いわしの香味焼き

【材料】2人分
いわし…..小さいもの4尾

漬けタレ
酢…..大さじ1
酒…..大さじ1
しょうゆ…..大さじ1/2
みりん…..大さじ1/2

ごま油…..小さじ1/2
しょうが…..5g
唐辛子…..小さじ1/4
炒りゴマ…..小さじ1
きざみネギ…..大さじ1/2
小麦粉…..適量

【作り方】
①漬けタレの材料を全部合わせておく。
②いわしは鱗を包丁の背でとる。頭とはらわたをとって水洗いする。これを①の漬けタレに10分漬け込む。
③いわしを漬けタレから出して水気をとり、小麦粉をはたく。(漬けタレは後で使うのでとっておく)
④フライパンにごま油を入れて熱し、弱めの中火でいわしを焼く。
⑤焼き色がついたら裏返す。
⑥焼いている間にしょうがとネギをみじん切りにしておく。
⑦いわしの両面が焼けたら、漬けタレを入れて蓋をする。煮汁が半分になったらしょうが、唐辛子、炒りゴマを入れて煮汁がほとんどなくなるまで煮る。
⑧煮汁がほんの少し残るくらいになったら出来上がり。器に盛ってネギをちらす。

483537

いわしのカレー焼き

【材料】2人分
いわし…..4尾
カレー粉…..大さじ1/2
オリーブ油…..大さじ2
塩…..小さじ1/2
小麦粉…..適量

【作り方】
①いわしは鱗を包丁の背でとる。頭とはらわたをとり、水洗いする。水気をとったら頭の方から中骨にそってしごきながら身を開き、中骨を取り除く。腹骨は包丁でそぐようにしてとる。
②①のいわしに、カレー粉と塩小さじ1/2をふって、小麦粉を薄くまぶす。
③フライパンにオリーブ油を入れて熱し、いわしの身のほうを下にして1~2分中火で焼く。
③焼き色がついたら裏返し同様に焼く。
④両面焼けたら器に盛り付けてできあがり。

まとめ

時代の流れとともに風習が変わっていくのは仕方がないですが、やっぱりもとの意味は理解したうえで伝統行事を行ったほうがご利益があるのではと思います。

お子さんに聞かれたときに答えられないとちょっと気まずいですしね。

知識として覚えておいて損はないんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る