札幌発!小樽日帰り一人旅おすすめ見学スポットと体験スポットをご紹介

観光地で有名な小樽ですあg、札幌からJRで快速に乗れば40分くらいでついてしまいます。

レトロな街並みを歩いていると、癒される感じがして、たまに行きたくなります。

今まで一人では行ったことがなかったのですが、今回初めて一人旅をしてきました。

一人で行っても楽しめるスポットを紹介します!

スポンサードリンク

札幌発!小樽日帰り一人旅

札幌から小樽までの公共交通機関は、JRかバスがあります。

私は運転が苦手なので、レンタカーは選択肢に入れませんでした。

今回はJRで移動しました。

小樽までの運賃は片道620円です。

JRで注意したいのは、快速と普通列車では到着までの時間に結構差があることです。

快速には二つあって、「快速エアポート」「区間快速いしかりライナー」があります。

目的の小樽駅まで、快速エアポートは32分区間快速いしかりライナーは39分かかります。

普通列車だと、46分かかってしまいます。

小樽までのJRは線路が海沿いなので、晴れた日はとても海がきれいに見えますから、時間がある方は普通列車でゆったり景色を楽しむのもいいと思います。

行きは、進行方向を向いて右手の席に座ると海が目の前に見えますよ。

もう一つの公共機関はバスですが、こちらは運賃は片道610円でJRよりもちょっと安いですが、時間が長いです。

だいたい1時間以上を見てください。

小樽観光の移動手段としては、徒歩、小樽市内線バス、レンタカーがあります。

予約が必要ですが、小樽の観光名所を回ってくれる観光バスもあります。

あと、面白い移動手段として、観光人力車もあります。

観光シーズンいなると、車夫さんがそこらじゅうの路上に立っているので、すぐに乗れますよ。

結構勇気がいりますが(笑)

今回紹介するのは、徒歩で移動できる範囲の場所です。

小樽日帰り旅おすすめ見学スポット

小樽にはたくさん見るところがあって、行きたいところを制覇しようと思ったら丸1日かかると思います。

おみやげ屋さんの多くは夕方5~6時には閉まってしまうので、朝早い時間から行動したほうがいいでしょう。

では、私が実際に行ったおすすめスポットをご紹介します。

【手宮線跡地】

小樽駅からは正面にある「中央通り」を海に向かって歩き、10分くらいで到着します。

小樽駅の観光案内所でパンフレットをもらうと迷わず行けますね。

携帯にマップをダウンロードできるサイトもあります。

廃止直前は貨物線だった手宮線の跡地で、遊歩道になっています。小樽美術館のところまで歩いてくると、線路も残っています。また「色内駅(いろないえき)」の駅舎があります。この駅舎は、2011年に復元されたもので、現在は休憩所になっています。

img_0314-2

【市立小樽文学館】

先ほど紹介した手宮線の横に建っています。

小樽駅から徒歩10分くらい。

旧郵政省小樽貯金局の建物を利用しているそうです。

美術館が併設されていて、文学館、美術館に入るには料金がかかります。

文学館のみの場合は300円、両方見る場合は500円です。

1階と2階には一般の人が描いた絵が飾られています。

ここは無料で誰でも入ることができます。

イベントスペースのようなところがあって、私が行ったときは盆栽の展示会をやってました。

あまり興味なかったんですが、おじいさんに「見ていってね!」と言われて見に行ってしまいました(笑)

思ったよりもたくさんの絵が飾られていて見ごたえがありました。

『○○賞受賞作』と書かれた絵も多数飾られていました。

3階は文学館になっています。

石川啄木、小林多喜二、伊藤整など多数の原稿、文学誌などが展示されています。

面白かったのは、いろいろな作家を、オリジナルのフィギュア付きで紹介しているコーナーです。

紹介文に書かれている内容もとてもわかりやすく、楽しませてくれます。

全部じっくり見ようと思ったら半日くらい潰せそうです。

824a

 

〔住所〕北海道小樽市色内1-9-5
〔電話〕0134-34-0035
〔営業時間〕9:30~17:00
【水天宮】

ここは徒歩で行くとちょっと遠いのですが・・・

景色がよく、人もあまりいないので一人で景色を楽しみたいならおすすめの場所です。

小樽駅から20分くらいかかるでしょうか。

スポンサードリンク

img_0321

しかも途中急な坂も多いので、覚悟がある方だけどうぞ(笑)

水天宮は本殿、拝殿が小樽市指定歴史的建造物に指定されているそうです。

6月にはお祭りが開催されるそうですよ。

img_0318

写真、もうちょっと近くで撮ればよかったかな(笑)

〔住所〕北海道小樽市相生町3番1号
〔電話番号〕0134-22-3495

小樽日帰り旅おすすめ体験スポット

小樽には、ただ見るだけではなく、体験できるスポットもたくさんあります。
【大正硝子館のトンボ玉館】
今回私が体験したのが、『トンボ玉作り体験』。

体験できる場所は何軒かあります。

私が行ったのは「大正硝子館のトンボ玉館」です。

トンボ玉作り体験は予約は必要ないです。

その場で受付して、すぐに体験できます。

ただ、混雑している場合は多少待つかもしれません。

トンボ玉の色と、模様を選んだら、作成開始。

作成には、お店の方が丁寧に教えてくれるので、その通りにやれば失敗することはないでしょう。

15分程度で出来上がりますが、トンボ玉が冷えるまでに50分灰の中で冷まさなければいけません。

でも、その間は店で待っていなくてもよく、後で受け取りに来ます

小樽に宿泊するのであれば、次の日に取りに行ってもよいそうです。

どのサイズを作るかにもよりますが、今回私が作ったトンボ玉は1個1500円で出来ました。

そこのお店でブレスレットなどに加工することもできますが、私は全部石のブレスレットにしたかったので、別のパワーストーンのお店に行って加工してもらいました。

img_0391

そのお店では、このように加工することはできないと言われましたので・・・

ちなみに、作ったトンボ玉はピンクとブルーの玉です。

ただのガラス玉なんですが、自分で作った玉で作ったブレスレットは思い出になりますし、とってもお気に入りです!

〔住所〕小樽市色内 1-1-6
〔電話番号〕0134-32-5101
〔営業時間〕9:00~19:00
【蕎麦屋 藪半】

こちらは体験というより、お食事なんですが(笑)

小樽でお寿司は普通すぎるかなと思い、評判のよさそうなお蕎麦屋さんへ行きました。

中は広く、雰囲気も落ち着いていてとても居心地がいいです。

せっかくなのでコース料理を頂きました。

いくつか種類がありますが、私が頼んだのは『若女将おすすめセット』(2,700円)です。

板わさ、焼海苔、揚げ浸し、そばもやし、地物せいろ、柚子シャーベットがセットになっています。

img_0325
そばもやしがめっちゃ美味しかったです。

他にもかき揚げがついたものやお肉を焼いたものがついているセットもありました。

周りのお客さんもおひとりさまが多く、一人でも入りやすいですよ

〔住所〕北海道小樽市 稲穂2-19-14
〔電話番号〕0134-33-1212
〔営業時間〕11:00~16:00 16:30~20:30

まとめ

近場ですが、一人旅ってなかなかいいものですね。

特に予定も立てずに思い付きで行ったのですが、とても楽しめました。

みなさんもいかかでしょうか?

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る