陰陽五行と食事の対応

「望診法」は、マクロビオティックのベースとなっている理論で、これは中国から古くから伝わる「陰陽五行」が基になっています。

この「望診法」によって、健康状態を顔や体で判断できます。

今自分の体がどんな状態か、何を欲しているのか理解できれば体調不良などのトラブルとは無縁となります。

内臓の不調を治して体の中からきれいになりましょう。

スポンサードリンク

マクロビオティックの望診法とは?陰陽五行との関係

陰陽五行は、中国で誕生しました。

『陰陽思想』『五行思想』の二つが結びついて生まれたものです。

まず陰陽思想の考え方を説明します。

私たちが生きる自然界のあらゆるものは、陰と陽によって絶え間なく生成と消滅を繰り返しています。

陰と陽はそれぞれ別のものではなくて、互いに補い合うものです

コインの表と裏、男と女、光と闇の関係と同じような関係といえばわかりやすいでしょうか。

これをさらに進めて、
一年を木(春)・火(夏)・土(晩夏)・金(秋)・水(冬)に分け、そこに臓器をあてたのが陰陽五行です。

この陰陽五行を使うと色や味、感情など体に出るすべてのことがそれぞれ大切な意味を持つことになります。

五行は、一日の流れ、一年の季節、あるいは人の一生など、あらゆる現象を木・火・土・金・水の五つに分類します。

木から火が生まれ、火は土(灰)をつくり、土から金(鉱物)が生まれ、金が水を産み、水は木を養います。

陰と陽だけでは補えないことをこの五行が補足してくれます。

あなたが口にしたものは、あなたの体の一部となります。

ある食べ物の摂取が多ければ、関係する臓器がダメージを受けているサインが現れます。

この法則を理解すれば、病気の予防や美容のトラブルも簡単に解決できますね

自然界と人の体と陰陽五行

陰陽五行では夏と秋の間に土用を入れ、一年のめぐりを五つに分類します。

それぞれどの季節にどの臓器が当てはまるのか詳しく見ていきましょう。

 

 

【春】…….肝臓・胆嚢
春は冬の間じっと息をひそめていた命が芽生える発生の季節です。

春は2月の立春から始まりますが、この日以降初めて吹く南よりの風を「春一番」といいますね。

春は五行の「風」が割り当てられているのはこれが背景にあります。

風の邪気が入ること風邪をひくと言います。

肝臓からのシグナルは、皮膚に「青い色」として現れます

青春という言葉はここからきているんですね。

昔の人は観察眼がすごいですね。

肝臓を助ける味は梅やみかん、酢などの酸味です。

肝臓は「木」に配当されていますが、木を養うのは水(腎)ですから、肝臓のエネルギー不足の時には

塩味や海藻類、貝類などといった鹹味(塩辛い味)食材も肝臓を助けてくれます。

 

 

【夏】…….心臓・小腸
夏は春に芽生えた草木が繁茂する生長の季節で、「暑」に配当されます。

天からの気が最も強い陽気に溢れると、反対に地からは陰の気を持った植物が育ちます。

この季節は体の隅々に血液を配る心臓が最も活発に働く拡散の季節です。

心臓は「火」に配当され、赤い色として現れます。

暑さに焦がされた地は苦みを発生させます。

心臓を補う苦みは野菜ではゴーヤやポーマン、かぶ、おこげなどで、五穀ではひえなどです。

肉などの陽性のエネルギーがたまりすぎた時には酸味や辛みを、

陰性のエネルギーがたまりすぎた時は塩味や海藻などの水に配当される鹹味食材が、火を消す役割をしてくれます。

 

 

【土用】…….胃・膵臓
春は「木」、夏は「火」、秋は「金」、冬は「水」。

スポンサードリンク

では「土」はどこに入るのでしょう?

季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間を「土用」と呼び、ここに入るようになりました。

私たちに一番なじみが深いのは、立秋の前に訪れる夏の土用でしょう。

「土用の丑の日」といって、みなさん鰻を召し上がりますよね。

土用は脾(膵臓)に配当され、湿を好み、黄色として現れます

脾を補養するには、水分をとどめる働きがある甘い味のものをとることです。

自然な甘みのあるはと麦や豆類のほか、米飴のような甘味によって脾は潤います。

エネルギーが足りないと感じるときは、苦味(胃は脾臓と反対に湿気を嫌うので苦みを用いる)を、

豆などの摂取が多すぎる場合は辛味を補います。

 

 

【秋】……肺・大腸
秋は実りの季節。

万物が成熟して実をつける収斂の季節です。

秋は収縮・凝縮の気を持っていて、あらゆるものが集まってくる時期です。

また、澄み切って乾燥した空気は、金を養い、肺が活発に働きます。

肺を養う味は大根、しょうが、ごぼう、こんにゃくなどの辛味です。

辛味は発汗や利尿で体の余分な水分を出してくれるんですね。

色としては白く出ますが、肺の不調や悲しみ、もの思いにふけるなど様々な形で現れます。

肺が弱い人や、結核の患者さんは白い顔をしていると思いませんか?

エネルギーが足りないときは適度に甘味を加え、多すぎるときは苦味を用いて調節します。

 

 

【冬】……腎臓・膀胱
冬は収穫したものを蔵にしまっておく「閉蔵」の季節で、春に芽を出す準備の季節でもあります。

寒ければ寒いほど陰が強くなり、種は強い陽になります。

そして春になって水に触れると爆発的に成長します。

陰陽両極が育つ季節です。

冬は「水」に配当され、腎臓が活発に働きます

腎臓は骨に現れます。

塩気の多い濃い味のものを食べると腰痛が出ます。

色は黒で、腎臓が不調だと、目の下のクマとなって現れます。

また、難聴や中耳炎など、耳にも現れます。

腎を養うのは醤油や味噌のような塩気、昆布、わかめ、のりといった鹹味食材です。

そのほか、イカ、ニシン、カキ、クラゲ、ナマコなども補腎作用があります。なにか症状が出た時に用います。

陰陽五行と食事の対応

食材には陰、陽がありますが、どちらがいいとか悪いとかはありません。

それぞれの特性として、

陰は拡げ、ゆるめ、冷やし、止める働きがあり、

陽は縮め、固くし、温め、動かす働きがあります。

この陰と陽の調和をとるように食材を選びます。

食材そのものの特性だけ考えるのではなく、今の自分の状態も加味して選ぶと効果的です。

具体的に説明します。

行動力のある陽性タイプがトラブルを起こしている場合は、
・陰性食品を取り入れる
・薄味にする
・水分を多くする

逆に行動できない陰性タイプがトラブルを起こしている場合、
・陽性食品をとる
・濃いめの味にする
・水分を控える

自然の食材を用いて行っていくことなので、効果が現れるのはゆっくりです。

しかしそれが習慣になれば、だんだん体がバランスを取り戻してトラブルは解消されていきます。

まとめ

マクロビオティック「望診法」の基となる「陰陽五行」の考え方をご説明しました。

内臓を季節や色に割り当てたり、面白い考え方ではありますが、納得できるところもたくさんありますね。

私たち人間と自然が一体であるという証拠なのでしょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る