「感じがいい人」のビジネス会話とは?状況別フレーズまとめ!

ビジネスシーンでは、相手に依頼をしたり、断りの言葉を伝えたりする場面で、言い方に迷うことが多くあります。

ストレートに自分の意見を伝えると、相手を不快にしてしま可能性があるので悩みますね。

シーン別に、相手を不快にさせないフレーズをまとめてみました。

スポンサードリンク

否定語は肯定語に言い換える

ビジネスシーンでは、否定語は嫌われます。

たとえわからないことやできないことがあっても、

「わかりません」
「できません」

は使わないようにします。

 
「そんなこと言ってもわからないものはわからない」と思ったかもしれませんが、これらの言葉を言い換えることで全然違う印象を与えることができるのです。

つまり、否定語を肯定語に直すということです。

わからないことやできないことはどう言ったらいいかというと、

「わかりかねます」
「いたしかねます」

となります。

否定的な意味のことも、肯定語に直せばすこし柔らかくなりますね。

 
具体的な例を以下に挙げます。

「〇〇さんいらっしゃいますか」と電話がかかて来た場合。

NGな答えは「いません」。

これだけ言われると、なんだか冷たい感じがします。

この場合、「○○はただいま席を外しております」というのがいいでしょう。

「いません」だけでは、席を外しているだけなのか、会社を休んでいるのか、会社自体にもういないのかわかりませんよね。

「席を外しております」と伝えたうえで、折り返すのか、伝言を預かるのか尋ねます。

相手に正しく状況を伝えることが大切ですね。

断りの言葉を和らげる「あいにく」

相手の依頼を断らなければならないという場合、どう言えば角が立たないか悩むところです。

この場合、「あいにく」という言葉を断りの言葉の前に入れてみましょう。

「あいにく、その日は予定がございまして・・・」

という感じですね。

 
「あいにく」と一言付け加えることで、申し訳ないという気持ち加わり、優しい感じになっていますよね。

冷たく響きがちな断りの文句を言う場合は、このテクニックが有効です。

ビジネス会話の万能フレーズとは?

ビジネスシーンでよく使われるフレーズといえば

「恐れ入ります」

でしょう。

このフレーズは幅広いシーンで応用が利く万能フレーズ。

「すみません」の代わりによく使います。

 
その他にも

・ほめられた時の謙遜の言葉として

・相手へお願いするときのクッション言葉

などで使われます。

依頼の前に入れるクッション言葉

相手に何か頼むとき、単刀直入にお願いするのはぶしつけな印象を与える可能性があります。

そこで、お願いの前にクッション言葉を入れてみましょう。

この場合クッション言葉として効果的なのが、

「差し支えなければ」

という言葉です。

 
お願いの前に「差し支えなければ」と一言添えれば、謙虚な印象がプラスされます。

相手も、ストレートに依頼されるより気持ちよく依頼にこたえてあげようという気持ちになると思います。

スポンサードリンク

相手を不快にさせずに仕事を催促するには?

「締め切り日を過ぎても相手から何の音沙汰もない・・・」

こんな時不安になりますよね。

かといって「早く提出してください」とストレートに言っては角が立ちます。

仕事の催促をしたい時は、

「進捗はいかがでしょうか」

というフレーズがいいでしょう。

 
この言葉は、「仕事はどこまで進んでいますか」という意味ですが、「お仕事は終わりそうですか?」という意味合いも含まれますよね。

あいてを不快にさせないためには、やんわりとしたフレーズで催促しましょう。

相手に恥をかかせない注意の仕方

 人に注意をするとき、最も気を付けなければならないのは、相手に恥をかかせないということ です。

たとえば、飲食が禁止されているスペースで飲食しているお客様を注意するとき

「飲食はやめてください」

と注意したらどうでしょう?

注意されたほうは、自分が悪かったと頭でわかってはいても、素直に申し訳ないなとは思えないと思います。

注意された恥ずかしさもあり、言われたことに腹を立てる人が多いのではないでしょうか。

 
ではどのように注意したら、相手に素直に伝わるのか?

このような場合は、

「飲食はご遠慮いただけますでしょうか」

と、なるべく丁寧な言葉で伝えます

丁寧な言葉を使われると、相手は自分が尊重されているような気分になります。

そうすると、注意されたことに対して素直に申し訳ないなと思えるのが人間なんですね。

人に注意するときこそ、相手に気遣う言い方をする必要があります。

言いにくいことには「恐縮です」を添えて

たとえば、上司に書類を確認してもらいたい場合、どのように言っていますか?

「確認お願いします」

というのは、間違いではありません。

が、もう一言添えてほしいです。

 
お願いするときに

「お忙しいところ恐縮ですが」

と付け加えると、より謙虚な印象になります。

この「恐縮です」は、ほめられた時に使うと好印象を与えることができるので便利です。

「おかげさまで」で敬意をこめる

「おかげさまで」という言葉は、相手から恩恵を受けたお礼の意味で使われます。

ビジネスでこの言葉を応用すると、一人で成し遂げた仕事に対してほめられた時、

「ありがとうございます。おかげさまでうまくいきました」

というように使います。

「おかげさまで」という言葉が、謙遜を表すだけでなく、相手への敬意も含んでいますね。

常に相手のことを気遣って会話をすることで、感じがいいという印象を与えることができます。

「感じがいい人」のビジネス会話とは?状況別フレーズ!のまとめ

感じがいい人というのは、自然に相手を気遣うことができる人です。

言葉に関しては、「自分がこういわれたらどうだろう?」

と考えてみると、わかりやすいかもしれませんね。

相手にいい印象を持ってもらうことは、ビジネスを円滑に進める上でとても有利です。

ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも感じのいい人は好かれますから、覚えておいて損はないと思います。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る