ご近所付き合いのマナーと常識!コツを覚えてトラブルを回避!

テレビのニュースなどで話題になったりすることが多い「ご近所トラブル」。

ほっと落ち着ける場所であるはずの我が家が、ご近所トラブルによって一変して苦痛を感じる空間になってしまいます。

また、一度ご近所とトラブルを起こしてしまうと、すぐには解決しないもの。

持ち家であれば引っ越すということも簡単ではなく、長い間頭を悩ませることになります。

ご近所とうまく付き合うには、できるだけトラブルを起こさないように気を付けることが大切です。

スポンサードリンク

ゴミの収集日・時間は厳守!

ご近所でトラブルになりやすいのが、ゴミ出しについての問題です。

収集日や時間を守るのは、当然と言えば当然なのですが、「朝出し忘れるのが心配」「朝は忙しいから夜のうちに出しておこう」などと、ゴミの収集日の前日に出したことがある人は多いのではないでしょうか。

気持ちはわかりますが、カラスに荒らされたり、衛生上よくないのでやめましょう。

 
たとえカラスに荒らされる心配がない環境だとしても、一人がルール違反をすると同じようにルール違反をする人が増えます

こうなると、ゴミ捨て場は無法地帯になってしまいますね。

また、ゴミの出しのルールを守れない理由に、「ゴミ出しのルールがわからないから」ということもあります。

わからない場合は、近所の人に聞くか、聞きづらければ大家さんや管理会社に確認してみましょう。

あいさつ+αで親近感アップ

ご近所の人と顔を合わせたら、あいさつするのは常識ですよね。

顔がわからなくても、同じマンションに住んでいる人にはきちんとあいさつしましょう。

 
ご近所の人にあいさつするとき、注意したいのがそのあいさつの仕方です。

相手に聞こえないような小さな声であいさつしても、それはあいさつしてないのと一緒です。

また、無表情のまま「こんにちは」とかいわれても、怖いですよね。

 あいさつするときは、笑顔ではきはきと、がポイント です。

あいさつされた相手が、あいさつを返したくなるようなあいさつを心がけましょう。

よく顔を合わせる人には一言添える

マンションの同じ棟に住んでいる人であれば、顔を合わせる回数も多くなりますね。

このように、よく顔を合わせる人に対しては、あいさつするときに一言添えると親近感がアップします。

「寒いですね」「いいお天気ですね」「お仕事お疲れさまです」などなど。

スポンサードリンク

一言添えるだけで次の会話にもつながりますし、好印象を持ってもらえます。

喜ばれるおすそわけとは?

実家から果物や名産品が届いたときや、頂き物をもらったとき、「ありがたいけど家では食べきれない」ということがありますよね。

せっかくですから、ご近所の人におすそわけしてみてはどうでしょう。

 
普段気にすることは少ないですが、おすそわけを配るときにも作法があります。

正しくは、おすそわけするものをお盆やお皿などに載せ、ふきんなどを上にかけて持っていきます。

相手に渡すとき、ふきんをはずしてお盆ごと手渡しします。

おすそわけをいただいた側の作法

おすそわけをいただいた場合は、お盆やお皿はきれいに洗ってお返ししましょう。

返すときに、ちょっとしたお菓子などを入れて返すと丁寧です。

このお菓子などのことを「おうつり」といいます

「おうつり」とは、福をうつすという意味で、感謝の気持ちを表す作法となっています。

 
ここで注意点を一つ。

「おうつり」として渡すものは、いただいたものより高価なものはNGです。

いただいたものより高価なものを返すということは、「これ以降はいりません」という断りの意思表示を意味するからです。

「おうつり」は、ほんの気持ち程度のもので大丈夫ですよ。

地域の行事には積極的に参加を

地域で行われる行事には、お祭りや町内会の運動会などがあります。

年に何回かの行事ですが、地域のつながりを得る一番の方法ですね。

自分の住んでいる街にどんな人が住んでいるのか知る機会になりますし、地域のつながりを持っておけばいざというとき助けになるということもあります。

地域の行事には、積極的に参加してみるといいと思います。

ご近所付き合いのマナーと常識!コツを覚えてトラブルを回避のまとめ

最近は、ご近所付き合いが少なくなり、「隣に住んでいるのがどんな人かもわからない」ということも多いです。

実際、面倒だと感じることもありますが、地域の人とつながりを持っておくことは、とても大切。

仲良くなってしまえば、多少のことがあってもトラブルに発展するようなことはあまりないと思います。

もし、ご近所トラブルが起きてしまった場合も、自分だけで判断しようとせずに、町内会や自治会に相談を持ち掛けるようにしましょう。

本人同士でやり取りすると、問題が大きくなりやすいですが、第三者を通すことで丸く収まることが多いようです。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る