ビジネスマナーの身だしなみ【女性編】

ビジネスシーンでの女性の服装も、男性と同様清潔感が大切。

ただ、男性は基本が『スーツ』と決まっていますが、女性の場合制服がなければ必ずしもスーツを着なければいけないわけではないです。

決まっていないからこそ悩むんですよね。

ビジネスシーンにおける女性の服装で、押さえておくべきポイントを紹介します。

スポンサードリンク

落ち着きのある色で統一する

ビジネスシーンの女性の服装は、過度の露出を避けることはもちろん、派手すぎる服装は避けるのがマナー。

どのような色を選べばいいかというと、

・グレー

・ベージュ

・黒

これらの 落ち着きのある色を基調にまとめると間違いがありません。 

 
最近はパンツスーツを着る女性も増えています。

パンツスーツがいけないということはありませんが、パンツスタイルよりもスカートのほうが格が上ということを覚えておきましょう。

正式な場では、パンツよりもスカートが相応しいと言えます。

 
職場で服装が浮かないためには、先輩の服装を参考にするといいでしょう。

ジャケットが必須な会社もあれば、自由な服装でOKな職場もあります。

先輩コーディネートを観察して、自分の服装を考えてみましょう。

また、大切な取引先との打ち合わせが急に入ったときのために、きちんとしてみえるジャケットを会社のロッカーに常備しておくと安心です。

スポンサードリンク

アクセサリーはシンプルなものを

ビジネスシーンでは、アクセサリーはシンプルなものを選ぶのが基本です。

大ふりなもの、ギラギラ光るもの、ジャラジャラ音を立てるようなアクセサリーは、職場では不適切。

小ぶりでシンプルなデザインのものが相応しく、また上品に見えます。

 
付ける箇所にも気を配りましょう。

基本的には、2か所までにするのが上品に見えるコツです。

例えば、指輪とネックレス、ネックレスとピアスなど。

ピアスも、一組だけにとどめておきましょう。

髪型・メイクのポイントは清潔感

髪型は、仕事の邪魔にならないようにまとめるなど、清潔感がある髪型を心がけます。

メイクはナチュラルメイクが基本。

濃すぎるメイクはNGです。

では、薄ければいいのかというとそうではなく、ノーメイクもマナー違反です。

社内ではそれでもいいのかもしれませんが、営業に行くときや仕事関係の食事会では、その場に相応しいメイクをしていくのがマナーです。

ビジネスマナーの身だしなみ【女性編】のまとめ

女性のビジネスシーンの服装は、男性と同様『清潔感』を意識しましょう。

制服がない会社は、男性のスーツのように決まった服装がないので、選ぶのに悩むかもしれませんが、周りの先輩に合わせて服装を選べば大丈夫です。

どうしてもわからなければ、「いつも服装素敵ですね。どこで買ってるんですか?」と先輩に聞いてみるのもいいと思います。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る