ビジネスシーンの身だしなみの基本【男性編】

ビジネスシーンの身だしなみで、相手に与える印象が左右されます。

 最も気をつけなければいけないことは『清潔感』 

ビジネスシーンの身だしなみの基本です。

スポンサードリンク

しわ・汚れは毎日チェック!

シワシワのスーツを着ているというのは、問題外ですが、中に来ているシャツにも気を遣いましょう。

清潔でピシッとしたシャツを身に付けるのは、社会人としての常識。

シャツにしわやよれ、汚れがあると、『だらしない人』のレッテルを貼られるでしょう。

とくに、シャツの襟もと、袖口は汚れやすいので、念入りにチェックします。

 
また、スーツは同じものを続けて着ないようにしましょう。

1日着たスーツは、2日休ませます

清潔感を保つ意味でも、スーツは数着そろえておくのが大人のマナーです。

連日同じスーツを着ていると、劣化が早くなりますから、すぐに買い替えなければならなくなります。

数着そろえておくほうが、経済的にもいいです。

そろえておきたいスーツの色は?

社会人として最初にスーツをそろえる時、どの色にしようか悩むかもしれません。

スーツの色は、

・濃紺

・チャコールグレー

この二色をそろえておくと安心です。

スポンサードリンク

ビジネススーツですから、派手すぎる色を選ぶ人はいないと思いますが、例えば茶色のスーツはカジュアルな印象になりがちです。

社内で着る分には構いませんが、営業や会社訪問の時には向きません。

 
最近は、細身のスーツが流行っていますが、ピッタリしすぎたデザインのスーツは仕事向きとは言えません。

ビジネススーツには、シンプルなデザインを選びます。

 
「黒のスーツが着たい」

という人もいるかもしれませんが、黒は本来フォーマルな場で着るものです。

つまり、黒のスーツは他の色より『格が上』ということになります。

堅い職場では、黒のスーツは役職に就いてから着るのが無難でしょう。

足元もぬかりなくチェック!

靴がボロボロだったり汚れていたりすると、服装がきちんとしていても、台無しです。

高価な靴を履く必要はありませんが、手入れはきちんとしましょう。

営業職など外回りが多い職種の場合はとくに、かかとのすり減りもマメにチェックしましょう。

ビジネスシーンの身だしなみの基本【男性編】のまとめ

ビジネスシーンでの身だしなみは、清潔感が絶対条件。

清潔感がないと、社会人としての資質を疑われてしまいます。

身だしなみをきちんとすると整えることで、『仕事するぞ』という気持ちにもなりますよね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る