相手に気を遣わせないお餞別の金額とは?表書きの書き方はどうする?

転職や退職などで職場を去るときに、開く送別会。

送別会の席では、花束やお餞別を職場全体で送ることが多いですよね。

とくにお餞別は、「どのくらいの金額がいいのだろう?」と悩むところです。

相手に気を遣わせない「いいお餞別」とは、どのようなお餞別でしょう?

スポンサードリンク

相手に気を遣わせないお餞別の金額は?

お餞別の相場は、以下の通りです。

職場全体で贈る場合 1人当たり1,000円~3,000円(全体で1万円~3万円程度)

個人で贈る場合   5,000円~1万円程度

 お餞別は、相手がもらって負担にならないような金額になるよう配慮します。 

 
つまり、高額すぎないお餞別が、相手に気を遣わせないいいお餞別です。

 
お餞別には、現金や商品券を贈る場合が多いですが、旅行券や趣味の物を贈ることもあります。

何を贈るかについては、社風や関係の深さにもよるでしょう。

のしは、品物でも現金でも、「紅白の蝶結び」あるいは「あわじ結び」の水引です。

個人的にお餞別を渡すときのマナー

個人的にお餞別を贈りたい場合もあるでしょう。

例えば、仲人をしてくれた方の栄転や定年退職、とくにお世話になった先輩の転職・退職などです。

スポンサードリンク

 
個人的にお餞別を渡すときに注意したいのは、そっと渡すということ。

基本的に、勤務時間外に社外で渡すのがマナーですが、最後に会う日が会社の場合は、周囲の人に気づかれないように渡しましょう。

用途別お餞別の表書きの書き方

お餞別の表書きは、栄転の場合は「御祝」

定年退職や左遷、リストラなどの場合は「御餞別」とします。

左遷やリストラのお餞別で「祝」をつけるのはNG。相手の傷をえぐるようなものです。

 
お世話になった人へ個人的にお餞別を贈る場合、「寸志」の表書きが良く使われます。

「寸志」は、目上の人が目下の人に現金を贈る場合に使います。

目下の人が目上の人に現金を贈る場合は、表書きは「松の葉」と書きます。

「松の葉」は「寸志」と同じ意味合いなのですが、「松の葉に包むほどほんの少しの」という謙虚な気持ちを表しています。

相手に気を遣わせないお餞別の金額と表書きの書き方のまとめ

いいお餞別とは、相手に気を遣わせないことが基本です。

「終わりよければすべてよし」と言いますから、色々な事情があったとしても最後は気持ちよく送り出してあげたいですね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る