お茶の出し方マナー!お客様に「感じが良い」と思われる方法

会社にいらっしゃったお客様にお茶をお出しするというのは、ビジネスマナーの基本。

お茶出しは、スピードが大切です。

お客様が見えたら、なるべく早くお出しするようにしましょう。

急な来客でも焦らないで対応できるように、正しいお茶の出し方を確認しておくことが大切です。

スポンサードリンク

正しいお茶の入れ方

よくお茶を飲むという人も、「ペットボトルのお茶は飲むけど、わざわざ急須でお茶を入れたりしない」という人は多いかもしれません。

普段お茶を入れる習慣がない人は、急に「お茶を入れて」と言われても、手際よくいれるのは難しいもの。

 
お茶の出し方は、失敗しやすいビジネスマナーでの一つです。

事前に正しいお茶の入れ方を確認して、失敗するリスクを減らしましょう。

 

【日本茶の入れ方】

①茶碗にお湯を入れて温めておきます。(お茶を冷めにくくするためです)

②急須に茶葉を入れ、お湯を入れて1分ほど蒸らします。

③①で茶碗に入れたお湯を捨てます。

④お茶の濃さが均一になるように、少しずつ順番に注いでいきます。

※お茶は、注ぎ始めは薄く、残りが少なくなってくると濃くなります。

ポイント お湯の温度は、煎茶の場合は70度~90度くらいが適温です。番茶であれば、熱湯でも構いません。
煎茶を入れるのに熱湯を入れてしまうと、渋みが出てしまいます。

茶碗と茶托は別にして運ぶ

お茶を運ぶ時は、お盆に茶碗と茶托を別々に載せて運びます

そしてお客様の前に出すときに、お盆の上で茶托に茶碗を載せてお出しします。

 
茶碗に模様が入ってる場合は、ワンポイントの柄であれば、その面がお客様に見えるようにおきましょう。

模様が内側に入ってる場合も同じです。

また、茶托が木製で、木目が見えるデザインの場合、木目がお客様と平行になるように置きます。

コーヒーカップの取っ手はどちらに向ける?

コーヒーや紅茶を出す場合も、カップ、ソーサー、スプーンは別々にお盆に載せて運びます。

コーヒーカップには取っ手がついていますが、この取っ手がお客様の右側に来るように置きましょう。

 
「喫茶店では、コーヒーカップの取っ手は左側をむいているけど・・・」

スポンサードリンク

と思うかもしれません。

喫茶店でこのように置くのは、コーヒーに砂糖やミルクを入れることを想定した置き方です。

砂糖やミルクを入れてスプーンでかき混ぜる時に、右手を使いますよね。

この時「左手で取っ手を押さえる」という手の動きも想定しています。

 
しかし、日本のビジネスシーンでは、ブラックで飲むことを想定しているので、取っ手が右側に来るように置くことが多いのです。

ただし、カップに模様が入っている場合は、その面がお客様の正面に来るように置きましょう。

スプーンは手前に置き、スプーンの柄は右側に来るようにセットします。

お客様へのお茶出しのタイミングは?

お客様へ茶を出すタイミングは、名刺交換をして一通り挨拶が終わるのを見計らって出します。

この時、部屋の中に入って待っているのはNG

お客様と担当者が挨拶を交わしているときに、お客様の目に入る場にいてはいけません。

あなたにその気がなくても、お客様を急かしているような印象を与えてしまいます。

また、担当者が来るまでにお客様をお待たせするような場合は、お客様の分だけ先に出します。

 

【お茶を出すときの手順】

①部屋に入る前にノックします。

②「失礼いたします」と声をかけます。

③お盆をサイドテーブル(なければテーブルの端)に置き、茶托に茶碗を載せて、上座のお客様から順番に出す。

④小声で「失礼しました」と声をかけて、お盆を持って退出します。

テーブルが書類で埋まっているときは?

お茶を出すときは、話の邪魔にならないように小声で一声かけて、お客様の右側にお茶を出します。

この時、机の上に書類が広げられていて、「お茶を置く場所がない!」という場合はちょっと焦りますね。

この場合は、焦らずに「こちらでよろしいですか?」と断って、邪魔にならないような場所に置きましょう。

お茶の出し方マナー!お客様に「感じが良い」と思わる方法のまとめ

お茶出しは、初めての時はとても緊張するものです。

でも、それは先輩たちみんなが通ってきた道。

どんな仕事でも、何回も経験することでうまくなっていきます。

本番で緊張しすぎないために、ポイントを確認しておくといいと思います。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る