和食を食べる姿が美しく見える食器の持ち方は?マナー違反の行動とは?

改まった席での食事会などに参加するときは、

『マナー違反などはないだろうか?奇麗に食事できているだろうか?』

と、気になりますよね。

とくに和食は、箸の持ちかた、器の持ち方など、細かい決まりごとが結構あります。

完璧なマナーを覚えるというのはなかなか難しいですが、ちょっと気を付けるだけで所作を美しく見せることは可能です。

スポンサードリンク

和食を食べる姿が美しく見える食器の持ち方

西洋料理のマナーは、『器を動かさないこと』ですが、和食の場合は器を持ち上げる機会が多いですね。

器を持ち上げる時に、気を付けるポイントがあります。

それは 『両手を使って持ち上げること』 

たったそれだけで、食べる姿が驚くほど美しく見えます。

 
逆に、下品に見えるしぐさは、以下のようなものです。

・器を片手で上からつかんで持ち上げる
・器の縁に手をかけて引きずる

このようなしぐさは、あなたの品格を下げてしまいますよ。

『器を持ち上げてから箸を持つ』順番を守る

『箸を持ってから器を持つ』か『器を持ち上げてから箸を取る』か、普段の食事のしぐさを思い返してみましょう。

『器を持ち上げてから箸を取る』あなたは、美しい食べ方です。
 
『順番なんて気にしてない』という人もいるかもしれません。

しかし、箸と器を持つ順番を守ると、所作が格段に上品に見えるので、ぜひ守ってみてください。
 

 
器を両手で持ち上げてから、片手に移す。
②利き手で箸を手に取る。
③箸先を左手(利き手と逆の手)の薬指と小指の間で支えながら、右手(利き手)を箸に沿って横に滑らせて箸を持ち替える。
 
 ポイントは、器を持ち上げる時は、箸をいったん置くということ。 

『器を両手で持ち上げる』ということを覚えていれば、箸を置くという動作は自然にできるでしょう。

 
別な器に持ち替える時にも、やはり箸を一度置きます。

持っている器を両手で置いて、別な容器を両手で持ち上げ、先ほどと同じように端を持ちます。

手のひら以上の大きさの皿は持ち上げない

和食は、持ち上げて食べる器が多いです。

しかし、焼き魚や大鉢、てんぷらや刺身が盛られた皿は持ち上げません。

そもそも、持ち上げたくても、重たくて片手で持ち上げるのが難しいので、持ち上げようという人は少ないかもしれませんが。

基本的に、手のひらより大きな器は持ち上げません。

お重やどんぶりは例外で、これらの器は持ち上げて食べます。

正しい茶碗の持ち方

茶碗の正しい持ち方は、親指を縁に軽くかけて、残りの4本の指で糸底を支えるのが正解です。
 

出典:http://sansouryu.blog.fc2.com/
 
また、ご飯のお代わりをした際、受け取ってすぐに食べるのははしたない印象を与えます。

スポンサードリンク

つい受け取ってすぐ箸をつけたくなりますが、茶碗を受け取ったらいったん置いてから、再び両手で茶碗を持ち上げます。

和食の器のふたはどうするのが正解?

和食の汁物や蒸し物の器には、ふたがついているのが普通です。

このふたにも、置き方のマナーがあります。

右側にある料理のふたは膳の右側へ、左側にある料理のふたは膳の左側へ置くのが基本。
 
ふたを取るときは、右側のふたは右手で、左側のふたは左手で取ります。

そして反対側の手を添えて、裏返して置きます

ふたを置くときに、内側についたしずくがテーブルやお膳の上に落ちないように注意します。

 
料理を食べ終えたら、ふたを元に戻します。

この時、ふたを裏返したまま器に乗せる人がいますが、裏返して乗せると器の塗りが傷つく恐れがあります。

必ず、元の形に戻す形でふたをしましょう

汁物のふたを簡単に開ける方法

温かい汁物のお椀は、ふたが開きにくい時がありますよね。

これは、湯気で圧力が生じているためで、ふたとお椀に隙間を作ればふたがすんなり開きます

『無理やり開けようとして中身が飛び散ってしまった』という失敗をしたことがあるかもしれませんね。

 
開きにくいふたを簡単に開ける方法があります。

まず、左手でお椀を支えながら、右手でふたの糸底をつまみ、『の』にずらすイメージでゆっくり回します。

こうすることで、ふたとお椀の間に隙間ができ、ふたが簡単に外れます。

 
この方法で開かない場合は、以下のように対処します。

①右手でお椀をしっかり支える。
②左手でお椀の縁を挟むように押して、圧力をかける。

このようにすれば、空気の入る隙間ができます。

この方法で、たいていのふたは開けられるでしょう。

和食で器を扱う時やってはいけないマナー違反とは?

和食を食べる時に、マナー違反の行動をしている人は結構います。

何気なくやってしまっていることは、意識して直しましょう。

食べ終わった食器を重ねるのはマナー違反

『食器を下げる人が片付けやすいように』

と、良かれと思って食べ終わった後の食器を重ねる人がいます。
 
しかし、和食の器というのは、繊細なつくりの器もあり、重ねるだけで傷がついてしまう場合があります。

ですので、食べ終わったあとの食器を重ねるのはマナー違反

とくに、改まった席での会食などは、高価な食器を使っていることがあるので、そのままにしておきましょう。

『そのままにするなんて・・・片付けないのは申し訳ない』と感じるかもしれませんが、それが正式なマナーです。

汁を手で受けるのはマナー違反

もう一つ、よくやりがちなマナー違反の動作があります。

汁が落ちそうな食べ物を口に運ぶ時、左手で受け皿を作るという人はいませんか?

これはマナー違反。
 
では、汁が落ちるままにしておいていいのかというと、そうではありません。

汁が落ちそうなものは、お椀ごと持ち上げて食べます。

大皿に盛られている料理の場合は、小皿やお椀のふたを添えて口に運ぶのが正式なマナーとなります。

和食を食べる姿が美しく見える食器の持ち方は?マナー違反の行動とは?のまとめ

食事をする姿というのは、器や箸を持つしぐさ一つで美しく見えもし、下品に見えもします。

一つ一つの動作に難しいものはありません。

少し気にかけるだけで、食事をする姿が美しくなるなら、やらないのは損。

美しい所作で、愛される大人を目指しましょう。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る