七五三のお祝いにお返しは必要?相場はいくら?いつまでに贈ればいいの?

子供の成長をお祝いし、これからも健やかに育つようにとお祈りする七五三。

親戚や知人からお祝いをいただのはありがたいことです。

しかし、『何をお返ししたらいいのだろう?そもそもお返しは必要なの?』

という疑問が浮かぶかもしれません。

ここでは、七五三のお祝いのお返しに関する、一般的なマナーをご紹介します。

スポンサードリンク

七五三のお祝いにお返しは必要?

マナー上では、七五三のお祝いは、子供のお祝いなのでお返しは不要と言われています。

昔はこれでよかったんです。

というのは、昔は子供の七五三をお祝いするとなると、親戚一同が集まって、みんなでお祝いしたんですね。

お祝いをいただいた家は、お祝いを持ってきてくれた方に、『食事会』という形でお祝いのお返しをしました

 
しかし、最近では、『住んでいる場所が遠い』『家が狭くてたくさんの人を呼べない』など、親戚が集まって七五三をお祝いする家庭は少なくなりました。

そのような背景から、 七五三のお祝いをいただいたら、菓子折りなどのお返しをするというのが、一般的 な考え方のようです。

お祝いをいただいたら、きちんとお礼をするのが礼儀ですから、当然と言えば当然かもしれませんね。

七五三のお祝いのお返し相場はいくら?

七五三のお祝いのお返しは、いただいた金額の半額~三分の一が相場といわれています。

ここで注意したいのは、良かれと思って、半額以上のものを贈るのはやめたほうがいいということです。

基本的に、お返しを期待してお祝いを贈る人はいませんし、明らかに高額なお返しは相手に気を遣わせてしまいます

中には、『何のためにお祝いをあげたんだ』と、不愉快に感じる人もいるそうです。

ということで、お祝いのお返しは、半分を超えないくらいの金額が無難かもしれませんね。

両親には写真を添えて

両親とは、子供の祖父母のことです。

おそらく、一番お祝いの金額が多いのは祖父母からいただくのではないでしょうか。

 
例えば、10万円のお祝いをいただいた場合、5万円のお返しをしなければならないのか?

ということですが、この場合は、半額~三分の一という相場はあまり気にしなくていいと思います。

 
『子供のために役立ててほしい』

という気持ちを尊重するなら、子供に洋服を買ったなら、その服を着た子供の写真。

なにかおもちゃを買ったなら、子供が遊んでいる写真。

習い事を始めたなら、練習している様子の写真。

スポンサードリンク

そういった写真を集めて、フォトアルバムにしてもらう方が、祖父母は喜ぶと思います。

 
『写真を添える』というよりは、『写真メイン』で、好きそうなお菓子を一緒に贈るといいでしょう。

また、後日おいしいレストランで食事会をするのも喜ばれると思います。

1人3000円程度の予算で考えるのが妥当でしょう。

親戚・知人にはお菓子や日用品を

親戚の方や知人からお祝いをいただいた場合は、お菓子や日用品をお返しするのが一般的です。

タオルや石鹸などを贈る人もいますが、お菓子を贈る人が多いようですね。

いただいた金額が大きければ、カタログギフトという選択も良いと思います。

七五三のお祝いのお返しはいつまでにする?

七五三のお祝いのお返しはいつまでにすればいいのか。

これについては、 七五三の参拝が終わったら、なるべく早くお返しする のがマナーです。

できれば当日が理想。

近所に住んでいる親戚や知人には、子供と一緒にお宅に伺ってお返しを手渡しするのがいいでしょう。

 
しかし、相手が遠くに住んでいる場合は難しいですね。

そういう場合でも、遅くても1週間~2週間以内には、相手に届くようにします。

七五三は11月に参拝をする人が多いですから、11月中にはお返しするということになりますね。

 
フォトアルバムを贈りたい場合は、少し時間がかかるかもしれません。

その場合、まずは電話や手紙でお礼をして、『後日写真を贈るね』と言っておくといいでしょう。

 
北海道の七五三はいつやる?神社の予約は必要?

七五三のお返しにつけるのしは?

七五三のお返しには、紅白蝶結びの水引を使います。

表書きは『内祝い』または『七五三内祝い』とします。

下の段には、子供の名前を書きます。

子供の名前の左わきに、小さく年齢を入れる人もいます。

七五三のお祝いにお返しは必要?相場はいくら?いつまでに贈ればいいの?のまとめ

七五三のお祝いのお返しは、以下のポイントを確認しましょう。

・七五三のお祝いには、食事会をしないならお返しをしたほうがいい
・相場はお祝いの金額の半分~三分の一
・のしは『内祝い』名前は子供の名前
・お返しを贈る時期は当日が理想。遅くても1週間~2週間以内に。

 
あまり難しく考えずに、素直に感謝の気持ちを伝えるのがいいと思います。

一つ気を付けるとすれば、『早めにお礼する』という点でしょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る