野菜の農薬を落とす洗い方は?オゾン水で洗うのが最強!

野菜は、皮に豊富な栄養が含まれています。

できれば皮ごと食べるのがいいのですが、

『野菜についている農薬が心配・・・』

『どうやって洗えば、農薬が落とせるのだろう』

という心配もありますね。

だからといって、有機野菜や無農薬野菜は普通の野菜より高価なので、毎日は難しい。

そこで、簡単に野菜の農薬を落とす洗い方を紹介します。

スポンサードリンク
 

野菜についた農薬を落とす洗い方とは?

野菜についている農薬は、水でさっと洗うだけでは完全に落とすことができません

皮をむいてしまえば解決できるわけですが、ニンジンやゴボウなど、皮に高い栄養価を含む野菜は皮ごと食べるほうがいいです。

『では、野菜の皮についた残留農薬を落とす方法はあるのか?』

方法はいくつかあります。

流水で洗う

特別な洗剤などを使わないで洗うのであれば、 流水で30秒間しっかり洗いましょう。 

見た目がきれいに見える、葉物野菜などは、サッと水で流すだけで済ませてしまいがちですが、それでは農薬を落とすことができません。

 
30秒流水でしっかり洗えば、野菜を安心して食べられるレベルまで、残留農薬を落とすことができます。

『水に漬けてしばらく置いておけばいい』

と聞いたことがあるかもしれませんが、この方法では農薬を十分に落とすことができないので、野菜を洗う時は流水です。

野菜専用の洗剤で洗う

野菜の農薬を気にする人が増えたせいか、さまざまな種類の野菜専用の洗剤が販売されています。

洗剤に含まれる成分や効果は、それぞれの洗剤によって違いますが、どれも価格が高い印象がありますね。

 
また、『野菜を洗剤で洗う』ということに抵抗がある人は多いはず。

それに、驚いたことに、これらの洗剤が本当に農薬を落とす効果があるのかという、きちんとした検証はされていないのが実情だそうです。

『本当に落ちるかどうか検証されていない』としたら、『体に悪影響が出ないこと』が保証されているのかどうかも怪しく感じないでしょうか。

野菜専用の洗剤を使うことが悪いとは言いませんが、本当に効果があるのか、体に害がないのか、きちんとした検証をして、基準みたいなものを作る必要があるのではないかと思います。

 

 

重曹水で洗う

普段から、家の掃除に重曹を使うという人は結構いますよね。

私はコーヒーが好きなので、マグカップがすぐ茶色く変色します。

水と一緒に重曹を入れておくと、キレイなるので重宝しています。

 
それから、ケーキを膨らませるために入れる、ベーキングパウダー。

これも重曹ですね。

このことから、重曹は少量であれば、口に入っても体に害はありません。

野菜を洗う場合は、水を張ったボウルに小さじ1程度の重曹を溶かし、その中に野菜を30秒~1分漬け、そのあと流水で洗い流します。

 
実は、この重曹水で野菜を洗う方法も、実際に農薬がどれだけ落ちるのかという確実なデータはないそうです。

スポンサードリンク

ただ、重曹は食べても害がないので、野菜に重曹が少し残っていたとしても問題はないと言えます。

洗剤を使うよりは、危険性が少ないのではないでしょうか。

また、重曹のほうが安く手に入るので、経済的な負担が少ないですね。

 

オゾン水で洗う

オゾン水は、聞きなれない言葉かもしれません。

地球の表面にはオゾン層というものがある、というのは聞いたことがあると思いますが、そのオゾンです。

 
実は、このオゾンは人工的に作ることができます。

『オゾン発生器』『オゾン水生成器』といわれるもので作ることができます。

人工的に作ったオゾンを水に溶かしたものが、オゾン水です。

オゾンには非常に強い酸化作用があり、オゾン水も同様です。

用途は、殺菌や除菌、脱色などさまざまです。

院内感染を防ぐ目的で、オゾン水を採用している病院もあるそうです。

そのほか、ゴルフ場で散布する農薬をオゾン水に変えた例や、オゾン水を吹きかけることで車の消臭ができるということも実証されています。

 
さて、本題ですが、『野菜の農薬はオゾン水で洗えば落とすことができるのか?』

答えは、 『ほぼ完ぺきに野菜の残留農薬を落とすことができます』 

オゾン水は農薬を分解することができるんですね。

実際に、農薬まみれだった農地の地下水を、オゾンで処理することによって真水に戻したという実例があります

オゾン水というのは、ごく少量の濃度で、ほとんどの雑菌やウィルスを死滅させることができます。

『ごく少量』とはどのくらいかというと、1ppm。

つまり、100万分の1=0.0001%ということです。

1ppm以上の濃度のオゾン水であれば、大腸菌やインフルエンザウイルス・ノロウィルスも殺菌できるそうです。

 
『それだけ強力なものなら、オゾン水は危険なのでは?

と思うかもしれませんが、オゾンはとても不安定な物質です。

ですので、オゾン水は、数十分で分解されてただの水に戻ってしまいます

つまり、『殺菌』という仕事が終わったら、自然に無害な水に戻ってくれるという、なんとも都合のいい物質なんです。

赤ちゃんのおもちゃや食器など、塩素などを使いたくないものの殺菌に最適ですね。

 
家庭用のオゾン発生器も売っています。

ちょっと値段が高いのが難点ですが、物の殺菌だけでなく、ニキビやアトピーの殺菌やペットの消臭など、さまざまな活用方法があるので、悩みを解決したい人なら損はしないのではないでしょうか。

 

 

野菜の農薬を落とす洗い方は?オゾン水で洗うのが最強!のまとめ

野菜の農薬を落とす洗い方には、以下のものがあります。

・流水で30秒
・野菜専用の洗剤で洗う
・重曹水で洗う
・オゾン水で洗う

この中で、最も効果があるのがオゾン水です。

ただ、価格が高いという問題もあるので、生活スタイルに合った洗い方を選択すると良いですね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る