柿の皮は果肉より栄養豊富?どうやって食べる?

秋のおいしい果物と言えば、柿。

柿は、おいしいだけでなく栄養も豊富です。

ところで、柿を食べる時、皮をむいて食べますか?それとも皮ごと食べますか?

『皮をむいて食べる』という人は、かなりもったいないことをしています。

柿の皮には、果肉よりもたくさんの栄養素が含まれているんです。

スポンサードリンク
 

柿の皮は果肉より栄養素豊富?

柿に含まれる主な栄養素は、ビタミンC、βーカロテン、タンニン、食物繊維などです。

中でもビタミンCの含有量が多く、柿一個を食べれば、一日分のビタミンCを摂取することができます。

とくに、ビタミンC、β―カロテン、ペクチンと言われる食物繊維は、 柿の果肉より皮に多く含まれます 

 
ビタミンCはシミやシワの改善、美白効果、高い抗酸化作用などの、美容効果が期待できます。

ビタミンCは、干し柿にしてしまうとほとんどなくなってしまうので、ビタミンCを取りたいなら、柿は生のまま食べましょう。

β―カロテンにも高い抗酸化作用があり、ビタミンCと一緒になることで、お互いに効果を高めあいます。

また、ペクチンですが、コレステロールを下げる効果、血糖値を下げる効果、便秘解消の効果が期待できます。

つまり、ダイエットに効果がある栄養素と言えますね。

柿の栄養素についてもっと知りたいアナタヘ>>柿に含まれる栄養素と健康効果とは?皮ごと食べたほうがいい?

 
果物は基本的に、皮のほうが栄養素が高いとされていますが、柿も例外ではありません。

そうはいっても、今まで皮をむいて食べてきた人は、皮ごと食べることに抵抗があるかもしれません。

それなら、むいた柿の皮を別の方法でおいしく食べるのはどうでしょうか。

柿の皮、どうやって食べる?

柿の皮は、保存がきくように、天日干しにしましょう。

天日干しした皮をそのまま食べてもいいですが、正直あまりおいしいものではありません。

 
おすすめなのは、すり鉢やミキサーで粉状にして、ヨーグルトに混ぜたり、クッキーやホットケーキの生地に混ぜること。

こうすれば、食べ物の食感を変えることなく、柿の皮の栄養を取ることができます。

また、もう一つのおすすめは、漬物を付ける時に柿の皮を一緒にれること。

ほんのり甘さがでるので、自然な甘さにしたい時にいいですよ。

柿の皮の農薬を落とす方法は?

『柿の皮が体にいいことはわかったけど、皮についた農薬が心配・・・

という心配がありますよね。

スポンサードリンク

果物や野菜についた農薬を落とす方法に、重曹を使う方法があります。

 
【重曹水で農薬を落とす方法】
①食品用の重曹を用意します。
②ボウルに水を張って、重曹を小さじ1入れて溶かします。
③果物を30秒~1分ほど漬けます。
④ボウルから果物を取り出して、流水で洗い流します。

注意長時間漬けすぎると、果物のビタミンや栄養素が溶け出してしまうので、1分ほどで上げるようにしてください。葉物野菜などは、特に栄養素が抜けやすいので、1分を超えないようにしましょう。
 

 

 
野菜の農薬を落とす洗い方は?オゾン水で洗うのが最強!

柿の皮は果肉より栄養豊富?どうやって食べる?のまとめ

柿の皮には、とてもたくさんの栄養素が含まれます。

せっかくですから、皮ごと食べるか、むいた皮は捨てずに食べてみましょう。

ビタミンCを取ることによって、風邪予防にもなりますから、積極的に摂りたいですね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る