冷え性はダイエットの敵!温活で痩せやすい体になろう

冷え性に悩まされている女性は多いと思います。
基礎体温をつけている型は分かると思いますが、ご自分の普段の体温がどのくらいなのかをご存知ですか?

平均体温が35℃台の場合、〝低体温〟ということになります。
体温が低い状態では、血行が悪くなって体に老廃物が溜まりやすくなり、むくみの原因となります。

また、脂肪燃焼の効率も悪くなるので、結果ダイエットをしても効果がでない….なんてことになるわけです。

日常生活のちょっとしたことを変えるだけでも効果はあります。

今日から温活はじめましょう!

スポンサードリンク

冷え性はダイエットの大敵!

冷えによる血の巡りの悪化は、末端の冷えや代謝の低下を招く原因になります。

例えば、同じ運動をしても、代謝の良い人と悪い人では、消費できるエネルギーに差があらわれます。
当然、代謝が良い人の方がより多くのエネルギーを消費できることになります。

また、同じ食事を摂っても、代謝の低い人はより脂肪をため込みやすくなります。

このように、>体の冷えは痩せにくい身体を作る原因になっているのです。

また、血流の悪化による老廃物の蓄積は、肌にも悪影響を及ぼします。
メラニン色素の蓄積によるシミや、コラーゲンの合成能力低下によるシワ、たるみなどですね。

女性に関していえば、不妊や生理不順の原因になることもあります。

体が冷えるとどうなる?

身体が冷えることによって、具体的にどんな弊害があるのか見ていきましょう。

下半身のむくみ
冷えにより血行が悪くなると、老廃物がうまく流れて行かず、これがむくみの原因となります。
最もむくみやすいのは、心臓から遠いふくらはぎ。
ふくらはぎの別名は「第二の心臓」と言われます。
この部分を鍛えて血液循環をよくすることでむくみは改善されていきます。

便秘
冷え性により、内臓の血液循環が悪くなると、それに伴い腸の働きも悪くなります。
これにより便秘になり、「内臓型冷え性」と呼ばれます。
お腹を触った時に、冷たいと感じる場合は危険信号です。
血液がドロドロになっているサインかもしれません。
この「内臓型冷え性」を改善する方法は、とにかくお腹を温めることです。

ガンができやすくなる?
冷えによる血行不良により、体の各場所に必要な栄養素が行き渡らなくなります。
すると、体に必要なホルモンや酵素が作られなくなってしまいます。
特に遺伝子を修復する酵素、活性酸素を中和する酵素は外から摂取することが出来ないため、すべてからだの中で作られます。
この酵素が一番活発に働く温度は38~40℃と言われています。
体温が低いとこれらの酵素が作られる数が減り、かつその働きが鈍ってしまうので、傷ついた遺伝子を修復できずにやがてはガンになってしまうことも起こり得ます。

スポンサードリンク

温活で痩せやすい体に

体温が1℃上がると、基礎代謝は約12%上がるといわれています。
何もしないでただ寝ているだけで、体温が35.5℃の人と36.5℃の間には、1日約140Kcalもの消費カロリーの差があります。
140Kcalと言えば、ジョギング20分のエネルギー消費量に値します。
毎日ジョギングをすることを考えると、ものすごい差だと追いませんか?

体温を上げることはダイエットにとても効果的であるのはお分かりいただけたと思います。
では、どうしたら体温を上げることができるのでしょうか?

簡単に日常生活に取り入れられる方法をご紹介します。

首をあたためる
首と言えば顔の下についている首を想像されると思いますが、ここで言う〝首〟とは、『首、手首、足首』を指します。
この3つの〝首〟には、以下の共通の特徴があります。
・血液を運ぶ動脈が表面近くににある
・襟や袖、裾の隙間から冷気がはいってくる

なので、これら3つの首をあたためることで体温アップに繋がります。

体をあたためる食べ物を食べる
体をあたためる食材でよく知られるのがしょうが。
お味噌汁にいれたり、ジンジャーティーにして飲むなど、普段の生活に手軽に取り入れられますね。

一般に、根菜類や芋類は体をあたためてくれる食材と言われています。
これからの季節、お鍋にいれたり、あたたかいスープにして食べるとよいでしょう。
そのほか納豆やキムチなどの発酵食品、カレーやとうがらしなどのスパイスもおすすめな食材です。
ポイントはよくかんで食べることです。
よくかむことで内臓脂肪が燃え、体が温まります。

朝食を抜く方もいらっしゃるかもしれませんが、寝起きは体温が最も低い状態です。
朝食を抜いてしまうと、体はずっと冷えたままの状態になってしまいます。
あたたかいスープやミルクだけでもいいので摂ることをおすすめします。

お風呂に入る
特に一人暮らしの方は、湯船に浸からずにシャワーだけで済ませる人が多いようです。
しかしお風呂に入って体をあたためることは血行の促進に繋がりますので、できるだけ入るようにしましょう。

お風呂に入ることのメリットは、
・お湯に浸かることで毛細血管が広がる(温熱効果)
・水圧によって血液やリンパの流れがよくなる(水圧作用)
・浮力によって全身の緊張がほぐれる(浮力作用)

冷え性の改善には、半身浴がおすすめです。39℃くらいのお湯で20分~30分半身浴をします。
また、お湯に岩塩を入れたり、保温効果のあるアロマオイル(ジンジャー、シナモンなど)を入れたりするのもおすすめです。

適度な運動をする
運動不足による血行不良もまた冷えの原因となります。
お風呂上りに軽いストレッチやヨガを行うと血行がよくなります。

とくにヨガは体も心もスッキリするのでおすすめします。

まとめ

なんだか体調が悪い、ダイエットしてるのにイマイチ効果がない…なんて人は、体温が下がってる可能性があります。

今回紹介したものは、簡単に日常生活に取り入れられるものばかりですので、普段の生活から意識して『温活』を試して見てはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. 広告ご担当者 様

    初めまして。
    美人通販の(運営:株式会社モアプラスネット)の広島と申します。

    弊社は様々な美容・健康関連のサプリメントをECで販売している会社ですが、
    この度、新商品「 オーガニックフルーツ青汁 」を発売開始させていただきました。

    商品名:オーガニックフルーツ青汁
    商品詳細URL:http://bijin-tsuhan.jp/aojiru/

    今回、ご連絡させていただきましたのは、
    貴社で展開されているサイトにおいて弊社の商品「 オーガニックフルーツ青汁 」を掲載いただけないかといったご相談となります。

    “オーガニックフルーツ青汁”を簡単にご紹介させて頂きます。

    当商品は「 オーガニック認定の青汁で腸活ダイエット 」というコンセプトのもと販売しています

    本商品のこだわり・素敵なポイントにまとめさせて頂きました。

    ・弊社は元々原料メーカーから発足した通販事業ですので、原料への強いこだわりからオーガニック野菜での開発に至りました。

    ・お客様の中には、信頼性・安全性から野菜嫌いのお子様と一緒に飲んだり、外食が多い旦那さんに持たせている方もいます。
     
    ・腸内を温めることが美容・健康に繋がることから、ホットで飲んで頂くこともお勧めしています。
     
    上記で考えても貴社のメディアに非常に合致しているのではと考えております。

    何より弊社は少人数で展開をしているので、その分、メディア様への成果単価のお支払いも調整しやすくなっております。
    是非とも、掲載をご検討頂きたくご連絡をさせて頂きました。
    提携のASPも主要どころは押さえております。
    ・A8
    ・アフィリエイトB
    ・フェルマ
    ・アクセストレード
    ・リンクA
               etc

    ASPを通してご相談いただく形でも大丈夫ですし、
    個別にご相談いただく形でも大丈夫ですので、是非とも
    掲載等ご検討いただけると幸いです。個別で条件交渉させて
    いただけたらと思います。

    ご査収の程、何卒宜しくお願い致します。

    ———————————–+–
    株式会社モアプラスネット
    広島 範明
    〒113-0034
    東京都文京区湯島3-37-4
    HF湯島ビルディング3F
    Tel:03-3837-0901
    mai;noriaki.hiroshima@qol-lab.com
    -+————————————-

ページ上部へ戻る