正しい箸使いのマナーは?やってはいけないタブーとは?

箸は、日本の食事では当たり前に使うものです。

しかしながら、正しい持ち方、美しい所作ができる人というのは、意外に少ないもの。

『誰も見ていないから・・・』と、ついタブーを犯してしまうこともよくあります。

美しい所作で食事ができる人は、それだけで一目置かれます。

親戚との会食、恋人の両親に会う時、取引先の方との食事会など、さまざまな場面であなたの箸使いは見られています。

スポンサードリンク
 

箸の持ち方は最初が肝心!

箸を持つときは、一番初めの所作が美しいかどうかで、印象が良いか悪いか決まるといってもいいでしょう。

 箸をどちらの手で持ち上げるか、という動作から、箸使いのマナーは始まっています。 

美しい箸の持ち方は、

①箸を右手で持ち上げる。
②左手で下から支えながら、右手を横から滑らせるように持ち替える。

箸をおくときは②→①の動きをします。

ポイント流れるような動きで箸を取るのがポイントです。

正しい箸の割方

割り箸を割るとき、箸をどのように持っていますか?

『割り箸を縦に持って左右に割る』という人は、要注意。

この割り方は、多くの人がする箸の割方ですが、実は割り箸は横に持って上下に割るのが正解

スポンサードリンク

横に箸を持って割れば、隣の人の邪魔になる心配がなく、所作も美しく映ります。
 
また、食べ終わった後の箸はどうしていますか?

むきだしのまま、テーブルに投げ出してあるのは、あまり美しいとは言えません。

食べ終わった後の箸は、箸袋に箸先の三分の一ほどを入れ、箸袋の先を折り返しておきましょう。

こうすると、使用済みの箸先を人の目に触れさせることなく、食べ終わった後もきれいな印象を与えます。

やってはいけない!箸マナーのタブーとは

箸使いのタブーはいくつかあります。

無意識にやってしまうこともあるので、意識して普段から注意しましょう。

ねぶり箸:箸先をなめる

指し箸:箸で人や物を指す

橋渡し:箸と箸で食べ物を渡しあう

迷い箸:箸をウロウロさせる

立て箸:ご飯に箸を立てる

刺し箸:食べ物に箸を突き刺して食べる

涙箸:箸から汁を落とす

寄せ箸:箸で器を引っかけて寄せる

渡し箸:箸置き代わりに器に箸を渡す

 
とくに、渡し箸は無意識にやってしまいがちではないでしょうか。

家でも、箸置きを使うようにするといいかもしれませんね。

正しい箸使いのマナーは?やってはいけないタブーとは?のまとめ

箸使いは、意外と他人に見られているものです。

正しく美しい所作ができる人は、一緒に食事をしていて気持ちがいいものですよね。

マナーとは、人への思いやりの気持ちが大切です。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る