ビジネスメールの宛名CcとBccの違いとは?使い分けのポイントは?

インターネットが当たり前になった昨今、ビジネスシーンでもメールを送る機会が多くなっていますよね。

電話だと、相手が会社にいる時間を気にしたり、席を外していたら再度電話しなければならなかったりと、なにかと面倒なことも多いです。

しかし、メールなら相手の都合のいい時に見てもらえるので、お互いにストレスが少なくなります。

ところで、メールの宛名の欄には、To、Cc、Bccがありますが、この違いとはなんでしょう?

それぞれの機能には、明確な違いがありますので、上手に使い分けましょう。

スポンサードリンク
 

ビジネスメールの宛名To、Cc、Bccの違いとは

ビジネスメールの宛先で、Toはよく使うと思います。

単純に、複数の宛先に送りたい場合はTo欄に宛名を連ねていけばいいですよね。
 
では、Cc欄やBcc欄は、どういうときに使うのかというと、いずれも

『To欄の相手に〇〇というメールを送ったので、確認してください』

という意味を伝えたい時に使います。
 
具体的に説明しますと、To欄に取引先、Cc欄またはBcc欄に上司のアドレスを入れます。

そうすることで、取引先へ送るメールを上司にも確認してもらうという使い方をされることが多いです。

全員にアドレスを知られてもいい時はCc

Ccは、『カーボンコピー』の略。

To欄の宛名に贈るメールと同じものを送りたい相手のアドレスを、Cc欄に入れます。
 
ここで注意したいのが、Cc欄の相手にはTo欄のアドレスが、To欄のアドレスはCc欄のアドレスがわかってしまうことです。

つまり、Cc欄へ入れた人へは、このメールが誰宛てのメールなのかわかるようになっています。

同じように、To欄の相手にも、自分に送られてきたメールがCc欄の相手にも送られているということがわかります。

Bccはこっそりメールを送りたい時に

Bccは、『ブラインドカーボンコピー』の略です。

スポンサードリンク

To欄の相手へのメールには、Bcc欄のアドレスが表示されることはありません。

つまり、To欄の相手は、別な人にも同じメールが送られていることがわかりません。
 
Bcc欄を使う時は、To欄の相手に、他のメール受信者の存在を伏せたい場合に使います

また、Bcc欄のアドレスをTo欄の相手に知らせなくてもよいという場合に使います。

メールの受信者同士に面識がない複数の人に、同じメールを一斉送信したい場合は、Bcc欄を使います。

CcとBccの使い分けのポイント

 Cc欄とBcc欄の使い分けのポイントは、To欄の相手との関係性にあります 

●To欄に入れる相手とCc欄に入れる相手が知り合いの場合・・・Cc欄を使用

●To欄に入れる相手とBcc欄に入れる相手が知り合いでない場合・・・Bcc欄を使用

取引先へのメールを、確認用として上司に送る場合、取引先と上司が面識がある場合はCc欄に、面識がない場合はBcc欄に上司のアドレスを入れるということですね。

メールを受け取ったら返信を

ビジネスシーンでは、誰かからメールを受け取った際、『メールを受け取りました』という返信は、必須事項となっています。

友達から受け取ったメールだと、伝える用件がなければ特に返信は必要ないかもしれません。

しかし、ビジネスシーンにおいては、メールを受け取ったら、他に伝えるべき用件がなくても、『メールを見た』ということを伝えるのが最低限のマナーです。

ビジネスメールの宛名CcとBccの違いとは?使い分けのポイントは?のまとめ

社会人としてメールを扱うようになったら、プライベートのメールならOKでも、ビジネスメールではNGなことがあることを理解する必要があります。

正しく使いこなして、ビジネスに有効活用しましょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る