ハロウィンの飾りつけはいつからいつまで?かぼちゃを飾る意味は?

ハロウィンが近づいてくると、街中もハロウィンの飾りつけが増えてきます。

お店などでは、9月に入ったらハロウィンの飾りつけに切り替えるところが多いようです。

アメリカでも、ハロウィン当日の1か月前には飾り付けを始めるそうです。

日本のハロウィンの場合、一般家庭でハロウィンに関するイベントを何もしないという人も多いですから、特に家の周りの飾りつけは気を遣うところですよね。

ハロウィンの飾りつけをいつからするか、決まりなどはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

ハロウィンの飾りつけはいつからする?

ハロウィンの飾りつけをいつからするのかということですが、明確に『〇月〇日から』という決まりはありません。

一般的には、 「10月中旬頃から飾る」という家庭が多い ようです。
 
「ハロウィン気分を長く楽しみたい」という人は、9月から飾り始める人も

ディズニーランドでは、9月上旬からハロウィンイベントが始まり、ハロウィン限定グッズなども販売されます。

ディズニー好きなら、「早く飾りたくてしょうがない!」となりますね。
 
それから、「お月見が終わったら次はハロウィン」という人も多いです。

また、ハロウィンパーティーなど大々的なことはやらないけど、ちょっとだけハロウィン気分を味わいたいという人は、前日に飾りつけをするという人が多いです。
 
飾る場所は、玄関ドアにハロウィン用のリースを飾ったり、玄関の入り口やリビングにキャンドルやかぼちゃのオブジェを飾るのが一般的ですね。

ハロウィンパーティーを家でやる人は、『クリスマスツリーに、100均で買ってきたハロウィン用の飾りを飾る』という方法はおすすめですよ。

クリスマスツリーが家にある人は、100均で飾りつけを買うだけなので、低コストでゴージャスなハロウィンを楽しめます。

ハロウィンかぼちゃのランタンは、思っている以上に簡単に作れてしまうので、時間がある方は作ってみるのも楽しいです。
 
ハロウィンかぼちゃの作り方!長持ちさせる方法はある?

ハロウィンの飾りつけはいつ片付ける?

ハロウィンの飾りつけは、ほとんどの人が「ハロウィンが終わったらすぐに片付ける」ということです。

10月31日がハロウィンなので、11月1日には片付けるということ。
 
ハロウィンが過ぎたのに、いつまでも飾り付けが残っていると、『だらしない人』という印象を与えてしまうので、あまり長く飾り付けたままにするのは避けたほうがいいですね。

ハロウィンに飾るかぼちゃにどんな意味があるの?

『ハロウィンの飾りつけ』と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、かぼちゃに顔を付けたジャック・オー・ランタンでなないでしょうか。

スポンサードリンク

『ジャック・オー・ランタン』とは、日本語で、吊り下げ式のランプを持っている男という意味です。

以下が、ジャック・オー・ランタンの物語。
 
ジャックというアイルランド人が主人公。

このジャックは、ハロウィンの夜に、悪魔に魂を奪われそうになるところを、逆に悪魔をだますことによってそれを阻止します。

悪魔に、『自分の魂を取らせないように』という約束をさせるんですね。

この他にも、ジャックは生きている間に悪いことばかりしていたそうです。

その後、年を取って死んでしまったジャック。

さて、天国か地獄かどちらへ行くか。

悪いことばかりしてきたジャックには、当然地獄に行く道しかありません。

仕方なく地獄へ向かったジャックですが、そこには『自分の魂を取らせないように』約束させた悪魔の姿が。

悪魔に、「お前の魂は取らないと約束した」と言われて、地獄の入り口で追い返されてしまいます。

天国へも地獄へも行けないジャックは、かぶをくりぬいて作ったランタンに、悪魔から分けてもらった地獄の火をともし、この世とあの世をさまよい歩くしかなかったのです。

この時にジャックが持っていたランタンが、『魔よけの火』と言われるようになり、ハロウィンで飾られるようになったということです。
 
この物語の中では、『かぶのランタン』ですが、このお話がアメリカに伝わるときに、『かぼちゃのランタン』として伝わったそうです。

つまり、 かぼちゃで作ったランタンをハロウィンで飾るのは、魔よけや悪霊を追い払う意味があるのです。 

アメリカでは、ハロウィンに多くの家が、玄関や戸口にジャック・オー・ランタンを飾る光景が見られます。
 
ちなみに、ハロウィンで飾りつけに使うかぼちゃは装飾用なので、食べられないことはないですが、おいしくありません。
ただ、種は食べることができ、健康にいい成分が豊富に含まれています。

ハロウィンかぼちゃは食べられる?どんな種類なの?種の栄養素がスゴイらしい
ペポカボチャの種の効能とは?食べ方と栽培方法について

ハロウィンの飾りつけはいつからいつまで?かぼちゃを飾る意味は?のまとめ

ハロウィンの飾りつけは、『10月中旬ぐらいから』という人が多いですが、9月ころから飾り始める人も少なくありません。

日本人としては、十五夜も楽しみたいところですから、お月見が終わってから飾りつけすれば、ハロウィンを長く楽しむことができるでしょう。

早めに飾ることが問題になることは特にないですが、ハロウィンが終わったら、飾りつけは早めに片付けてしまいましょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る