ハロウィンのコスプレで逮捕されるって本当?守るべきルールとは

SNSのおかげで、今やすっかり日本に定着した『ハロウィンのコスプレ』イベント。

最も混雑するといわれる渋谷では、警察官が出動するほどの騒ぎになります。
 
今年も多くの人がコスプレを楽しむと思われるハロウィンですが、ハロウィンのコスプレで逮捕される可能性があることをご存知ですか?

「ハロウィンのコスプレなんだから、何をやっても自由でしょ」

という考え方なら、ちょっと注意したほうがいいかも。

いくらハロウィンのイベントでも、法に触れるコスプレをすれば、逮捕される可能性がありますよ。

スポンサードリンク

ハロウィンのコスプレで逮捕される?

ハロウィンのコスプレは、基本的に自由な仮装をしてOKなのですが、あまりにも常識から外れたコスプレは法に触れる恐れがあります。

コスプレで定番の、ポリスですが、ネットなどで安く買える、「明らかに警察官に見えない」ようなコスプレは問題ありません。

しかし、警察官の制服を忠実に再現したレプリカのような衣装はNG。

警察官のふりをした一般人が、よからぬことを考えないとも限りません。

『即逮捕!』とはならないかもしれませんが、周囲の混乱を防ぐ意味でも、本物の警察官に職務質問を受けることになる可能性は高いです。
 
それから、あまりにも肌の露出が多いコスプレも、法に触れる可能性があります。

局部が隠れていたとしても、街の中を水着などの露出が高すぎる衣装を着ていれば、軽犯罪法に触れる可能性が。
 
ハロウィンのコスプレでは、小道具にこだわる人も多いですよね。

その小道具で危険なのは、刀などの刃物、拳銃などです。

刀の場合、金属製で、見た目が限りなく本物に似ているようなものは、たとえ実際に物を切ることができなくても持ち歩くことができません。

銃刀法で禁止されている「模造刀」とみなされるんですね。

また、拳銃にそっくり似せている模造品は、持ち歩くことはおろか、入手した時点で法に触れてしまいます。

明らかに拳銃とは違うとわかるように、銃身を完全にふさいで外側を白か黄色で色を付けなければならないそうです。

ハロウィンのコスプレで守るべきルールとは

ハロウィンのコスプレは楽しいイベントですし、コスプレをすることで違う人物になったようで気持ちが大きくなってしまう人が多いようです。

コスプレの中で、ものすごい大きなコスチュームを着ている人も見かけます。

それから、普段できないような大騒ぎをする人も。
 
各地のイベント会場で大きな問題となっているのは、『ゴミ問題』ですよね。

スポンサードリンク

コスプレした人々が去った後は、道路がゴミでコスプレしているような状態に。
 
渋谷では、無料でごみ袋を配る対策をしたりしていますが、このゴミ袋って結局税金が使われているんですよね。

各自がきちんとゴミを持ち帰れば、使う必要のない税金です。

「税金が高い」と文句を言う前に、各自がきちんルールを守って行動できれば、現代社会の色々な問題が解決されるのではと思います。
 
ハロウィンのコスプレで守るべきルールは、

 他人に迷惑をかけないこと   常識の範囲で行動すること 

当たり前のことなんですが、守れていな人が多くいるのが現状です。

ハロウィンのコスプレで渋谷が混雑しだすのはいつごろ?

ハロウィンのコスプレをした人が、渋谷をにぎわせ始めたのは、2011年ころからのようです。

ちょうど、FacebookやTwitterが広まり始めた時期と一致しますね。
 
ハロウィンで渋谷にコスプレした人が現れるのは、10月31日のハロウィン当日の2~3日。

当日が週末に当たれば当日が一番混雑しますが、平日の年もあります。

その場合は、ハロウィン当日直前の週末が最も混雑します。
 
混雑し始める時間帯は、夕方5時頃から。

仕事が終わる時間くらいからということですね。
 
渋谷の混雑で一番気になるのは、交通規制

2016年は、渋谷スクランブル交差点から道玄坂、文化村通りまでが交通規制の対象となりました。

時期は、28日から31までの期間、混雑に応じて随時行わるということです。

時間帯は18時あたりから始まり、終電の時間帯まで続くと予想されます

スクランブル交差点は、車の通行が許可されていますから、ドライバー、歩行者共に注意が必要です。

ハロウィンのコスプレ渋谷が混雑しだすのはいつごろ?のまとめ

ハロウィンのコスプレイベントは、年々盛り上がりを見せています。

経済効果もあるでしょうし、ハロウィンを楽しむことはいいことだと思います。
 
ただ、『人に迷惑をかけない』とか『自分で出したごみは持ち帰る』など、最低限のルールを守らないと、いつか『ハロウィンのコスプレイベントは中止!』なんてことになるかもしれません。

人に迷惑をかけるだけでなく、自分自身がトラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますね。

最低限のルールは守って、思いっきりハロウィンのコスプレイベントを楽しみましょう!

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る