ワインラベルの見かたと名前のつけ方は?ワインランクを読み取ろう

ワインを選ぶ際にまずはラベルを見ると思いますが、

だいたいが英語か、なんだか良く分からない外国語で書いてあるし…
なにこれ?どれが名前なのかも分からないよ…

こんなふうに困ったことはありませんか?
そんな「困った」を解決します!

スポンサードリンク

ワインラベルの見かた

ワインのラベルのことを〝エチケット〟と言います。

もともと〝エチケット〟とは、公の席で座る順番などの情報を記した紙のこと。
ここから礼儀作法としての意味も派生したようです。

さて、このワインのラベルですが、ワインの名前(銘柄)はもちろんですが、そのほかにもたくさんの情報が書かれているんですね。

その内容は、どこで、いつ、どんなブドウを使い、誰が造ったのか、どのような格付け(ランク)なのかなどです。
そのワインのプロフィールですね。

だからこのラベルさえ読めばどんなワインか分かってしまうわけです。
早速説明していきますね。

ワインのラベルは、フランス語やドイツ語、イタリア語など、生産国の言語で書かれていますので、その国の人か、めちゃめちゃワインに詳しかったり、外国語ができたりという人じゃないと正しく読むのは難しいです。

全部理解するのはワインについて相当勉強しないと無理ですが、ポイントが分かっていればワイン選びに困らない程度にはなれます。

国によって若干記載内容が異なるし、デザインも異なるので、これが絶対とはいえないですが、よく飲まれるフランスワインを例に説明します。

まずはラベルをパッと見て、大きな文字で書かれているものからチェックしていきます。
一番上に書かれている文字が一番大きく、下に行くにしたがってだんだん小さくなっているのが分かると思います。

一番上は産地名になります。
例えば『NUITS-ST-GEORGES』だったら、ニュイ・サン・ジョルジュ。フランス、ブルゴーニュ地方のコート・ド・ニュイ地区の村名です。

その下にワインの銘柄です。
ワインを造った人がつけた名前で、ブルゴーニュワインの場合は、畑の名前が使われることも多いです。

その下にAOC表記
これは、フランスの最上級ワインにのみ表示されるものです。

『APPELLATION CONTROLEE』と表記されます。
先ほどの産地名ですが、この二つの単語の間に入れることもあります。
つまり、APPELLATION NUITS-ST-GEORGES CONTROLEE となります。

以降はワインによって記載方法は様々ですが、
『1989』などの年代表記があれば、それは原料のブドウが収穫された年を示し、ヴィンテージと呼ばれます。

そのワインの原料が、一級品と認められた畑からとれたブドウであれば、『1er Cru』の表記がされます。

『○○%』の表記があれば、それはそのワインのアルコール度数です。

『○○ml』表示は容量。

一番下に造り手の名前が表記されることが多いです。

ワインの名前のつけ方

ワインの名前(銘柄)には、だいたい5つのパターンがあります。

・産地名
・ブドウの品種名
・醸造元の名前(シャトー名、メーカー名)
・ブランド名
・愛称

とくに、産地名を名前にしているワインが多いです。
それぞれについて詳しくご説明しますね。

【産地名タイプ】
ヨーロッパのワインは、生産地や畑を名前にしていることがもっとも多いです。
とくに、小さなブドウ園で家庭的にワイン造りが行われているフランス・ブルゴーニュ地方のものにこのパターンが多いです。

フランス・ブルゴーニュ地方の地区名…シャブリ、ボージョレー
フランス・ブルゴーニュ地方、コート・ド・ニュイ地区の畑名…ロマネ・サンヴィヴァン
イタリア・トスカーナ州の地区名…キアンティ

【ブドウの品種名タイプ】
とくにアメリカなど、ヨーロッパ以外の国では、「○○カベルネ・ソーヴィニヨン」「○○シャルドネ」といったように、原料となっているブドウ品種の名前を付けていることが良くあります。

白ワインの原料になるブドウの名前…リースリング、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン
赤ワインの原料になるブドウの名前…カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、メルロ

【醸造元の名前タイプ】
シャトーの名前やメーカーの名前など、醸造元の名前がそのままワイン名になっていることもよくあります。

シャトー・マルゴー…フランス・ボルドー地方のシャトー名。

【ブランド名タイプ】
あるメーカーが独占的に使用する名前。

ドン・ペリニヨン…シャンパンの代表的銘柄。シャンパンの開発者の名前にちなむ。

【愛称タイプ】
歴史上の物語やワイン製造にまつわる逸話などを名前の由来にしたものが多いのは、イタリアやドイツのワイン。命名の由来が分かると面白いです。

ラクリマ・クリスティ
「キリストの涙」の意。イタリア・ナポリ産。
その昔、悪行あふれるナポリの様子をみたキリストが、思わず涙をこぼしたところ、そこからブドウの木が生えすばらしいワインを産するようになったという逸話から生まれた名前。

ショヴァルツエ・カッツ
「黒猫」の意。ドイツ、モーゼル地方の「黒猫が座った樽のワインはよい出来」という伝説がもとになっています。

スポンサードリンク

ワインの名前で注意したいのが、同じ名前が同じワインとはかぎらないということです。

どういうことかというと、たとえば名前が産地名タイプのワインは、同じ名前のワインを出している造り手が何人もいる場合が多いんです。
造り手が違えば、出来るワインも違ってきます。

ワインの名前が品種名タイプの場合も同じで、『カベルネ・ソーヴィニヨン』というワインは、世界中いたるところにあります。
なので、気に入ったワインがあれば、名前やヴィンテージだけではなく、産地や造り手などもラベルでチェックしておくといいですよ。
「この前飲んだのと同じワインが飲みたい!」というときに間違えなくてすみますね。

ワインのラベルを見ればランクは一目瞭然

主なワイン生産国では、ワインに「格付け」を行っています。

格付けが行われるようになったきっかけは、1930年代に、フランスでブドウの不作が続きワイン業界は低迷しました。
そこに、有名産地をかたったニセモノのワインが大量に出回ったのです。
このニセモノを排除するために法律を作り、格付けを行ってラベルにきちんと明記するようにしたんですね。

現在はEUで、並のワインである「日常消費ワイン」と、上ワインである「指定地域優良ワイン」に2つのランクに分けて、これを基準にして加盟各国で独自の格付けを行っています。
上級ワインほど認定の基準は厳しくなっています。

日常消費用ワインには、「テーブルワイン」と「地酒」があり、テーブルワインは産地の異なるブドウやワインをブレンドして作られたワインで、地酒は限定された産地で造られたワインのことです。

一方、指定地域優良ワインには、「上級ワイン」と「最上級ワイン」があります。上級ワインは特定の産地で造られるワインで、一定の基準をみたしたもの、最上級ワインは特定の産地で造られて、より厳しい基準を満たしたものとされます。

では、国別に「日常消費用ワイン」と「指定地域優良ワイン」のラベル表記について見ていきましょう。

【フランス】
テーブルワイン:Vins de Table ヴァン・ド・ターブル
地酒:Vins de Pays ヴァン・ド・ペイ
上級ワイン:Appellation d’Origine Vin Dēlimitäés de Qualité Supérieure(AOVDQS) アペラシオン・ドリジーヌ・ヴァン・デリミテ・ド・カリテ・シューペリュール
最上級ワイン:Appellation d’Origine Contrôlée(AOC) アペラシオン・ドリジーヌ・コントローレ

【ドイツ】
テーブルワイン:Deutscher-Tafelwein ドイッチャー・ターフェルヴァイン
地酒:Landwein ラントヴァイン
上級ワイン:Qualitätswein bestimmter Anbaugebiete(QbA) クヴァリテーツヴァイン・ベシュティムター・アンバウゲビーテ
最上級ワイン:Qualitätswein mit Prädikat(QmP) クヴァリテーツヴァイン・ミット・プレディカート

【イタリア】
テーブルワイン:Vino da Tavola(VdT) ヴィーノ・ダ・ターヴォラ
地酒:Vino da Tavola Indicazione Geografica Tipica(VdIGT) ヴイーノ・ダ・ターヴォラ・インディカツィオーネ・ジェオグラフィカ・ティピカ
上級ワイン:Denominazione di Origine Controllata(DOC) デノミナツィオーネ・ディ・オリジネ・コントロッラータ
最上級ワイン:Denominazione di Origine Controllata e Garqntita(GDOCG) デノミナツィオーネ・ディ・オリジネ・コントロッラータ・エ・ガランティータ

【スペイン】
テーブルワイン:Vino de Mesa ヴィノ・デ・メサ
地酒:Vino de la Tierra ヴィノ・デ・ラ・ティエラ
上級ワイン:Denominación de Origen(DO) デノミナシオン・デ・オリヘン
最上級ワイン:Denominación de Origen Calificada(DOC) デノミナシオン・デ・オリヘン・カリフィカーダ

【ポルトガル】
テーブルワイン:Vinho de Mesa ヴィニョ・デ・メサ
地酒:Vinho Regional ヴィニョ・レジョナル
上級ワイン:Indicacào de Proveniência Regulmentada(IPR) インディカソン・デ・プロヴェニエンシア・レギュル・メンターダ
最上級ワイン:Denominacào de Origem Controlada(DOC) デノミナサオ・デ・オリジェン・コントロラーダ

難しい…。
これを全部覚えるとなるとかなり大変ですね。

フランスワインのAOCなんかは有名なので覚えておいてもいいのではないでしょうか?
あとは参考程度に…。

また、ラベルの産地名に注目すると、例えばフランスワインの場合、「ボルドー」とか「ブルゴーニュ」など地方名しかかいていないものもありますが、「メドック」「サン・テミリオン」などの地区名や村の名前、畑の名前まで細かく記載されているものもあります。

一般的に、産地が狭い範囲に特定されているワインほど高級であるとされます。

まとめ

ワインにあまり詳しくない方の中には、ワインのラベルのデザインで選ばれる方もいらっしゃいます。

なので、ラベルのデザインの良し悪しもワインの売り上げに影響するそうです。
確かに、素敵なデザインラベルが貼られているワインはもらってうれしいですよね。

正確な名前を覚えられなくても、ラベルの雰囲気を覚えておくと次に見たとき「あのワインだ!」って気づきますよね。

写真に撮るのもいいと思いますし、飲んだ後のラベルをはがしてコレクションするのも楽しいですよ。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る