重陽の節句とは?菊酒を飲む意味と効能について

9月9日は、五節句の一つで、重陽の節句です。

五節句についてはこちらの記事をご覧ください→七草粥の由来は?七草の意味と効能・簡単アレンジレシピを紹介!
桃の節句や端午の節句をお祝いする家庭は多いですが、『重陽の節句』と聞いてもピンとこないかもしれません。

重陽の節句は、『菊の節句』とも言われます。

旧暦では、ちょうど9月9日は菊の季節なんですね。

菊の節句には、菊を使った素敵な風習があるんです。

スポンサードリンク
 

重陽の節句とは?

有名な清少納言の『枕草子』や紫式部が記した『紫式部日記』に、重陽の節句についての描写が出てきます。

重陽の節句の前夜に、菊の花に綿をかぶせておくと、夜露で濡れて綿に菊の香りが付きます。

翌朝、この菊の香りのする綿を顔に当てて若さと長寿を願ったそうです。

これは、日本独特の風習で、『被綿(きせわた)』といいます。

とても雅な風習ですね。

菊酒を飲む意味とは?

重陽の節句で飲むものに、『菊酒』というものがあります。

その名の通り、菊の花びらを浮かべたお酒です。

中国では、 菊は不老長寿の妙薬と言われていたことから、日本でも菊の季節である重陽の節句に菊酒が飲まれるようになった そう。
 
松尾芭蕉の句にも、この菊酒が登場します。

「草の戸や 日暮れてくれし 菊の酒」という句です。

隠遁の身である芭蕉は、重陽の節句の菊酒を飲むことなど自分には無関係とあきらめていましたが、日暮れになって思いがけなく酒が一樽届きます。
嬉しいことは嬉しいけども、日が暮れて届いたことには一抹の寂しさを禁じ得ない。

このような意味です。

ちょっと物寂しい感じが、秋にピッタリな句ではないでしょうか。

今でも、この時期になると、日本酒に菊の花びらを浮かべたものを出してくれる和食屋さんがあるとか。

長寿になれる?菊酒の効能とは

菊は、中国から邪気を祓う不老長寿の薬として日本に伝わってきました。

現在でも漢方の生薬として使われています。

効能は、解熱、解毒、鎮静、消炎作用など
 
また、天日で乾燥した菊の花を詰めた『菊枕』というものもあります。

スポンサードリンク

安眠に効果があるといわれ、眠りにつく際、上品な香気があがります。

重陽の節句とは?菊酒を飲む意味と効能についてのまとめ

山形の秋の名産に『もってのほか』という食用菊があります。

なぜこんな名前かというと、「天皇の御紋である菊の花を食べるなんてもってのほかだ」「もってのほか(思っていた以上に)おいしい」という感想が由来なんだそうです。

和え物やてんぷらにして食べるのがおいしいそうです。

重陽の節句の食卓の彩を添えてくれますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】山形県産 食用菊【もってのほか】1kg(100g×10パック)
価格:3480円(税込、送料無料) (2017/8/31時点)

 

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る