お月見の由来を子どもに聞かれたら?お団子をお供えするのはなぜ?

夏の暑さが過ぎ、湿度が下がる秋の夜空は、月が一番美しく見える季節です。

旧暦8月15日の『中秋の名月』は、絶好のお月見日和です。

2017年の中秋の名月は、10月4日です。

お月見団子を準備して、子どもとお月さまの観賞。

とっても素敵ですが、静かに観賞・・・とはいかないですよね。

まず間違いなく子どもの『なぜ・なに攻撃』にあうでしょう。

スッと答えて、「お母さん(お父さん)ってやっぱりスゴイ!」と子どもに言わせちゃいましょう!

スポンサードリンク

お月見の由来を子どもに聞かれたらどう答える?

月を観る風習は、もともと中国から渡ってきたものです。

日本でお月見の風習が始まったのは、平安時代。

最初は、貴族の間で宮中で行われる行事でした。

宮中では、池に船を浮かべて池に映る月を眺めたり、盃に映った月を楽しみながらお酒を飲んだりしていたそう。

湖が近くにある温泉なんかで、そういうイベントがあったら素敵ですね。

やがて、江戸時代になると一般庶民の間でもお月見が広まりました。

 
月の満ち欠けは農作業と深いかかわりがあります。

月は、作物の豊穣を祈る神聖な存在だったのです。

つまり、秋のお月見は、農作物が無事に収穫できたことを月に感謝するお祝いの儀式でもあります。

子どもにわかりやすく説明するのであれば、

 秋に頂く食べ物(子どもが好みそうな、サツマイモ、栗、リンゴなど)をおいしく食べられることを月の神様に感謝する日 

みたいな感じがいいのではないでしょうか。

子どもが好きそうな、秋の旬を意識した果物やお菓子を準備して実際に食べれば、感謝の気持ちを感じやすいですよね。

秋のお月見は二回する

お月見と言えば、中秋の名月

ですが、本来お月見は二回見るのが縁起がいいとされていました。

二回目は『後(のち)の月』と呼ばれ、中秋の名月の翌月である旧暦9月13日。

中秋の名月と後の月を合わせて、『二夜(ふたよ)の月』といいます。

昔は、どちらか片方だけを見るのは『片見月』と言って嫌われたそうです。

旧暦8月は台風シーズンであったため、天候が安定している旧暦9月は「十三夜に曇りなし」と言われるほどきれいに月が見えたといいます。
 
しかし、この十三夜は日本独特の風習です。

月を観るのは、もともとは中国からはいってきた風習ですが、中国に十三夜という風習は存在しません。

では、なぜ日本でだけ十三夜の風習があるのかというと、さまざまな説があるそうです。

スポンサードリンク

平安時代の宇田(うだ)法皇が9月13日の月を「無双(二つとない美しさ)」と愛で賞したという説。

宇田法皇の息子である醍醐(だいご)天皇の時代に開かれた月を観る宴が風習として根付いたとされる説。

このほかにもいろいろな説があり、どれが本当の由来なのかはよくわかっていないそうです。

お月見のお供えはなぜお団子なの?

十五夜は、この時期の収穫物である芋の名前をとって、『芋名月』といわれ、十三夜は『栗名月』または『豆名月』といわれます。

お月見の時には、芋や栗、豆などの旬の収穫物と、満月に見立てたお団子をお供えします。
 
お月見でお供えしたものは、後からみんなで食べますよね。

これは、「神さまと同じものを食べてお力をいただく」という意味があります。

これを『直会(なおらい)』といいます。

お団子と一緒に、ススキを飾るのは、神さまが宿るとされる稲穂の代わりなのです。

神さまと一緒に、おいしいものを食べられることを感謝しましょうということですね。

お月見のお供えの飾り方

家でお月見を楽しむときに、お供えをどんな風に置いたらいいかというと、

すすき、稲穂、好きな秋の草花など自然界にあるものは、月から見て上座に当たる左に置きます。

お団子などの人が作ったものは右に置きます。

『月から見て』ということは、私たちから見ると、逆になります。

自分に対して右側にすすき、稲穂などの自然界にあるものを、左側にお団子などの人工物を置きましょう。

お団子の数は、十五夜は15個か5個。十三夜は13個です。

水辺で月見を楽しむ

お月見が楽しめるのは、家だけではありません。

中秋の名月の時期になると、観月の名所である京都大覚寺の大沢池をはじめ、さまざまな観月のイベントが開催されます。

毎年多くの人が訪れる人気イベントに参加してみるのもいいですね。

大覚寺の『観月の夕べ』

お月見の由来を子どもに聞かれたら?お団子をお供えするのはなぜ?のまとめ

『自分は自然や神さまに生かされている』と常に感謝を忘れなかった昔の人は、たとえ裕福でなくても心が豊かだったのではないでしょうか。

現代では、仕事などで時間に追われている人が多く、感謝の気持ちも忘れてしまいがち。

お月見にはお供えをきちんとしつらえて、美しい月を楽しむ心の余裕を持ちたいものです。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る