ココナッツミルクの効能と効果!カロリーは?ダイエット中でも大丈夫?

ココナッツオイルと並んで、美容や健康に効果があるとされているココナッツミルク。

デザートやカレーなどの料理にも広く使われています。

最近では、スーパーに行くと、缶入りや粉末のココナッツミルクが普通に手に入るようになりました。
業務用スーパーで売られているココナッツミルクですと、かなりお安く手に入れることができますよね。

美容と健康のために、今日からココナッツミルクを取り入れてみませんか?

スポンサードリンク

ココナッツミルクの効能とスゴイ効果

ココナッツミルクに含まれる成分で、注目すべき栄養素は、

ラウリン酸

ミネラル

ビタミン

これらの栄養素が、美容や健康に良い効果をもたらすと言われています。

コレステロールを下げる

ココナッツミルクには中鎖脂肪酸と言われる植物性油脂が含まれています。。

中鎖脂肪酸は、体内で分解される速度が速く、効率よくエネルギーに変わるという特徴を持っています。

どのくらい速いのかというと、

バターやラードなどの動物性油脂に比べて、4倍速く消化吸収され、代謝はなんと10倍の速さ。

ちなみに、バターやラードなどに含まれる油脂は、長鎖脂肪酸と言われます。

つまり中鎖脂肪酸は、脂肪燃焼を助けてくれるのですね。

免疫力を上げる

中鎖脂肪酸に含まれる成分で、ラウリン酸というものがあります。

ラウリン酸には、抗菌作用、抗炎症作用があることで知られています。
ラウリン酸が含まれるせっけんなども販売されています。

ラウリン酸を摂取することで、免疫力が上がり、風邪など引きにくいカラダを作りに役立ちます。

アンチエイジング効果

ココナッツミルクには、抗酸化作用を持つビタミンEも含まれています。

ビタミンEの抗酸化作用には、血管の健康を保つ効果も。
動脈硬化になりにくくなる、冷え性が改善するなどの効能があります。

お腹の調子を整える

ココナッツミルクには、食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消の効果も期待できます。

『腸活』なんて言葉もあるように、腸の調子をよくすることは、美容や健康によい影響を与える効果があります。

保湿効果

ココナッツミルクには、脂肪酸が多く含まれるので、肌を保湿する効果があります。

ココナッツミルクを直接肌に塗り、30分ほど置くと肌に潤いが行きわたります。
お風呂に入れて、ココナッツミルク風呂に入るのもおすすめです。

また、ココナッツミルク:ベビーオイル=1:2の割合で混ぜ合わせれば、メイク落しとして使えます。
目の回りなどは、ゴシゴシこすったり刺激の強いメイク落しを使うことは避けたいですよね。
そんな時、ココナッツミルクを利用したメイク落しが役に立ちます。

ココナッツミルクのカロリーは?ダイエットに効果はある?

ココナッツミルクと言うと、甘いデザートを思い浮かべる人が多く、
「ココナッツミルクはカロリーが高そう」
と思われがち。

しかし、ココナッツミルクを使った甘いデザートは、砂糖などの甘味料を足しているから甘いのであって、ココナッツミルク自体に甘味はほとんどありません。

ココナッツミルクに含まれる糖質の量は少なく、単体では自然の甘味がほのかにする程度です。

スポンサードリンク

気になるカロリーはというと、ココナッツミルク100gで150kcal

牛乳ならコップ1杯程度、食パンなら6枚切りが1枚と同じくらいのカロリーです。

牛乳代わりに飲むと考えれば、それほど高カロリーというわけでもありません。

ただし、注意点が一つ。
お店に売っているココナッツミルクには、缶入りなどの水分を含むタイプと、パウダーや顆粒タイプのものがあります。
水分をほぼ含まない、顆粒タイプのココナッツミルクはかなりカロリーが高くなります。
100gでおよそ700kalにもなります。

顆粒タイプのココナッツミルクを水で溶いて使う場合も、もともと水分を含んだ製品よりカロリーはやや高めになるということです。

ココナッツミルクのダイエット効果

 ココナッツミルクに含まれる、中鎖脂肪酸が、ダイエットに効果を発揮します 

消化吸収と代謝が速いことは先ほど出てきましたが、これは中鎖脂肪酸は体内に蓄積されにくい脂肪ということになります。
食べてもすぐに代謝されれば、その分太るリスクは減るわけです。

さらに、ココナッツミルクに含まれる中鎖脂肪酸のいいところは、すでに付いてしまった脂肪も燃焼してくれること
運動が苦手な方の味方ですね。

また、豊富な食物繊維が腸の調子を整えてくれるので、ダイエットの敵である便秘解消や基礎代謝の上昇効果が期待できます。

「ココナッツミルクを摂ればやせる」
というわけではないですが、ダイエット効果をさらにアップさせてくれることは間違いないでしょう。

ただし、ココナッツミルクを飲むときに砂糖をたくさん入れたり、甘いデザートなどにして食べる場合は、糖質とカロリーオーバーになりますので、注意してくださいね。

おすすめは、ココナッツミルクをお好みの野菜や果物と一緒にミキサーにかけて、スムージーにすること。
ココナッツミルクと果物の自然な甘味で、砂糖を入れなくても美味しくいただけます。

ココナッツミルクの保存方法は?

ココナッツミルクを飲んだり料理に使うだけでなく、お肌に使ったり、お風呂に使ったりしたい場合は、やはり安くて容量が多いものを買いたいですよね。

でも、容量が多いと一度には使い切れない・・・。

大丈夫です。あまったココナッツミルクは、保存が可能です。

3日以内で使いきれるようであれば、冷蔵庫で保存してOKです。
ただし、缶に入ったままではなく、必ずプラスチックなどの保存容器に移します。

3日ではとても使いきれる量じゃないという場合は、冷凍保存しましょう。
製氷機に入れて凍らせるか、ジップロックなどの冷凍保存バックなどに小分けして冷凍します。
冷凍保存したココナッツミルクは、だいたい1ヶ月を目安に使い切りましょう。

ココナッツミルクの効能と効果!カロリーは?ダイエット中でも大丈夫?

ココナッツミルクには、美容や健康に効果がある効能がたくさんあります。

「カロリーが高い」「甘そう」
などのイメージがありますが、とんでもない。

ココナッツミルクはダイエットと美容の強い味方です。

保存もできるので、普段の食事にも気軽に取り入れられます。
ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る