敬老の日に贈るメッセージカードの書き方のポイントと例文を紹介!

「敬老の日に、おじいちゃん・おばあちゃんに贈るプレゼント何にしよう?」
といつも悩みませんか?

年齢が離れている人のプレゼントって、趣味がよくわからないので何を選べば喜んでくれるのかイマイチわからないんですよね。

敬老の日のプレゼントに困った時のお助けアイテムは、 『メッセージカード』 

メッセージカードをプレゼントに添えれば、たとえショボめのプレゼントでも特別感が何倍にもなりますよ。

スポンサードリンク

敬老の日のプレゼントにメッセージカードを添えよう

「メッセージカードなんて書いたことないよ」
という人もいるかもしれません。

書いたことがない人にとっては、難しく感じることかもしれませんが、ポイントを押さえれば案外簡単に書けるものです。

メッセージカードに書く内容3つのポイント

まず、メッセージカードを書く時は手書きで書くことが大前提。
気持ちを伝えるために、これは絶対です。

そしてメッセージカードに書く内容についてですが、必ず入れたい3つのポイントがあります。

一つ目は、長生きしているおじいちゃん・おばあちゃんを『お祝いする言葉』
お祝いですから、普通に「おめでとう」という言葉を使って大丈夫です。

例えば、
「敬老の日おめでとうございます」
といった感じです。

二つ目は、『感謝の気持ち』を書くこと。

おじいちゃん・おばあちゃんとは、1年に1回くらいしか会わないという人も、
おじいちゃん・おばあちゃんの家に遊びに行けば、可愛がってくれますし、お小遣いをくれたりすることもありますよね。

そういうことに対して、素直に「ありがとう」と伝えればOKです。

三つめは、『おじいちゃん・おばあちゃんの健康を祈る』言葉を入れることです。

「いつも元気でいてね」「身体に気を付けてね」
などの、相手を気遣う言葉を入れると、「気にかけてくれているんだな」と嬉しくなるはずです。

メッセージカードに書かないほうがいい言葉

『お祝いする言葉』『感謝の気持ち』『おじいちゃん・おばあちゃんの健康を祈る』
以上の3つのポイントを書くということを意識すれば、使うことはない言葉ですが、以下の言葉を書いてしまうと、相手をガッカリさせることになります。

スポンサードリンク
死、苦、病気、衰える、朽ちる、倒れる、枯れるなど

これらの言葉は入れないようにしましょうね。

それから、敬老の日だからと言って、おじいちゃん・おばあちゃんを年寄り扱いするような言い方は避けたほうがいいでしょう。
「まだそんな年じゃない!」と、不快になる人もいることを覚えておきましょう。

敬老の日に贈るメッセージ例文

これまでのポイントをふまえて、敬老の日のメッセージにふさわしい、おすすめの例文を集めてみました。

敬老の日おめでとう。 いつも可愛がってくれてありがとう。 これからもますます元気でいてください。
いつもお心遣いありがとうございます。 家族一同、感謝の気持ちでいっぱいです。 いつまでもお二人仲良く、お元気でお過ごしください。
日頃の感謝を込めて。〇〇を贈ります。 いつまでもお元気で。
敬老の日おめでとうございます。 いつも私たち家族を見守ってくれてありがとうございます。 感謝の気持ちを贈ります。

敬老の日のメッセージカードを手作りしよう!

メッセージカードは100均でも手に入れることができますが、手作りメッセージカードだと、より喜んでくれるでしょう。

手作りと言っても、そんなに手の込んだものでなくていいと思います。

この動画で紹介されているメッセージカードは、とても簡単。
これだと、書くスペースが少ないので、「いつもありがとう」など一言で済みそうです(笑)

敬老の日のプレゼントは手作りで!子供も簡単に作れるキットを紹介!

敬老の日に贈るメッセージカードの書き方のポイントと例文を紹介!のまとめ

敬老の日に贈るメッセージカードは、そんなに難しく考える必要はなく、素直に感謝の気持ちを書けばそれで充分です。

ひと手間かけた、メッセージカードを手にした、おじいちゃん・おばあちゃんが大喜びする姿が目に浮かびますね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る