鏡開きの由来は?日にちはいつ?やり方と余ったお餅の活用レシピを紹介

「鏡開き」とは、お正月にお供えした鏡餅を下げて食べる昔からの日本の風習です。

最近は、中に小さな丸餅が入っているものなど簡易的な鏡餅も多いですが、日本人として伝統は守っていきたいですよね。

ということで、鏡開きの由来とただしいやり方についてご説明します。

スポンサードリンク

鏡開きの由来と日にちについて

鏡餅の意味をご存知ですか?

鏡餅には“年神様の居場所”の意味があります。
年神様がいらっしゃる、お正月松の内の間は飾っておき、松の内が過ぎたら下げて食べ、年神様をお送りします。

神様がいらっしゃった鏡餅に年神様の魂が宿っているとされ、鏡餅を食べることでそのパワーを頂き、一年の家族の無病息災を願います。
つまり、鏡餅はお供えするだけでなく、それをいただくことに意味があるのです。

鏡開きの日にちですが、松の内がいつまでかによって違います。
地域によって、松の内を1月7日までとする地域は11日に鏡開きを、関西など松の内を15日とする地域では20日に鏡開きを行うことが多いです。

なぜ地域によって違いがあるのでしょうか?

昔は、松の内は元旦から15日までとされ、鏡開きは20日に行われていました。
ところが徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったのをきっかけに、20日は忌日として避けられるようになったのです。

しかし、徳川幕府の影響力がさほど強くない地域では、現在もそのまま20日に行われているのです。

鏡開きのやり方は?硬くなった餅はどうする?

鏡開きをする際にやってはいけないことがあります。

包丁などの刃物を使って餅を切り分けることは、年神様に刃物を向けるということになり大変失礼なこととされます
また、武士が切腹する、という意味にも繋がります。

ではどうするかというと、木槌や金づちでたたいて小さく割ります。
硬くなった餅を割るのは少し大変ですが、少しづつたたいてヒビが入っってから勢いよくたたくと、はじけるように割れます。

それでも割るのが難しいくらい餅が乾燥してしまっている場合は、餅を半日ほど水に漬けてから、ラップをして電子レンジにかけましょう。
柔らかくなった餅を手でちぎって小さくします。
この方法を取るときは、餅が非常に熱くなっていていますので火傷には十分注意してください。

余談ですが、結婚式などの祝いの席で振る舞われる酒樽のふたを割ることも「鏡開き」と言います。

スポンサードリンク

これは、酒樽のふたを“鏡”と呼んでいたからです。
これを、「割る」ではなく、縁起の良い「開く」という表現を使ったのです。

この樽に入っている日本酒は、米から作られていることから神聖なものとして神事を営む際に神様に供えられました。

祈願が済んだあとは参列者で酒を酌み交わして祈願の成就を願うという風習があります。

余ったお餅の活用レシピ

鏡開きをした後はそのお餅をありがたくいただきましょう。

定番の食べ方である、お汁粉や雑煮も大変おいしいですが、鏡餅は結構大きいですね。
同じメニューばかりで飽きてしまうという方は、こんなお餅の活用レシピはどうでしょう?

餅グラタン
【材料】2人分
・もち…4個くらい
・ハムorウィンナー…好きなだけ
・とろけるチーズ…2枚
・きざみのり…適量
・パン粉…適量
○マヨネーズ…大さじ5~6
○牛乳…大さじ3
○酒…大さじ2
○味噌…大さじ1

【作り方】
①○の調味料をすべて合わせておく。
②餅を耐熱皿に並べ、600wのレンジで1分加熱して餅を柔らかくしておく。
③ハムならそのまま、ウィンナーならフライパンで焼くか茹でておきます。
④③のハムかウィンナーを適当な大きさに切って②に入れ、上から①のソースをかける
⑤④に、とろけるチーズ→パン粉の順にかけ、トースターで約5分焼く。
ぐつぐつして、表面に焼き色がついたら出来上がり!お好みで刻みのりを乗せます。

簡単!フライパンでお餅ピザ
【材料】4人分
・もち…8個くらい
・玉ねぎ…1/4個
・にんじん…1/8個
・ウィンナー…3本
・ピザソース…適量
・ピザ用チーズ…適量
・塩コショウ…少々

【作り方】
①野菜は細切りに、ウィンナーは食べやすい大きさに切って、塩コショウを振ってフライパンで炒める。
②フライパンに餅を並べて、餅が少し浸かるくらいの熱湯を入れ、ふたをする。
③餅が溶けて一つになったらひっくり返す。
④③にピザソースをのせ、その上から①の野菜とウィンナーを乗せる。
⑤④の上にピザ用チーズを好きなだけ乗せて再びふたをする。
⑥チーズが溶けたらできあがり。

まとめ

鏡餅は年神様の居場所…こう考えると、鏡餅がとてもありがたいものに思えます。

食べやすいという理由で、パックなどに入った簡易的なものでなく、できればきちんとした鏡餅を用意して年神様に1年の無病息災を祈願したいものですね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る