敬老の日に施設に入っている方へおすすめなプレゼントは?

敬老の日にプレゼントを贈る相手が、病院や施設などにいる場合、プレゼントに何を選べばいいか悩みますよね。

「施設では何が必要なんだろう?」
「施設で禁止されているものはあるんだろうか」
「あまり目立つものをプレゼントして、他の入所者に目をつけられないか」

などなど。

「え?これプレゼントしちゃダメなの?」
という意外なものもありますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

敬老の日に施設に入っている方へのプレゼントは何がいい?

施設に入っている方への、敬老の日のプレゼントで喜ばれるものは、身に付けるものです。

例えば、下着や靴下、パジャマなどですね。
しかし、親族以外の方がプレゼントする場合は、下着などはちょっとプレゼントしづらいですね。
そういう場合は、薄手のカーディガンやひざ掛けなどが無難です。

また、意外に気がつかないことが多いのですが、施設に入っている方は靴の替えを持っている方が少ないそうです。
ですので、何年も同じ靴を履いているという方も結構いるそう。
プレゼントを贈る相手が歩ける方であれば、替えの靴を何足か贈ると喜ばれるでしょう。

身に付けるものとはちょっと違いますが、毎日使う枕をプレゼントするのもいいと思います。
施設で準備されている枕が合わなくて、よく眠れないという人もいるんじゃないでしょうか。

プレゼントする相手が女性の方でしたら、かわいらしいぬいぐるみやプリザーブドフラワーもおすすめです。
「おばあちゃんにぬいぐるみなんて・・・」
と思うかもしれませんが、女性はいくつになってもかわいいものが好きなものです。
プリザーブドフラワーは、『枯れないお花』ですので、長く楽しめますし、枯れた後の後始末の面倒がありません。

ここでちょっと注意点があります。
施設に入っている方によっては、食事制限があったり、衛生面で外から食べ物を持ち込むのを禁止している施設もあります。
食べ物を持参したい場合は、あらかじめ施設に確認をとっておきましょう。
また、食べ物を持ち込んでよい施設であっても、生ものなど傷みやすい食べ物は避けましょう。

それから、先ほどプリザーブドフラワーが出てきましたが、施設にいる方に生花をプレゼントするのは控えた方がいいです。
プレゼントを贈る相手が、どうしても好きな花がるという場合はそれもアリなのかもしれませんが、花が枯れた後、後始末をするのは施設の職員さんになると思います。
少しの手間ですが、やはり面倒をかけることになりますし、プレゼントされた本人も、申し訳ない気持ちになりますよね。
好きな花をプレゼントしたい場合は、写真をプレゼントしたり、押し花にしてプレゼントするといいと思います。

「施設に入っている方に写真立てをプレゼントしたい」
ってどう思いますか?
私は写真立てはいいアイディアだなと思っていたんですが。
実は写真立ては、他の入所者さんに持っていかれることがあるそうです。
「知らない人の写真持っていってどうするんだ」
と思いますが、実際に例があるそうなので、写真立てをプレゼントするのはやめておいたほうがよさそうです。

スポンサードリンク

敬老の日に贈る花の定番は?プレゼントして喜ばれる花の種類を紹介!

敬老の日に施設に入っている方へのプレゼントを手作りしよう

普段身に付けるものは、もらって嬉しいプレゼントだと思いますが、やはり手作りのプレゼントに勝るものはないのではないでしょうか。
施設に入っている方は、なかなか家族と会えずに寂しい思いをしている方が多いと思いますので、いつでも顔が見られるように写真をプレゼントすると喜ばれます。

家族の写真を集めてアルバムに綴じたものをプレゼントすれば、寂しくなったときに写真を見て落ち着くかもしれません。
また、プレゼントするおじいちゃん、あるいはおばあちゃんの若い頃からの今までの写真を集めてアルバムに綴じてプレゼントしてとても喜ばれたという話を聞きました。
これ、素敵なアイデアですよね。
こんなプレゼントをもらったら、すごく嬉しいと思います。

それから、ウデに自信がある方は、似顔絵を描いてあげるのもいいと思います。
私は絵心ゼロなので無理ですが。
写真を送れば、似顔絵にしてくれるサービスもありますから、そちらを使うのも手ですね。

一番喜ばれると思われるのが、『家族でおじいちゃん・おばあちゃんに会いに行って、みんなでポラロイドカメラで写真を撮る』こと。
写真を撮るときも盛り上がりますし、ポラロイドカメラならすぐに写真が出来上がるので、その日にお部屋に飾り付けしてくることも出来ます。
100均などで写真を飾る額などを買っておいて、一緒に飾り付けするのも楽しいかもしれません。
あ、買うのは『額』ですよ。『写真立て』はダメです。

敬老の日のプレゼントは手作りで!子供も簡単に作れるキットを紹介!

敬老の日に施設に入っている方へのプレゼントにメッセージを添える

施設に入っている方にプレゼントを贈るときには、短くても良いのでメッセージカードを添えると喜ばれます。
メッセージカードを書くときは、少し大きめの濃い字で書くようにしましょう。

メッセージの内容ですが、『長生きしてください』など、『○○してください』という口調は、受け取った方は命令されているように感じるそうです。
施設に入っている方は、ナーバスになっていたり、気分的に落ち込んでいる場合もあるので、仕方がないかもしれませんね。
どのように書けばいいかと言うと、『いつもありがとう』など、感謝の気持ちが伝わるようなメッセージを書くようにします。

敬老の日に贈るメッセージカードの書き方のポイントと例文を紹介!

敬老の日に施設に入っている方へおすすめなプレゼントは?のまとめ

施設に入っている方にとって、敬老の日にもらって嬉しいプレゼントは、何よりも家族が会いに来てくれることだと思います。
私の経験にもありますが、普段家にいたときはあまりしゃべらないおじいちゃんが、施設にお見舞いに行ったときにすごくいい笑顔になって、なんだか胸が熱くなった記憶があります。

『会いに行ってお話ししてみんなで写真を撮る』
というのが、最高のプレゼントかもしれません。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る