旦那の実家にお盆のお供えを持参するときの正しい選び方

新米主婦にとって、初めてお盆に旦那様の実家に帰省するときに、悩むのが

『お供え物を持参したほうがいいのかしら』

ということですよね。


初めてでなくても、前回持参した時に義父母から

『気を遣わなくていいよ』

と言われて、

『もしかして迷惑なのかも・・・』

と悩んでも、旦那はめんどくさそうに

『別に要らないんじゃない?』

と真面目に取り合ってくれない。


・・・どうしよう


悩んだら、もう持って行ってしまいましょう!


義父母は、口では『いらないよ』というけれど、
やはり息子の嫁が気遣いのできる女性だと嬉しく思うものです。

 要らないといわれてもお盆にお供えは持参するのが無難です。 
スポンサードリンク
 

持参するお供え物を選ぶ時のポイント

さて、お盆にお供えを持っていくと決めたら、次に悩むのは

『お盆のお供えって何がいいの?』

ということですね。


お盆のお供え物は、地域や家庭によって結構違いがあります。

一般的には

・お菓子
・飲み物
・果物
・現金


などが多く、このうちのどれかを選べば無難と言えます。

お菓子は日持ちがするものを

お盆のお供えにお菓子を選ぶ場合は、なるべく日持ちがするものを選ぶのがポイントです。

それから、お仏壇にお供えするものなので、常温保存できるものを選びましょう。


また、バウムクーヘンなどのドーンと大きなものよりも、

一つ一つ個装されているお菓子がいいでしょう。

一度封を切ったら早く食べなければならないですし、

家族が少ない家庭なら食べきれなくて結局処分することにもなりますね。

親戚が各々お供えしたものをいただいて帰ることもあるので、分けやすいものがベストです。


ゼリーやクッキーなどの焼き菓子は、日持ちもするし食べやすいのでオススメです。

甘いものが苦手な人であれば、おかきなどがいいのではないでしょうか。

お供えの果物は奇数?偶数?

果物をお供えするときは、

奇数にするのが正解

です。


『故人が好きなものをお供えすればいいので、数は特に気にする必要はない』

という人もたくさんいらっしゃいますが、

偶数は割り切れる数字なので、

故人との縁が切れる

ということを連想させます。


細かいことなので、気にされない場合も多いですが、

そういうところまで気遣いできると、デキル嫁を印象付けることにも。


お供えの果物を選ぶ時の一番のポイントは、

 故人が好きだった果物 ですよね。

なので、できるだけ、故人の好みの果物をリサーチしておくのがいいです。

きっと『〇〇はこれ好きだったのよ~』と喜んでもらえます。


余談ですが、私がお供えに果物を選ぶとしたら、いかにも

近所のスーパーで買ってきました

的な果物は避けます。

サランラップのかかった、『特価398円』とかの値札がバリバリついている果物をいただいても、

イマイチ愛を感じない・・・。

もちろん、この辺のとらえ方は人それぞれなので、スーパーの果物がダメというわけではないのですが。



やっぱり、もらう方としては、普段は買わないようなちょっとお高いデパートの果物や、お取り寄せの果物が嬉しいですよね。

それから、スイカやメロンなども喜ばれる果物の一つです。

スイカやメロンなら数を気にする必要もないし、程よく高級感もあるので選びやすいのでないでしょうか。

お供え物の相場は?

お盆のお供え物にかける金額は、

3,000円~5,000円くらいが一般的です。

現金を包む場合も、これと同じ金額でいいです。


ただし、初盆や新盆の場合は少し相場が上がります。

だいたい5,000円~1,0000円程度が一般的ですが、

家庭によって金額が違う場合があります。多く包む分にはいいのかもしれませんが、少なかった場合、

スポンサードリンク

『あそこの家はこれだけしか包まなかった』

なんて、ちょっとしたトラブルになったという話もよく聞くので、

親族の方に相談してから金額を決めるべきでしょう。

お供えにのしはつけるの?

お供えにつけるのは、『のし』ではなく

『掛紙(かけがみ)』といいます。


何が違うかというと、のしには右上のほうにこんなやつがついてますよね。


出典:http://purple.ap.teacup.com/yaya/153.html

これがついているのがのし。

これは、結婚式やおめでたい時に使うものです。


掛紙は、これがついていないものをいいます。


出典:http://information-box.com/archives/2041.html

シンプルですね。

このリボンのような模様は、『水引』といいます。

お供えの掛紙は結びきりの水引を

水引にも、2種類あって、

 お供えに使う水引は『結びきり』といって、一度きりしか起きてほしくないことに使います。 

故人のお供えのほかに、結婚や病気のお見舞いに使います。

どれも、繰り返し起こることを望む人はいないですよね。


また、お供えにつける結びきりの水引は、地域によって色が異なります。

一般的に


・黒白の水引は関東地方
・黄白の水引は関西地方


が多く使われているようです。

もしどれを選べばいいかわからなければ、デパートなどのサービスカウンターで、

『お供えの掛紙をつけてください』

とお願いすれば、間違えることがないので安心です。

お供えの掛紙の書き方

掛紙の書き方ですが、

食べ物の場合は、水引の上方に『御供』

現金の場合は、49日前であれば『御霊前』、49日以降であれば『御仏前』

下方に名前、またはフルネーム

を書きます。


夫婦の場合、名前は二人分書いたほうがいいのか悩むかもしれませんが、

奥様の実家に持参する場合は二人の名前を、

旦那様の実家に持参する場合は、旦那様の名前のみを書きます。

掛紙のかけ方は裏側に注意

掛紙をかけるときは、左側の紙が上にくるようにかけます。

逆にすると、お祝いなどの慶事に使うかけ方になるので、

細かいことですが注意しましょう。


右側の図が、お供えに使う掛紙のかけ方です。

出典:https://www.takashimaya.co.jp/giftnavi/shinmotu_01.html

お盆のお供え物は何がいい?相場と選び方のポイントについてのまとめ

お盆のお供えを選ぶポイントは、


・日持ちがするもの
・常温保存できるもの
・故人が好きだったもの
・3,000円~5,000円くらいのもの(または現金)



となります。

ちなみに、お供えでいただいて困るものは『お線香』だそうです。

たくさんいただいても、そうそうなくなるものではないし、もらいすぎて困る

ということみたいです。

特に身内だったら、故人好みもある程度わかりますし、

故人が喜ぶようなお供えを選んだほうが愛を感じますよね。

あまり深く考えすぎず、故人のことを想ってお供えをするのが、故人にとっても嬉しいことでしょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る