熱中症を予防する食べ物とは?熱中症になってしまったら何食べる?

7月に入ってから、北海道でも30℃を越える気温が続いています。
『熱中症で○人が病院に搬送された』というニュースを毎日のように聞きますね。

私は北海道に住んでいるのですが、北海道の住宅でクーラーを設置している家って、あまりないんですよね。
アパートなどはほぼついていないところが多いんじゃないでしょうか。

なので、外出時だけでなく、家にいても熱中症になる可能性は十分あります。
特に、高齢になると暑さや寒さを感じにくくなってくるため、“いつのまにか熱中症”なんてこともあるようです。
小さなお子さんの場合も、自己主張が出来ない年齢の場合は注意が必要ですよね。

環境を変えられないのであれば、摂取する食べ物などを工夫していく必要があります。
熱中症の予防に効果がある食べ物がいくつかあるので、特に夏の間は普段から食事に取り入れておくことをおすすめします。

スポンサードリンク
 

熱中症になったらどうなるの?

熱中症とは、外の気温が高いとき体の水分が奪われたり、体温が上がることによって様々な症状が現れる状態をいいます。
熱中症の代表的な症状は、めまい、頭痛、吐き気、失神などがあります。

熱中症は、症状によって3つに分類されています。
この分類によって、自分で治せるものなのか、病院へ行ったほうがいいのか、ある程度判断できます。

熱中症は、Ⅰ度からⅢ度までに分かれています。

Ⅰ度は熱中症の中で一番軽症と言われています。
目の前が暗くなったり、気分が悪くなったりします。
こむらがえりを起こしたり、熱痙攣と呼ばれる筋肉の痙攣を起こしたりします。
しかし、Ⅰ度の熱中症は、水分を補給したり、日陰で休むなど体を冷やすなどの対処をして症状が治まれば病院へ行く必要は無いでしょう。
後から症状がぶり返してきた、などということがあれば病院へ行きましょう。

次にⅡ度の熱中症ですが、この場合はⅠ度よりも脱水が激しい場合が多いので、病院で点滴治療が必要な場合があります。
症状は、強い疲労感、頭痛、吐き気、めまい、下痢、大量の発汗などが見られます。
『発汗はあるけど皮膚は冷たい』という場合は、注意が必要です。

最も重症となるⅢ度の熱中症は、いわゆる熱射病の状態です。
ここまでくると、大至急治療を行う必要がありますので、迷わず救急車を呼びましょう
Ⅲ度の熱中症では、脳の体温を調節する部分が正常な機能を失っている状態となりますので、命にかかわります。
体の深い部分の体温が上昇し、脳や内臓に障害を与え、意識喪失などの症状が起こります。

熱中症予防で重要な3大成分とは

熱中症になると、体から失われる成分で重要な成分が3つあります。

その3つとは、水分、塩分、カリウム

暑いと汗が出るので、水分が失われるのは見た目にも分かります。
塩分とカリウムはどこから失われるかと言うと、汗と一緒に体の外に出てしまうんですね。

ですので、汗を大量にかいたな~というときは、この3つの成分を摂るようにします。

そのほかにも、水分の吸収を促進してくれる糖質、疲労回復に効果があるビタミンB1やクエン酸なども、熱中症予防に効果的であるといわれています。

熱中症予防に効果がある食べ物とは?

熱中症予防に効果がある食べ物とは、先ほど出てきた水分、カリウム、塩分を含む食べ物でしょう。

スポンサードリンク

水分は、文字通り水ですね。
『喉が渇いたな』と思ったら、こまめに水分補給しましょう。
ただし、一気に大量の水を飲むと胃に負担がかかります。
特に食事をするときは、一緒に水分を摂りすぎると消化が悪くなってしまうので気をつけましょう。
一回に200mlくらい飲むのであれば、胃にそれほど負担がかからないといわれています。

『水よりもスポーツドリンクの方が効果がありそう』ということで、スポーツドリンクをがぶ飲みする方がいますが、それをやってしまうと塩分、糖分の摂りすぎになってしまいます。

『味のない水ばっかりそんなに飲めない・・・』という人は、スポーツドリンクは倍くらいに薄めて飲むと良いでしょう。
粉末タイプのスポーツドリンクなら、自分で濃さを調整できて便利ですよね。
麦茶も、ミネラルが豊富なのでおすすめです。

カリウムが多く含まれている食べ物は、スイカ、じゃがいも、さといも、ひじき、そらまめ、海苔、きゅうり、トマト、ナス、枝豆などがあります。
特にスイカは、90%が水分で出来ていますし、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富。
塩をかけて食べれば塩分補給にもなるので、おすすめです。

また、アルコールやコーヒーを好んで飲む人は、カリウムが欠乏しやすい傾向があるので、積極的にとるといいでしょう。
暑い時期はビールが美味しい時期ですので、ついつい飲みすぎてしまう人もいるかもしれませんが、アルコールは利尿作用があり脱水になりやすいことからも飲みすぎには注意しましょう。
アルコールを飲む場合は、おつまみに枝豆などカリウムの多い食べ物を一緒にとるといかもしれませんね。

塩分を摂取するために一番おすすめな食べ物は、梅干
梅干には塩分だけでなく、疲労回復効果が期待できるクエン酸が含まれているので、夏バテ予防にも効果的です。
ただし、食べ過ぎると塩分の摂りすぎになってしまうので、1日1~2粒が目安です。
佐川急便では、配達スタッフに梅干ときゅうりを配布しているというのは有名な話ですね。
それほど、梅干は夏バテや熱中症に効果が高いということでしょう。

プラスαとして、クエン酸を多く含むレモン、ビタミンB1が豊富な豚肉などを食べると熱中症になりにくい体作りができます。

熱中症になってしまったら・・・?

熱中症になった場合、吐き気がでたり食欲がなくなる場合が多いです。
水分補給をしているので、あまりお腹がすかないという理由もあるようです。

そのような場合は、無理して食べ物を食べる必要はありません

おう吐などの症状があると、胃腸の働きが弱っていますので、食べるとしても消化がよく胃腸に優しいものを食べましょう。
例えば、スイカなどの果物や、ゼリーやヨーグルトなどの口当たりの良いものなどがいいでしょう。
食べる量は、いつもより少なめに、ゆっくりと時間をかけて食べるようにします。

熱中症から回復した後の食事も、胃が弱っている可能性があるので、急にカツ丼やステーキなどを食べるのは避けた方がよさそうです。
普段より食事量を少なめにして、徐々に元の食事量に戻していくと体への負担が少なくてすみます。

熱中症を予防する食べ物とは?熱中症になってしまったらのまとめ

夏の間は水分補給も大切ですが、食べ物に気をつけて、熱中症になりにくい体作りをしておきましょう。

もし熱中症になってしまって、Ⅱ度~Ⅲ度の症状が見られた場合は、迅速な対処が必要です。
対処が遅れるとどんどん悪化していきますので、我慢せずに病院へ行きましょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る