お盆はいつからいつまで?由来と正しい作法について

お盆休みを利用して、お盆にご先祖様のお墓参りに行くという人は多いですよね。

お盆にお墓参りをする意味というのは、ご先祖様をお墓まで迎えに行くことです。
そしてお迎えする家には、ご先祖様をお迎えするための盆提灯を灯したり、門前で麻幹(おがら)を焚いたりします。
これを、お盆の室礼(しつらい)というのですが、最近ではこのような風習があまり見られなくなりました。

お盆のお作法というのは、地域によってかなり差がありますので、参考の一例としてお盆の伝統的な室礼、作法につてご紹介します。

スポンサードリンク
 

お盆とはいつからいつまでを指す?

お盆の時期は、地域によってかなり異なります。

東京を中心とした関東では、お盆が7月というところが多く、西日本やその他の地域では8月がお盆という地域が多いです。
北海道では、明治以降入植者で発展した地域であるため、お盆の時期が統一されておらず、地域によってバラバラとなっているようです。

お盆とは、正式には7月13日が盆の入り、7月16日が送り火となります。
旧暦のうるう月と新暦のうるう日の違いで毎年ずれますが、新暦ではお盆は8月ごろになります。

一般的には、以下の二つに分かれる地域が多いようです。
7月にお盆がある地域は、7月13日~16日
8月にお盆がある地域は、8月13日~16日

8月のお盆を指して『旧盆』という人もいますが、実はこれは間違いです。
旧暦で15日は必ず満月と決まっていますが、新暦では15日が満月とは限りません。
ですので、現在行われている8月のお盆は『旧盆』ではなく単なる『月遅れの盆』ということになります。

お盆の由来とは?

 お盆は、正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)または、精霊会(しょうりょうえ)と呼ばれ、先祖の霊を供養する仏教行事です。 

お盆の由来は、お釈迦様の弟子のひとりが、飢えと渇きに苦しむ世界である餓鬼道に落ちた亡き母を助けようとしたことが始まりといわれています。
弟子はお釈迦様の勧めで夏の修行の最後の日に、僧侶たちに食べ物の施しをしました。
そのおかげで、亡き母は救われたそうです。
この、修行の最後の日というのが、7月15日だったのです。

この仏教行事の盂蘭盆会という風習と、日本にもともとあった祖霊信仰が結びついて今のお盆の風習が出来上がったといわれます。
つまり、日本人には、人は亡くなった後も、神様となり子孫を見守ってくれるというの信仰心があります。
この心が、7月15日のお盆の日を、亡くなった家族やご先祖様が家々に帰ってくる日とし、おもてなしをするという風習となり広まったようです。

お盆とは、『今自分が生きているのは、ご先祖様が命を繋いできてくれたからなのだ』ということを改めて感じ、自分が生まれてきたことを感謝する日です。
ご先祖様に思いをはせることは、ふだん忘れている自分のルーツを意識することになります。

また、お盆は亡くなった方との再会の時でもありますから、好きだったものをお供えして、元気で暮らしていることを報告して故人を安心させてあげることが、私たちにできる一番の供養であると言えます。

お盆の正しい作法とは

まずは、お盆を迎えるまでの流れを見てみましょう。
以下は旧暦でのお話です。

スポンサードリンク

7月1日は地獄の釜の蓋が開く、『釜蓋朔日(かまぶたさくじつ)』と言われる日です。
地域によっては、この日からお盆が始まる地域もあり、盆提灯を吊るしてご先祖様を迎える準備をします。

7月7日は七夕として知られていますが、『棚幡』とも書き、精霊棚とそこに安置する幡を用意する日でもあるのです。

7月12日には、『草市』と呼ばれる盆用品を売る市が立ちます。

そして13日に、位牌を仏壇から精霊棚に移してお供えをします。
盆提灯を灯し、門前に迎え火を焚いて祖霊を迎え入れます。

13日から16日は灯明を絶やすことなく灯し続け、家族と同じ食事をお供えして祖霊をおもてなしします。

16日の夕方に送り火を焚いて祖霊を送り出した後、精霊流しを行います。
これでお盆の行事はすべて終了となります。

お盆の伝統的な室礼

目印として盆提灯を吊るす
門前や精霊棚に提灯を飾ることで、先祖の霊が迷わずに帰ってこられるといいます。
盆提灯を飾るのが難しい場合は、代わりにほおずきを飾ってもよいでしょう。

迎え火・送り火には麻幹を焚く
先祖の霊は煙に乗って家に出入りするといわれています。
麻幹や稲わらなどを燃やして門前や玄関で焚きます。
迎え火は13日、送り火は16日で、どちらも夕方に焚きます。
ちなみに麻幹とは、ヘンプの茎を乾燥させたもので、日本では茅葺屋根やお祭りのたいまつなどで利用されています。

キュウリの馬でお迎えし、ナスの牛で送る
キュウリやナスにマッチ棒や割り箸をさして、馬や牛に見立てます。
お迎えにはキュウリの馬を、というのは、ご先祖様があの世から早く駆けてこられるようにという意味が込められています。
また、帰りは足の遅いナスの馬で送り出して、お供えの荷物を持ってゆっくり帰れるようにという願いが込められています。

精霊棚を作ってお供えする
マコモなどの敷物の上に、ハス、キキョウ、リンドウ、オミナエシ、ミソハギ、ワレモコウなどの盆花を飾り、季節の野菜や果物、故人の好きなものをお供えします。

京都では『五山の送り火』で祖霊を送り出す

京都では祖霊を送り出す日に送り火は焚かないそうです。
8月16日、京都で五山の送り火が行われるのがその理由。

五山の送り火は、室町時代以降始まったとされる、京都の夏の風物詩となっていますね。
8月16日の夜、街中の火を消します。
各寺院の精霊送りの鐘がつかれ、午後8時に始まります。
まずは大文字山から、山の斜面に文字や絵柄が点火されていきます。
現れる文字と絵柄は以下の通り。
東如意ヶ嶽(大文字山)の『大』
松ヶ崎松山(万灯籠山)の『妙』
松ヶ崎東山(大黒天山)の『法』
西賀茂舟山(妙見山)の『船』形
衣笠大北山(左大文字山)の『大』
嵯峨鳥居本曼荼羅山の『鳥居』形

この五山の送り火を盃に映して酒を飲むと中風(脳卒中)にならないといわれています。
また、送り火の燃え残りを戸口につけると疫病除け、盗難除けになるともいわれているそうです。

お盆はいつからいつまで?由来と正しい作法についてのまとめ

今までは、お盆休みが来たからなんとなくお盆なんだな~と思っていた人も、お盆の由来や意味を知ってみるとなんだか神妙な気分になりませんか?
自分がいまここに存在しているのは、ご先祖様がここまで命を繋いでくれたおかげだと考えると、自分が生きていることに素直に感謝できますよね。
気持ちだけでも、お盆はご先祖様に感謝の意を表す日にしたいものです。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る