お中元の起源とは?贈る時期と相場のマナーについて

7月はお中元を贈る季節。
お中元を贈る時期は、地域によって少し異なりますが、最近の傾向として6月下旬から7月中旬までに贈ることが一般的になってきているようです。

首都圏以外では、は8月15日までがお中元の時期という地域もありますが、デパートなどでお中元を早く予約すると割引きになるなどのキャンペーンが行われていることから、最近では6月下旬から贈る人も増えているようです。

そもそもお中元とは一体どういう意味がある贈り物なのでしょうか?
マナーを守って、気持ちよくお中元を贈りたいですよね。

スポンサードリンク
 

お中元の起源とは?

お中元は7月にお世話になった方へ贈るもの、ということは一般に知られていますが、『お中元』という風習の起源をご存知でしょうか?

『中元』とは、中国の道教の年中行事に由来しているといわれます。
旧暦7月15日のことを指しており、中国の三元の一つとされています。
ちなみに上元は旧暦の1月15日、下元は旧暦10月15日を指します。

それぞれの三元は、三人の神様の誕生日となっていて、中元を司る神様は地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)といいます。
この神様は、人が犯した罪を許してくれる神様なのだそう。
このことから、中元には本来『罪を償う』という意味が込められていたそうです。

この『中元』が、日本で行われていたお盆の風習と融合して、現在のお中元の風習となったようです。
というのも、日本には、お盆に祖先の霊を祭るという目的で親戚や近所にお供え物を配る習慣があったのです。
これが、中国からやってきた中元の考え方と合わさって、お盆時期にお世話になった方へ品物を贈るという風習が定着しました。

お中元には、『年明けから中元までの間お世話になりました』という感謝の気持ちを表すと同時に、『暑い夏、お体の具合は大丈夫ですかという気遣いや挨拶の意味が込められています。

お中元を贈る時期はいつからいつまで?

お中元を贈る前に、大切なマナーがあります。
贈り物を近いうちに贈りますというお知らせのはがき・手紙を出すということです。
これを『送り状』と言います。
送り状には、時候の挨拶に始まり、日頃のお礼、何をいつ贈るか、あるいは贈ったかを書きます。
受け取る側の都合もありますから、送る日を伝えて受け取る準備をしてもらう意味があります。

お中元を贈る時期ですが、最近では 全国的に6月下中から7月15日ごろが一般的 となっています。
しかし、お中元を贈る時期は、地域の風習によって異なる場合があります。
特に昔からの風習を大切に捨ている方へお中元を贈る際は、そのがお住まい方の地域の風習に則って贈るのがよいでしょう。

お中元を贈る時期は、関東地方や東北では7月1日から7月15日までに届くように贈りましょう。
7月15日を過ぎた場合は、お中元ではなく暑中見舞いという扱いになります、8月中に届くように贈ります。
立秋の8月7日を過ぎ、9月上旬までは残暑見舞いという扱いになります。
配送が遅れる可能性も考えて、残暑見舞いはできれば8月25日ころまでに届くよう手配するとよいでしょう。

スポンサードリンク

関西地方や北海道では、7月15日から8月15日までに贈ることが一般的です。
8月16日から9月上旬はお中元ではなく残暑見舞い扱いとなります。
中国・四国地方もこの時期にお中元を贈るのが一般的です。

北陸地方へお中元を贈る際には注意が必要で、地域によって7月1日から7月15日までに贈るのが一般的な地域と、7月15日から8月15日までに贈るのが一般的な地域に分かれます
具体例を挙げると、都市部の金沢などは7月15日までにお中元を贈り、能登などでは8月15日までにお中元を贈るのが一般的です。
もしどちらかわからない場合は、遅れてしまうよりは7月15日までに贈ったほうが無難でしょう。

九州地方は、お中元を贈る時期が最も遅く、8月1日から8月15日までに贈るのが一般的です。
8月16日からは残暑見舞いという扱いになります。

沖縄地方では、年中行事が旧暦が基準となることが多く、お盆も旧暦に合わせます。
つまり、お盆時期が毎年変わるんですね。
お中元は基本的にお盆までに贈るのがマナーですので、沖縄の方へお中元を贈る場合は事前にその年のお盆がいつなのか調べておきましょう。

このように、お中元を贈る時期は地域によってかなり細かく分かれているようです。
同じ地域からお中元を贈るときは問題ありませんが、例えば関西から関東へお中元を贈るような場合は、うっかり時期を逃してしまう可能性もありますので注意が必要です。

お中元の相場はいくらぐらい?

 お中元の相場は、3,000円〜5,000円くらいが一般的 と言われます。
親戚や知人であれば3,000円を目安に、目上の人なら5,000円程度の品物を選ぶとよいでしょう。
あまり高額すぎるものは相手の負担となる可能性がありますので、上限は10,000円くらいに収めるのが良いでしょう。

贈る品物は、暑い夏にふさわしいゼリーやアイス、そうめんなどを贈る人が多いようです。
特に、その地域でしか手に入らなうような限定品が喜ばれるそうです。
また、最近では相手が好きなものを選ぶことができるカタログギフトが人気となってるそうです。

お中元を贈る際には『のし』の表書きにも注意が必要です。
その地域の中元までに贈る場合は、『御中元』『お中元』。
その地域の中元後から立秋ごろまでに贈る場合は、『暑中御見舞』『暑中御伺い』『暑中見舞い』。
立秋から9月上旬に贈るのであれば、『残暑御見舞』『残暑御伺い』『残暑見舞い』となります。

お中元「これからもずっとお世話になります」という、長く続くお付き合いを意味します。
ですので、これから継続的にお中元を贈ることになりますね。
また、普通お中元を贈るのであればお歳暮も贈るのがマナーとなっています。
もし、一回だけお世話になったお礼として贈りたい、またはお中元だけ贈りたい場合は、のし紙の表書きを『お中元』『御中元』ではなく『お礼』『御礼』にします。

お中元の起源とは?贈る時期と相場のマナーについてのまとめ

お中元は、日頃の感謝の気持ちを表すことができるいい機会です。
贈る時期や贈る品物など、相手への心配りを忘れずにお中元を贈りましょう。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る