結婚式の招待状の返信はいつまでにする?葉書の書き方と欠席時のマナー

結婚式の招待状、おめでたいお知らせですが、あまり頻繁に来るものではないので、いざ返信葉書を書くとなると、「あれ?これでいいんだっけ?」と不安になることもありますよね。

結婚式の招待状の基本的な返信マナーから、返信するお相手により良くお祝いの気持ちを伝えるための+αの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式の招待状の返信はいつまでにする?

結婚式の招待状が届いたら、同封されている返信葉書はなるべく早く出すのが招待してくれた人への礼儀です。

たとえ、期限までかなり時間があるとしても、 招待状が到着してから1週間以内には返送する ようにしましょう。

もし何か事情があって、直前まで予定がわからないような場合は、招待してくれた方に直接相談しましょう。
何の相談もないまま返信が遅れると、結婚式の準備などに影響しますので、招待してくれた方に迷惑が掛かってしまいます。

また、新郎新婦が親しい友人などの場合、口頭で出欠を伝える場合もあるでしょう。
この場合でも、結婚式の招待状をいただいたら、葉書を必ず返信するのがマナーです。

結婚式の招待状の返信の書き方

結婚式の招待状には、こちらの名前や住所に敬称がついているのが普通です。
これらの敬称はすべて二重線で消しましょう。

例を挙げると、下の赤字の部分が敬称に当たります。

出席」
欠席」
住所」
御芳名」

結婚式の招待状の返信の場合、「御」などの敬語を二重線ではなく「寿」の字で消す方法もあります。
より祝いの気持ちが伝わりますし、結婚式らしく華やかな印象を与えることができます。

「させていただきます」を添えるとよりベター

「御出席」か「御欠席」は、「御」を二重線で消したら、該当する方に丸を付けましょう。
消した文字は丸で囲まないようにします。

スポンサードリンク

そして、その横に小さめの文字で「いたします」や「させていただきます」と添えます

該当しないほうは縦二重線で消しましょう。

返信葉書に最初からメッセージを書く欄がある場合もありますが、ない場合でも、空いているスペースに一言祝福の言葉を書き加えると相手に喜んでもらえるでしょう。

欠席する場合は、欠席を謝罪する一言を書き加えると、相手のがっかりした気持ちも和らぐかもしれません。
ただ、「仕事があるから」「旅行の予定があるから」などダイレクトに理由のみを書くのではなく、少しぼかして、「本当は出席したいのだけれど、どうしても外せない用事があって」というニュアンスで伝えたほうがいいでしょう。

返信の宛名の「行」は「御中」か「様」に直す

結婚式の招待状の往復葉書では、返信先の宛名が「○○行」となっているのが普通ですが、このまま返信してはいけません。

「行」は二重線で消して、左横に「様」と書き添えましょう

宛名が会社名になっている場合も同様に、「行」を直す必要があります。
「行」を二重線で消したら、左横に「御中」を書き添えましょう。

結婚式招待状の返信は欠席の場合どうする?

やむを得ない事情で結婚式に出席できない場合は、欠席を伝えるだけではなく、 招待してくれた方の自宅宛に現金書留でご祝儀を送ります 
これは、結婚式前に届くように送りましょう。
また、結婚式当日に祝電を打つとより気持ちが伝わりますね。

祝電には様々なタイプがあり、定番のシンプルなものから、ぬいぐるみや風船などがついているものもあります。

結婚式当日に飾りたい場合はぬいぐるみなどのものが好まれますし、祝電を持ち帰りた場合はシンプルなものが無難でしょう。

あらかじめ新郎新婦の希望を聞いておいて、好みに合った祝電を手配するのが良いと思います。

結婚式の招待状の返信についての書き方と欠席時のマナーまとめ

結婚式は想像以上に色々な準備が必要ですので、招待状が届いたらなるべく早く返信するか、すぐに返信できないなら事情をきちんと説明しておきましょう。

以前私の友人も、招待状の返信がなかなか来ず、そのうえ連絡しても音沙汰なしの方がいて、「催促するのも気が引けるし・・・」とずいぶん困っていたようでした。

せっかくのおめでたい晴れ舞台ですから、主役のお二人に気を遣わせるようなことがないようにしたいですね。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る