七夕に願い事をする由来は?五色短冊の意味と願いを叶える短冊の書き方

旧暦7月7日は五節句の一つで、中国から伝わった厄除けの行事の日。

七夕にはさまざまなルーツがあり、最もよく知られているのは、天の川に隔てられた牽牛(彦星)と織女(織姫)の伝説ですね。
七夕にはそのほかにも、機織りの上達を願って行われる昔の中国の宮中行事である『乞巧奠(きっこうでん)』、日本のお盆を迎える前の禊の行事である『棚機津女(たなばたつめ)』などが知られています。

七夕に願い事を短冊に書いて笹の葉に飾るという風習は、日本特有のもので、江戸時代に始まったといわれます。

五色の短冊が笹の葉とともに揺れるさまは、涼やかで夏にぴったりの光景です。
ひとつひとつに、みんなの願いや想いが込められていると思うと、なんだか感慨深いものがあります。

スポンサードリンク

七夕に願い事をする風習の由来は?

七夕に願い事をする由来となった風習は、『乞巧奠』というものです。

中国が唐と呼ばれていた時代、女性の機織りの腕が上がるようにお祈りする宮中行事でした。
年に一度、牽牛・織女が会えるこの日は、二つの星の願いがかなう日ということから発展したようです。

その行事がやがて一般の人にも伝わり、今日のように、短冊に願い事を書くという風習に姿を変えていきました。

短冊に書く願い事ですが、現在ではひとそれぞれ様々な願い事を書くと思いますが、昔は、習字の上達を願うことが中心だったようです。

七夕の願い事は、本来、 願いは一つだけ 
そして、短冊に書く願い事は、芸事の上達を願うものなのです。

七夕は彦星と織姫が会えるロマンティックな日ではありますが、それにあやかってただ単に「彼氏がほしい!」というようなお願いは、七夕にはちょっと不向きかもしれません。
彼氏がほしいのが願いであれば、「彼氏ができるように料理の腕を磨く」としたほうが、願いは叶いやすいのではないでしょうか。

七夕に飾る五色短冊の意味


七夕の短冊は、 青・赤・黄・白・黒の五色 です。

この五色の色にはそれぞれ意味があって、中国の陰陽五行説の五常の精神を表しています。

青は「礼」(木行)をあらわし、周囲への感謝と自分自身の人間力の向上についての願い事を記します。

赤は「仁」(火行)をあらわし、先祖や両親への感謝を込めて願い事を書きます。

スポンサードリンク

黄色は「信」(土行)。人間関係の向上についての願い事を書きます。

白は「義」(金行)で、自分で決意を守り抜くことを表しますので、決意や目標を書きます。

黒は「智」(水行)です。学業や業績の向上をお願いします。

これらの短冊を、笹い飾り付けるのですが、なぜ笹なのかというと、笹というのは昔から神聖なものとされていたのです。

笹は、繁殖力が強く、気候の変化にもよく耐え、とても生命力の強い植物です。
その生命力と神秘性から、笹は昔から神事などにもよく使われてきました。
笹の葉のこすれあう音には、神様を招く力がある神聖なものであるとされました。

このことから、七夕の願い事を神聖な笹に吊るして成就を願ったそうです。

五色の短冊以外にも、七夕には笹にさまざまな飾りをつるしますが、それぞれに意味があります。

紙衣・・・棚機女が神様に捧げる着物をあらわしています。裁縫や手芸の上達を願った飾り。病気などを除く身代わりの意味もあります。七夕竹の一番上に飾ります。

投網・・・豊漁や豊作を願う飾り。魚を捕る網をあらわします。

折り鶴・・・家族の長寿を願う飾りです。家の年長者の数分折ります。

巾着・・・昔のお財布をあらわすもの。商売繁盛のほかに、節約と貯蓄の心を養うという意味があります。

吹き流し・・・織姫の糸をあらわしていて、長寿を願うものです。

くずかご・・・飾りを作った後の紙くずを入れます。清潔と節約の心がけを養う意味があります。

一つ一つ願いを込めながら飾ると、願いが叶いそうな気がしてきますね。

七夕で願い事がかなう短冊の書き方

七夕に飾る短冊ですが、それぞれ色々な願いがあることと思います。

願いをより叶いやすくするために、短冊の書きかたにちょっとしたコツがあります。

お願い事というと、「○○になりますように」という風に書いてしまいがちです。
この書き方をちょっと変えてみましょう。

「○○になる!」「○○する!」と言い切ってしまいましょう。

「なりますように」、では他人頼みな印象を受けますが、「する」と言い切ることで、自分で行動するイメージがわきますよね。

願いはきっと叶います。
しかし、魔法のような不思議な力によって叶うのではなく、自分で行動して叶えていくんですね。
その決意のきっかけが、七夕の五色の短冊ということです。

七夕に願い事をする由来は?五色短冊の意味と短冊の書き方まとめ

彦星と織姫が一年に一度しか会えなくなった理由も、もとはといえば二人が恋にうつつを抜かして仕事をしなくなってしまったからです。

七夕には、怠け心を戒める意味と、決意を新たにして努力を怠らないようにとの意味があるように思います。
このとても素敵な風習がずっと伝わって行ってくれたらいいなと思います。

スポンサードリンク

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る